クレイモア地雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M18A1 クレイモアと起爆スイッチ(左下)・起爆コード(右下)

M18 クレイモア地雷(M18 Claymore)は、アメリカ軍の使用する指向性対人地雷の1つである。

ニックネームの"クレイモア"は、スコットランドで使われた大剣にちなんだ名称である。

概要[編集]

クレイモアを設置するアメリカ海兵隊

重量は1.6キログラム。湾曲した箱状の外観に700個の鉄球C-4を内包する。地上に敷設して起爆すると鉄球を扇状に発射し、設置位置の前面に鉄球を投射することにより、1基で広範囲に殺傷能力を発揮する。

最大加害距離は約250m、有効加害距離は約50m、加害範囲は60度で最大仰俯角は共に18度で、鉄球1弾あたりのエネルギー量はおよそ50-60フィート重量ポンドと、強力な空気銃弾に相当し、鉄球1発のみでも大きな攻撃力を有する。設置時の立入禁止エリアは前方180度、半径16m圏内で、危険区域は加害範囲外半径100m圏内である。価格は1基あたり$250である。

使用に当たっては、本体頂部にある2箇所の信管挿入口に、目的により、リモコン、ワイヤートラップ展張力、時限装置などの起爆信管を1-2個装着する。ワイヤートラップ連動の場合は接近する人員を無人運用で無差別に殺傷可能なため、対人地雷禁止条約の規制対象だが、リモコン操作の場合は起爆手を要するため無差別殺傷に当たらず、条約規制対象外である。

歩兵らによる自陣への侵攻を阻止する待ち伏せ攻撃や、非装甲車両への攻撃に使用される。ソビエト連邦は、ベトナム戦争ベトコン北ベトナム軍鹵獲したM18を入手して模倣し、MON-50英語版ロシア語版MON-90英語版ロシア語版などを生産してアフガニスタン侵攻などで使用した。

アメリカ軍においては本体と付属品、あるいは本体2個を収納できるキャンバス製の肩掛式ショルダーバッグであるM7 bandolierとセットで支給された(このショルダーバッグには使用方法の図解が縫い付けられていた)。収容能力が大きく、ある程度の防水性があるこのバッグは、使用後には雑嚢として重用された。

その他[編集]

M5 MCCMを側面に装備したM113装甲兵員輸送車

イラクにおいて、刑務所警備するアメリカ空軍M113装甲兵員輸送車が外部の攻撃や収容者の暴動に対処するために車体側面に搭載している写真が有名だが、この車両が装備しているものは「M5 Modular Crowd Control Munition」の制式名を持つ非殺傷制圧兵器であり、クレイモアではない。

日本陸上自衛隊が装備する指向性散弾は、スウェーデンが開発した指向性対車両地雷Fordonsmina 13(FFV 013)のライセンス生産品で、クレイモアより大型で威力が大きい。

なお、陸上自衛隊が導入したFFV 013はリモコンのみで操作する型に限定されているため、対人地雷禁止条約の規制対象外である。

諸元[編集]

本体
  • 幅:約21.6センチメートル
  • 奥行き:約3.5センチメートル
  • 高さ:約8.3センチメートル
  • 重量:約1.6キログラム


登場作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]