クレイジーバルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレイジーバルーン
ジャンル 固定画面アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PlayStation[PS]
PlayStation 2[PS2]
PlayStation Portable[PSP]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
サクセス
人数 1 - 2人交互プレイ
発売日 [AC]1980年
[PS]2000年10月26日
[PS2]2005年8月25日
[PSP]2006年1月5日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

クレイジーバルーン』は、タイトーから1980年にリリースされたアーケードゲームアクションゲームである。

ゲーム内容[編集]

ゲーム概要[編集]

左右に揺れる風船をSTART地点からGOAL地点まで移動させるとステージクリア。道中はイバラによりコースが形成され、イバラに触れると風船がパンクし風船の持ち数が1つ減る。GOAL地点ではクリア時ボーナス点の表示がありステージ所要時間により20点ずつ減点され、いずれ0点になるがクリア時ボーナスが無くなる以外のペナルティは無い。風船持ち数4つが無くなるとゲームオーバー、10,000点でエクステンド(ともに標準設定時)。全48面。

操作パネルは当時一般的な垂直方向のものではなく、現在主流の水平方向のもの。操作系はレバーでなく、上下左右方向へそれぞれ4つのボタンで行う(複数押しによる斜め移動あり)。但し店舗所蔵基板によるリバイバル稼働時は、専用の操作パネルが用意出来ない為か、レバーにより稼働がなされるケースが多い。

登場キャラクター[編集]

当時のタイトーは、ブームの終わった『スペースインベーダー』のアーケードゲーム基板が大量に残っていたため、ほとんどのゲームがインベーダー基板の流用だったが、このゲームは流用でなく、独自の基板を使用していた。このため『インベーダー』のように動くとキャラの色が変わることはなく、それぞれのキャラに1つずつ固有の色がついている。

風船
プレイヤーキャラクターで、色は面パターンにより変化する。風船は常に左右に揺れているので、タイミングを計って移動させる必要がある。揺れは周回毎に速度が増すので難易度が上がる。
イバラ(茨)
アスタリスク記号(*)に似たキャラクター。これに触れると風船はパンクする。イバラは全部で4色あり、ブルー(水色)10点、グリーン200点、ピンク300点、イエロー500点、イバラを1個通過する毎に色に応じたスコア加点がされる。通常はブルーが数多く配置されているが、通路が狭い等、通過のリスクが高いコース箇所に高得点のイバラが配置されている。イバラの色により通過の効果音が変化する。面が進むとイバラが動くステージが登場。動きは規則的だが、行きと帰りで動く早さが違うイバラもある。また、迷路全体が上下左右に規則的に移動するステージもあり、風船の揺れと重なって難易度が増す。
同じ場所に5秒以上止まると、風船の縦座標に合わせて人の横顔が出現し、吐息による風で風船を流しイバラに激突させようとする。面が進むと最初からコース上に出現している面もある。風船が割れると笑い、ゴールに入ると驚く顔をする。

BGM[編集]

当時のテレビゲームにはBGMがあっても、常時流れ続けるものでなく、特定のシチュエーションで短時間流れるものばかりだった。このゲームもそれに該当し、使われたBGMは以下の通り。

  • ステージ開始時。画面中にイバラがランダムに埋め尽くされる。またコミカルさを狙い、わざと多少音痴に作曲されている。
  • 風船が割れるとオペラ『カルメン』組曲の転調部が2小節演奏される。全て割れるとゲームオーバー。なお他のテレビゲームでは『ルート16』でパワーエサを取った時にやはり転調部が4小節演奏されるほか、後世のゲームでは『太鼓の達人』にも収録されている。
  • ゴールに入った時の曲その1。
  • ゴールに入った時の曲その2。中盤からこの曲になる。
  • ゴールに入った時の曲その3。1や2よりテンポが早く、編曲が凝っている。

移植作品[編集]

  • PC-8001版 - 『I/O』誌(工学社刊)に投稿掲載、後にコムパックからテープ販売。グラフィック機能は使用されず、テキスト(罫線、記号キャラ)で描写。記述言語はBASICのみ、1面クリアするとゲームオーバーという簡素な作りで、MZ-80K/Cにも移植されている。後に著作権の関係からタイトルが問題となり、『ちくちくバルーン』と改名された。
  • PC-8001版 - 九十九電機より発売。要増設メモリー。基本縦画面(のみ)。PC-8001のグラフィック機能で描写。テープロード時にキーコンフィグを画面を縦置きのものか、横置きのままのものか選択可。面構成は2パターンしか無い?
  • PC-6001版 - 電波新聞社より発売。イバラはキャラクタグラフィックだが、風船はアーケード版より小さいもののグラフィックで細かく動かしており、PC-8001版より一歩アーケード版に近い。
  • PlayStation版 - 2000年10月26日サクセスよりSuperLite1500シリーズクレイジーバルーン2000』として発売。アレンジ版も収録。
  • PlayStation 2版 - 2005年8月25日発売の『タイトーメモリーズ 下巻』に収録。
  • PlayStation Portable版 - 2006年1月5日発売の『タイトーメモリーズ ポケット』に収録。アレンジ版も収録されており、こちらはイバラの代わりに宝石が配置されている。

外部リンク[編集]