クルゾーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クルゾーネ
Clusone
クルゾーネの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州の旗 ロンバルディア
Blank.png ベルガモ
CAP(郵便番号) 24023
市外局番 0346
ISTATコード 016077
識別コード C800
分離集落 Fiorine
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
人口
人口 8,610 [1](2016-01-01)
人口密度 331.7 人/km2
文化
住民の呼称 clusonesi
守護聖人 聖ジョヴァンニ(San Giovanni Battista)
祝祭日 2月3日
地理
座標 北緯45度53分0秒 東経9度57分0秒 / 北緯45.88333度 東経9.95000度 / 45.88333; 9.95000座標: 北緯45度53分0秒 東経9度57分0秒 / 北緯45.88333度 東経9.95000度 / 45.88333; 9.95000
標高 648 (475 - 1637) [2] m
面積 25.96 [3] km2
クルゾーネの位置(イタリア内)
クルゾーネ
クルゾーネの位置
ベルガモ県におけるコムーネの領域
ベルガモ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

クルゾーネイタリア語: Clusone ( 聞く))は、イタリア共和国ロンバルディア州ベルガモ県にある、人口約8600人の基礎自治体コムーネ)。

セーリオ川上流地域に位置する都市で、ヴァル・セリアーナイタリア語版地域の行政中心地である。

名称[編集]

イタリア語以外では以下の名称を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ベルガモ県北東部、ヴァル・セリアーナイタリア語版のコムーネ。県都ベルガモから北東へ30km、ブレシアから北北西へ44km、州都ミラノから北東へ76kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

地形・地勢[編集]

  • 河川:セーリオ川

セーリオ川は市域の西端を流れる。


歴史[編集]

都市の起源は古く、紀元前1300年頃にオロビ人 (Orobiが居住地を築いたのにさかのぼると考えられる[5]

ローマ時代には重要な居住地が作られた。村はこの地域の重要な中心地となり、要塞の建設も行われた。この都市の名前は、おそらく「山に囲まれた空間」を示すラテン語 "clausus" から来ている。

クルゾーネに言及した最初の文書は、774年のもので、カール大帝によって要塞(Rocca)の中心部をサンマルティーノ・ディ・トゥール修道院の修道士に与える内容のものである。この要塞は、中世の時代にはかなり大きく発展し、防御目的のために城壁や塔を備えた本格的な城塞となった。

ミラノの貴族アリプランディ家イタリア語版の分家で、ファンツァーゴ(Fanzago)の姓を名乗った一族は、14世紀末にクルゾーネに移った。

その後、ヴェネツィア共和国の領土に含まれると、クルゾーネも富を集積し、商業的・文化的・芸術的に全盛期を迎えた。

クルゾーネは、1797年のヴェネツィア共和国の消滅(カンポ・フォルミオ条約)までその運命を分かち合い、その後はフランスの衛星国であるチザルピーナ共和国の一部となった。1801年11月12日、過去の栄光を連想させる建物が多くあることから、ナポレオンの決定により都市 (Città) の称号が授与された。

チザルピーナ共和国はその後イタリア共和国イタリア王国へと移行するが、ナポレオンの没落に伴いその領土はオーストリア帝国に配分された。クルゾーネはロンバルド=ヴェネト王国に含まれ、ベルガモ県 (it:Provincia di Bergamo (Lombardo-Veneto)管下の一地区の首府となった。

サルデーニャ王国(イタリア王国)ベルガモ県の3郡。1859年時点

1859年、チューリッヒ条約によりロンバルディアはサルデーニャ王国(1861年よりイタリア王国)が領有することになった。クルゾーネには、ベルガモ県に3つ置かれた郡 (it:Circondario (Regno d'Italia)のひとつ、クルゾーネ郡 (it:Circondario di Clusoneの郡庁が置かれた。クルゾーネ郡は1926年に廃止された。

1957年5月15日、イタリア共和国によって都市 (Città) の称号が再確認された。

行政[編集]

山岳部共同体[編集]

広域行政組織である山岳部共同体イタリア語版「ヴァッレ・セリアーナ山岳部共同体」  (it:Comunità montana della Valle Seriana の事務所所在地である。「ヴァッレ・セリアーナ山岳部共同体」には以下のコムーネが含まれる(アルファベット順)。

もともとはヴァッレ・セリアーナ上流部 (it:Comunità montana della Valle Seriana Superioreと下流部の2つの山岳共同体があったが、2009年に合併した。

社会[編集]

人口[編集]

人口推移[編集]

人口推移
人口 ±%
1861 3,797 —    
1871 3,918 +3.2%
1881 3,986 +1.7%
1901 4,924 +23.5%
1911 5,530 +12.3%
1921 5,941 +7.4%
1931 6,245 +5.1%
1936 5,964 −4.5%
1951 6,884 +15.4%
1961 7,064 +2.6%
1971 7,221 +2.2%
1981 8,020 +11.1%
1991 7,976 −0.5%
2001 8,259 +3.5%
2011 8,678 +5.1%

文化・観光[編集]

交通[編集]

旧クルゾーネ駅。現在はバスターミナルとして使用されている(2009年)

道路[編集]

その他[編集]

2017年現在、市内に鉄道は走っていないが、かつてはヴァッレ・セリアーナ鉄道 (it:Ferrovia della Valle Serianaが、ベルガモとクルゾーネを結んでいた。クルゾーネ駅 (it:Stazione di Clusoneは1911年に開業したが、1967年に廃止された。

このほか、山岳救助および民間防衛のためのヘリポート、クルゾーネ・ヘリポート (it:Eliporto di Clusoneがある。

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]