クルツィオ・マラパルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クルツィオ・マラパルテ
Curzio Malaparte alpino.jpg
生誕 (1898-06-09) 1898年6月9日
プラート
死没 (1957-07-19) 1957年7月19日(満59歳没)
ローマ

クルツィオ・マラパルテ (Curzio Malaparte、1898年6月9日 - 1957年7月19日)は、イタリア作家小説家ジャーナリスト。本名はクルト・エーリッヒ・ズッケルト (Kurt Erich Suckert)。クルチオ・マルバルテとも表記される。小説『壊れたヨーロッパ』などで知られている。

生涯[編集]

イタリア王国トスカーナプラートで生まれた。父はドイツ人、母はロンバルディア出身。地元プラートの学校で初等・中等教育を受ける。第一次世界大戦が勃発し、16歳でフランスの外人部隊に志願、ガルバルディ旅団所属[1]。イタリアが連合軍側に参戦したあと帰国、イタリア陸軍第5アルピーニ連隊に所属し、最終的に大尉まで昇進した。1922年にムッソリーニ率いるファシスト党ローマ進軍に参加[2]。ファシズム左派の中心的理論家として活躍。しかしながら、やがてムッソリーニやヒトラーを批判し始め、ムッソリーニから疎まれる。そして1933年にファシスト党を除名される。それから反ファシズムの容疑で逮捕、流刑に処されるが、友人で外務大臣ガレアッツォ・チャーノの尽力で解放される。解放後、カプリ島で海を望む崖の上にマラパルテ邸を建築し、多くの文化人を集めた。

戦中、コリエーレ・デラ・セラ紙の記者としてユーゴスラビアに行き、その後、東部戦線の激戦地に送られた。フィンランドやラップランドを経由して1943年半ばにイタリアに帰国後、マラパルテ邸にこもった。ウクライナの小さな村で執筆を始めた小説『壊れたヨーロッパ』は帰国後に刊行、ヨーロッパ中でベストセラーになる。1943年から反ファシズムのレジスタンスに参加、それから自由イタリア軍将校、アメリカ軍司令部の連絡役として活躍した。戦後、イタリア共産党に入党しようとするなど、急接近した。その後、1947年にパリ移住。1949年、小説『皮』を発表。毛沢東に感銘を受け、中国へ赴く。中国滞在中、長年の持病を悪化させ、イタリアに帰国。1957年にローマで肺癌のため死去[3]

邦訳[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Malaparte, Curzio”. 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ Curzio Malaparte (1898-1957) - pseudonym of Kurt Erich Suckert”. 2016年9月12日閲覧。
  3. ^ MALAPARTE”. 2016年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]