クレメンス・アウグスト・フォン・ドロステ=フィシェリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレメンス・アウグスト・フォン・ドロステ=フィシェリング
ケルン大司教
Droste-vischering.jpg
大主教区 ケルン
着座 1835年
離任 1845年
前任 シュピーゲル
後任 ヨハネス・フォン・ガイセル
個人情報
出生 1773年1月21日
アーレン、フォルヘルム
死去 1845年10月19日
ミュンスター

クレメンス・アウグスト・フォン・ドロステ=フィシェリング(Clemens August Droste zu Vischering、1773年1月21日 - 1845年10月19日)は、1835年から1845年までケルン大司教を務めたカトリック教会の聖職者。

生涯[編集]

ドロステ=フィシェリングはアーレンのフォルヘルムに生まれた。大司教シュピーゲルが1835年に死んだ後、1835年から1845年までケルン大司教を務めた。

1837年11月20日に、プロイセン国家は彼を逮捕し、ミンデン要塞に監禁した。

ドロステ=フィシェリングは1845年にミュンスターで死んだ。

参考文献[編集]