クル川 (ハバロフスク地方)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クル川
水系 アムール川
延長 434 km
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 ミャオチャン山脈
水源の標高 -- m
河口・合流先 トゥングースカ川
流域 ロシアの旗 ロシアハバロフスク地方
テンプレートを表示

クル川(Кур)は、ロシア連邦ハバロフスク地方であり、ミャオチャン山脈の南から流れ出て、ウルミ川と合流し、アムール川の左支流であるトゥングースカ川となる。全長は434km。

山地から平地へと流れる川で、ヤラプ川との合流点から下流の方が激しい。水位の変化が穏やかなのは沼沢の影響による。

生態系[編集]

イトウレノック (Lenok)、カワヒメマス ( Grayling ) といった魚がおり、川沿いにはヒグマツキノワグマノロジカヘラジカマンシュウアカシカウサギカワウソといった獣とコウライアイサアオサギオジロワシミサゴコウノトリといった鳥が生息する沿アムール地域の典型的な動物相である。

支流[編集]

  • 右支流
    • ヤラプ川(Ярап)
    • ビラカン川(Биракан)
    • ウリカ川(Улика)
  • 左支流
    • アルガ川(Алга)

外部リンク[編集]