クレイグ・コルキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg クレイグ・コルキット American football pictogram.svg
Craig Colquitt
基本情報
ポジション パンター
生年月日 (1954-06-09) 1954年6月9日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ノックスビル
身長 6' 1" =約185.4cm
体重 182 lb =約82.6kg
経歴
大学 テネシー大学
NFLドラフト 1978年 / 3巡目全体76位
初出場年 1978年
初出場チーム ピッツバーグ・スティーラーズ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
回数 431回
ヤード 17,795ヤード
平均 41.3ヤード
最長 74ヤード
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

クレイグ・コルキット(Craig Colquitt 1954年6月9日- )はテネシー州ノックスビル出身のアメリカンフットボール選手。NFLピッツバーグ・スティーラーズなどでプレーした。ポジションはパンター

経歴[編集]

テネシー大学から1978年NFLドラフト3巡でピッツバーグ・スティーラーズに指名されて入団した。1年目、2年目とチームは第13回第14回スーパーボウルで2年連続優勝した。

1981年12月7日のオークランド・レイダーズとのマンデーナイトフットボールでMNF記録となる74ヤードのパントを蹴った[1]

1985年、ドラフト8巡でスティーラーズに指名されたハリー・ニューサムにポジションを奪われた。

1987年、主な選手のストライキ中に、代替選手として、インディアナポリス・コルツで1試合プレーした[2][3]

人物[編集]

彼の子どものダスティン・コルキットブリットン・コルキットはそれぞれ現在NFLでパンターを務めている。弟のジミー・コルキットもパンターとして、シアトル・シーホークスで1985年にプレーした。彼らはいずれもテネシー大学の出身者である[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1981”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ 1987 Indianapolis Colts”. jt-sw.com. 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ Breaking down the Colts offense, defense and special teams”. INDY STAR.COM (2009年9月6日). 2013年6月1日閲覧。
  4. ^ The Punting Colquitt Brothers Are Keeping Alive a Family Pedigree in the N.F.L.”. ニューヨーク・タイムズ (2010年11月13日). 2013年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ボビー・ワルデン
ピッツバーグ・スティーラーズ
パンター
1978年-1984年
次代:
ハリー・ニューサム