クルエルティフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実験室のラット

クルエルティフリー(英語: cruelty-free)とは、動物の権利運動における、商品や活動が動物を傷付けたり殺したりしていない事を示すラベルである。動物主義者達は動物でテストされた製品はクルエルティフリーでないとしている。なぜならば、これらのテストは屡々痛みを伴い、苦しみを引き起こし、毎年数百から数千匹の動物の死を齎すからである。[要出典]


歴史[編集]

photograph
Reconstruction of a 1903 demonstration by William Bayliss, a physiologist at University College London, during which anti-vivisectionists said a dog was vivisected without anaesthetic.

「クルーエルティーフリー」という専門用語は、 「動物犠牲のない美しさ(英語: Beauty Without Cruelty)」 というラベルと共にフェイクファーの製造を世界に広めたLady Dowdingにより世界で初めて使用された。尚、 Lady Dowdingは、 「動物犠牲のない美しさ(Beauty Without Cruelty英語版)」というチャリティー活動の創立者としても有名な人物である。[1] その後、この言葉はFashion With Compassion英語版グループを創設したMarcia Pearson英語版により、1970年代のアメリカで、広められました。[2]

キャンペーン活動[編集]

1957年に、 Charles Hume と William Russellという人物が、共著した著書『人類に於ける実験技術の原理 Principles of Humane Experimental Technique』に於いて、「3R」という概念を世界で初めて紹介しました。 これらの「動物実験を減少させる技術」は、先述した「3R」、即ち、「"R"eplacement: 動物実験を完廃するための代替技術」及び「"R"eduction: 統計学的手法による動物実験の削減」並びに『"R"efinement: 残虐性の少ない動物実験技術への改善』の苦悩と実験の果てに採用された。[3]

1991年には、『動物実験代替手法の為のヨーロッパセンター( European Center for the Validation of Alternative Methods, ECVAM)』が、「実験動物に於ける3Rと生命科学に於ける動物実験代替技術の科学的且つ規制下の容認を推進するために」創設された。[4] 尚、嘗て、同ECVAMの科学諮問委員会は、動物実験の代替手法が存在する場合に於いては動物実験を禁ずるとする「動物保護条約( Animal Protection Act)」の下に、全ての実験を認可していた。

2012年には、そこへ、動物実験に対抗する為のキャンペーンをする為の国際機関を創立する為に、『生体解剖の完廃の為の英国労働組合( British Union for the Abolition of Vivisection )』及び『新イングランド反生体解剖協会( New England Anti-Vivisection Society)』並びに『動物実験を完廃する為の欧州連合(European Coalition to End Animal Experiments)』が共に参加した。 BUAV サポーターの Ricky Gervais[5]は、トイレタリー製品開発及び製造の為の動物実験(animal testing )を禁止する為の欧州の決定を汲んだキャンペーンを発表した。残念ながら実際には、欧米企業が、未だに、欧米以外の国々に於いては(巨大市場たる中国を始めとして)、「国外から輸入された輸入トイレタリー製品への輸入後に於ける国内での動物実験を法律で義務付けている国々」への輸出商品への動物実験完廃までは実施出来ていない現状が存在するが、米国の『Leaping Bunny』という企業は、「世界中のいかなる国、地域に於いても、弊社の商品の動物実験を承認しない」とする声明を公表し、世界市場に於いても同様に要請している。

動物実験の実態[編集]

ウサギラットマウスモルモットのような動物達は、食料としても、化粧品用原材料用実験動物としても、毎日毎日酷使され続けている現状が存在し続けており、更に、実験動物達はその後、体内や内臓への影響を調査するために殺処分されるという過酷な状況が現在でも続いている。斯様な実験動物には、妊娠した動物達も含まれているが、同様の扱いを受け、母子共に殺処分される現状が存在し続けている。[6][7]

実験動物を使わない代替実験[編集]

As technology developed, outdated 動物実験 is being replaced with quicker, cheaper and more accurate methods. Critics point out that humane alternatives can be slow to implement, costly, and test only one compound at a time.[8] Alternatives have shown positive results. For example reconstructed human epidermis—which uses human skin donated from cosmetic surgery to replace the rabbit ドレイズ skin test—is more relevant to human reactions. Other methods replace the Draize eye test by using in vitro (test-tube) human tissue. Computer-based systems allow for isolation of a select tissue or organ to conduct tests in an extremely controlled environment. These tests not only save countless animal lives, but are more precise and accurate at protecting humans from toxic substances.[9] Another cruelty-free option is using ingredients that have already been established as safe, such as the 20,000 ingredients in the 欧州連合 database.

クルーエルティーフリー製品[編集]

Companies now offer a wide range of cruelty-free products such as cosmetics, personal-care products, household cleaners, clothing, shoes, condoms (which are sometimes processed with casein), and candles (通常はパラフィン蜜蝋が用いられる). Organizations such as PETA, Choose Cruelty Free, Coalition for Consumer Information on Cosmetics, British Union for the Abolition of Vivisection, and its offshoot organization Cruelty Free International have released lists of cruelty-free products and cruel products to boycott. Since the 1990s the Leaping Bunny has been the only international third-party cruelty-free certification program.

"With these synthetic brushes you no longer have to choose between being socially conscious and sacrificing quality or performance."

Wende Zomnir、Urban Decay's Creative Director[10]

世界のクルーエルティーフリーイベント[編集]

「全国クルーエリティーフリー週間(英: National Cruelty-Free Week)」は、英国でBUAVにより毎年主催されているイベントである。尚、2006年の同イベント開催期間は7月17日から23日であった。 他の類似イベントしては、毎年11月1日に開催されている「全国ベジタリアン週間(英: National Vegetarian Week)」「英国ヴィーガン週間(英: UK Vegan Week)」「国際ヴィーガン週間(World Vegan Day)」が有名である。

批判[編集]

いくつかの企業は、商品に「動物実験はされてない(商品)」「我社は動物事件はしていません」「これまで動物実験は一切行われていません」「動物実験に反対しています」「クルーエリティーフリー」等とラベル付けを行ってきているが、これらの中には、実際には動物実験禁止に関する法律に合致していないにも拘らず紛らわしい言回しをしているケースが存在しており、消費者のミスリーディングを誘発している。[11]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ Encyclopedia of animal rights and animal welfare, (1998), p. 139, ISBN 978-0-313-29977-3 
  2. ^ Joanne Stepaniak, Virginia Messina (2000), “The Body Beautiful”, The Vegan Sourcebook, McGraw-Hill Professional, ISBN 978-0-7373-0506-7, http://books.google.co.uk/books?id=6Ia5eZIlgLUC&pg=PA123 
  3. ^ Balls, Michael (7 January 1994). “Replacement of animal procedures: alternatives in research, education and testing”. Laboratory Animals (London) 28 (3): 193. PMID 7967458. http://bf4dv7zn3u.search.serialssolutions.com.myaccess.library.utoronto.ca/?ctx_ver=Z39.88-2004&ctx_enc=info%3Aofi%2Fenc%3AUTF-8&rfr_id=info:sid/summon.serialssolutions.com&rft_val_fmt=info:ofi/fmt:kev:mtx:journal&rft.genre=article&rft.atitle=Replacement+of+animal+procedures%3A+alternatives+in+research%2C+education+and+testing&rft.jtitle=Laboratory+animals&rft.au=Balls%2C+M&rft.date=1994-07-01&rft.issn=0023-6772&rft.eissn=1758-1117&rft.volume=28&rft.issue=3&rft.spage=193&rft_id=info:pmid/7967458&rft.externalDocID=7967458 2013年3月30日閲覧。. 
  4. ^ Curren, Roger (Nov–Dec 2000). “From inhumane to in vitro: The changing face of science.”. The Animals' Agenda 20 (6): 22. http://search.proquest.com.myaccess.library.utoronto.ca/docview/215888290 2013年3月30日閲覧。. />
  5. ^ Caroline Frost (15 March 2012), “Ricky Gervais Fronts Cruelty Free International Crusade To End Cosmetic Tests On Animals”, Huffington Post, http://www.huffingtonpost.co.uk/2012/03/15/ricky-gervais-cruelty-free-international-cosmetic-tests-animals_n_1347035.html 
  6. ^ Animal Tests & Alternatives”. Cruelty Free International. 2013年3月30日閲覧。
  7. ^ Gallagher, Megan Erin (2003). Toxicity Testing Requirements, Methods and Proposed Alternatives. California: environs environmental law and policy journal. p. 253. 
  8. ^ Curren, Roger (Nov–Dec 2000). “From inhumane to in vitro: The changing face of science.”. The Animals' Agenda 20 (6): 22. http://search.proquest.com.myaccess.library.utoronto.ca/docview/215888290 2013年3月30日閲覧。. 
  9. ^ Curren, Roger (Nov–Dec 2000). “From inhumane to in vitro: The changing face of science.”. The Animals' Agenda 20 (6): 22. http://search.proquest.com.myaccess.library.utoronto.ca/docview/215888290 2013年3月30日閲覧。. 
  10. ^ Detweiler, Rachelle (Mar–Apr 2000). “I can't believe it's vegan!”. The Animals' Agenda 20 (2): 53. http://myaccess.library.utoronto.ca/login?url=http://search.proquest.com.myaccess.library.utoronto.ca/docview/215891097?accountid=14771 2013年3月30日閲覧。. 
  11. ^ Winders, Delcianna (2006). “Combining Reflexive Law and False Advertising Law to Standardize Cruelty-Free Labeling of Cosmetics”. N.Y.U.L. Rev. 81: 454. http://simplelink.library.utoronto.ca/url.cfm/357021 2013年3月30日閲覧。.