クレイモア地雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M18A1 クレイモアと起爆スイッチ(左下)・起爆コード(右下)

M18 クレイモア地雷(M18 Claymore)は、アメリカ軍の使用する指向性対人地雷の1つである。

ニックネームの"クレイモア"は、スコットランドで使われた大剣にちなんだ名称である。

概要[編集]

1956年にMacleodが取得した特許。形状と加害範囲の指向性が描かれている。
クレイモアを設置するアメリカ海兵隊

重量は1.6キログラム。湾曲した箱状の外側に700個の鉄球C-4を内包する。

内側は比重が大きく強固な外殻で覆われており、ミスナイ・シャルディン効果によって鉄球のある前面に爆風が集中することで加害範囲に前方への指向性を持たせている。

地上に敷設して起爆すると前方に向けて鉄球が飛び散り、1基で広範囲に殺傷能力を発揮する。 鉄球の最大加害距離は約250m、有効加害距離は約50mで、左右に60度、上下それぞれ最大18度の範囲に撃ち出される。鉄球1つあたりのエネルギー量はおよそ50-60フィート重量ポンドに達し、強力な空気銃弾に相当する。設置時の立入禁止エリアは前方180度、半径16m圏内で、危険区域は加害範囲外半径100m圏内である。価格は1基あたり$250である。

設置する際は、本体頂部にある2箇所の信管挿入口に起爆信管を1-2個装着する。目的により、リモコン操作、ワイヤートラップの張力、時限装置などの起爆方法を選べ、ワイヤートラップ連動の場合は接近する人員を無人運用で無差別に殺傷可能なため、対人地雷禁止条約の規制対象になる。リモコン操作の場合は起爆手を要するため無差別殺傷に当たらず、条約規制対象外である。

信管挿入口2個所の間にある凹部は簡易照準器で、ここを通して加害範囲を見ることで設置姿勢を調節する。

歩兵らによる自陣への侵攻を阻止する待ち伏せ攻撃や、非装甲車両への攻撃に使用される。ソビエト連邦は、ベトナム戦争ベトコン北ベトナム軍鹵獲したM18を入手して模倣し、MON-50英語版ロシア語版MON-90英語版ロシア語版などを生産してアフガニスタン侵攻などで使用した。

アメリカ軍においては本体と付属品、あるいは本体2個を収納できるキャンバス製の肩掛式ショルダーバッグであるM7 bandolierとセットで支給され、このショルダーバッグには使用方法の図解が縫い付けられていた。バッグは収容能力が大きく、ある程度の防水性があるため、クレイモア地雷の使用後には雑嚢として重宝された。

その他[編集]

M5 MCCMを側面に装備したM113装甲兵員輸送車

似た外見の装備としてM5 Modular Crowd Control Munition(群衆制御弾薬)がある。M5は正面の外見こそクレイモアと同様の暗緑色だが、ゴムやプラスチックの弾を打ち出す非致死性兵器であり、区別のため裏面が明るい緑色で、四角錐の凹凸がつけられている。

イラクにおいては、刑務所警備するアメリカ空軍M113装甲兵員輸送車が外部の攻撃や収容者の暴動に対処するためM5を車体側面に搭載しているが、外見の似たクレイモアを搭載していると誤認されたこともあった。

日本陸上自衛隊が装備する指向性散弾も名称や仕組みや加害効果がクレイモアに似るが、これはスウェーデンが開発した指向性対車両地雷Fordonsmina 13(FFV 013)のライセンス生産品で、クレイモアより大型で威力が大きい。

なお、陸上自衛隊が導入したFFV 013はリモコンのみで操作する型に限定されているため、対人地雷禁止条約の規制対象外である。

諸元[編集]

本体

  • 幅:約21.6センチメートル
  • 奥行き:約3.5センチメートル
  • 高さ:約8.3センチメートル
  • 重量:約1.6キログラム

登場作品[編集]

クレイモア地雷の登場作品を表示するには右の [表示] をクリックしてください。

映画・テレビドラマ[編集]

SP THE MOTION PICTURE
革命篇にて、国会議事堂を占拠したテロリストたちが通路のあちこちに仕掛けている。
S.W.A.T.
下水道に逃げ込んだギャンブルが、追ってくるSWATを足留めするためにセットする。その後、ストリートが回収し、施錠された出口を爆破するのに使用する。
コマンドー
主人公、ジョン・メイトリックス大佐遠隔操作タイプを使用。しかし、本作ではただの強力な爆弾として描かれており、本物以上の大爆発を起こして建物を木っ端微塵に吹き飛ばしている。
ゴースト 〜天国からのささやき
沈黙の要塞
スティーブン・セガール演じる主人公が、追撃してくる敵に対して使用する。
ティアーズ・オブ・ザ・サン
プラトーン
第25歩兵師団が防衛する陣地の前に仕掛けられており、夜間に襲撃してきた北ベトナム軍に対して使用する。
ランボー/最後の戦場

漫画・アニメ[編集]

HELLSING
傭兵部隊「ワイルドギース」がヘルシング機関防衛の際に大量に設置する。
RESET
行け!!南国アイスホッケー部
創造者の罠
主人公・宮代能活が最終決戦時に「人の罠」として使用。
代紋TAKE2
フランスの傭兵部隊、カルロス・クライバー大佐が阿久津組と千葉阿久津連合との戦闘で使用する。
ディエンビエンフー
小学館版にて、カリフラワーのじじいが「お姫様」との戦闘の際に使用する。
東京ESP
Fate/Zero
衛宮切嗣がケイネス・エルメロイ・アーチボルトの襲撃を迎撃する際に使用。

ゲーム[編集]

Operation Flashpoint: Dragon Rising
アメリカ海兵隊陣営で使用可能な地雷として登場する。
エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー
コール オブ デューティシリーズ
CoD4
キャンペーンとマルチプレイで使用可能。
CoD:MW2
キャンペーン、マルチプレイ、スペシャルオプスで使用可能。
CoD:MW3
キャンペーン、マルチプレイ、サバイバルモードで使用可能。
CoD:BO
キャンペーン、マルチプレイ、ゾンビモードで使用可能。
CoD:BO2
キャンペーン、マルチプレイ、ゾンビモードで使用可能。他作品とは異なり、本来「M18A1」と刻印されている部分が「CT6 A2」と刻印されている。
地球防衛軍3
ストーム1の武器として登場する。
地球防衛軍4
エアレイダーの武器として登場する。
バトルフィールドシリーズ
BFV
アメリカ陸軍アメリカ海兵隊で使用可能。
BF2
USMC・MEC・CHINA狙撃兵で使用可能。
BF3
援護兵の装備として登場する。
メタルギアシリーズ
レインボーシックスシージ
一部のオペレーター(プレイヤーキャラクター)が所持できるガジェットとして使用可能

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ラングーン事件
  • ミスナイ・シャルディン効果
  • フガス英語版 - 16-20世紀に使用された地面に穴を掘って、爆薬と飛散材を入れて埋めたもの
  • SM-70英語版 - 東ドイツが開発した指向性散弾発射装置。ベルリンの壁を除く東西ドイツ国境で、東ドイツ側のフェンスに設置された。トリップワイヤーに圧力が加わると起爆装置が作動し、漏斗状の発射筒から4ミリメートル角の鋼鉄製散弾80個が射ち出された。

外部リンク[編集]