クレイグ・ファロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

クレイグ・ファロン
イギリスの旗 イギリス
柔道
世界柔道選手権
2005 カイロ 60kg級

クレイグ・ファロン(Craig Fallon、1982年12月18日- 2019年7月15日)はイギリスイプスウィッチ出身の柔道選手。階級は60kg級。身長167cm[1]

人物[編集]

柔道は8歳の時に始めた。2003年の世界選手権では決勝で韓国の崔敏浩小外掛で敗れて2位だった。翌年のアテネオリンピックでは3回戦で敗れた[1]。2005年の世界選手権では決勝でオーストリアのルートウィヒ・パイシャーを有効で破って優勝を飾った。しかし、2008年の北京オリンピックでは3回戦でパイシャーに効果で敗れて7位に終わった[1]。その後は66kg級に階級を上げるものの、2012年になると引退を表明した[2]。2019年にはウェールズ代表のヘッドコーチとなったが、同年7月15日に死去[3][4]。36歳没。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]