クルアーンへの批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クルアーンへの批判は、イスラームの聖典クルアーンに書かれた内容とその解釈が、イスラム教徒と非イスラム教徒との間に見解の相違と争いを生じさせることがあることを説明する。

科学的観点[編集]

クルアーンは古代的世界観のもと記されており、ズ=ル=カルナイン(イスカンダル)が太陽が泥の泉に沈む場所にたどり着くシーンがある[1]

クルアーンには、人間や動物の起源として、神による創造説が主張されている。[2]現在もこれに基づき、イスラム圏学校教育では、進化論を支持する教育・言論は禁じられていることが多い。進化論を否定するムスリムも存在している。[3][要出典]啓典を絶対視する信仰を理由とした反進化論は、米国原理主義キリスト教徒においてもみられる(創造科学インテリジェント・デザイン)。

ムスリムの間では、逆にクルアーンが科学的だと言う主張がある[4][5]。代表的なものはビッグバン胎児の発生過程が奇跡的に予言されていた、というものである。この立場をとるムスリムにはAdnan Oktar(Harun Yahya)がいる。こうした科学とクルアーンの結びつけも批判の対象になっている[6][7]。聖典と科学と結びつけはキリスト教ヒンドゥー教など他宗教にもみられる。

聖書との関連[編集]

聖書とクルアーンは同じくアブラハムの宗教聖典であるが、例えばクルアーンではイエスの母親マルヤム(マリア)がレビ族のであるハールーン(アロン)の末裔姉妹とされている(クルアーン19章28節)。レビ族のハールーン(アロン)の末裔であるということは、マルヤム(マリア)がレビ族であることを示している。その根拠は新約聖書にも発見でき、ザカリアの妻エリサベツもハールーン(アロン)の末裔であり、エリサベツとマルヤム(マリア)は親族だからである(ルカによる福音書1章36節)ルカによる福音書1章5節には「ユダヤの王ヘロデの世に、アビヤの組の祭司で名をザカリヤという者がいた。その妻はアロン家の娘のひとりで、名をエリサベツといった」とある。マルヤム(マリア)がレビ族であるということは、その子イエスもレビ族であることを示唆している。この点、イエスをユダ族の末裔と考えるキリスト教徒と意見の相違がある。

クルアーン間の矛盾[編集]

イスラム法学には、クルアーンやハディースのある言葉によって、他の節、章句を廃止し、無効化、または制限するナスフ英語版(naskh, nasḫ)という概念があり[8]、論争の種になっている[9]

批判[編集]

クルアーンには、異教徒への暴力を奨励する文言(クルアーン9章5節)があるというのは誤解である。批判家はこれを利用して「聖月が過ぎたならば、多神教徒を見つけ次第殺し、またはこれを捕虜にし、拘禁し、またすべての計略(を準備して)これを待ち伏せよ」(9章5節)の言葉が、テロの原因になっているとの非難がある。でもこれは戦争時の話である。9章1節を読むと「あなたがたが盟約を結んだ多神教徒に対し解約が(宣言)された」とあり、部族間の安全保障盟約が多神教徒側の破棄により無効となったことを告げている。ムスリムと異教徒が再び戦争状態に入ったことを意味し、戦争だから敵を見つければ殺し合うのは当然である。ただしイスラームにおいては戦争にもルールがある。例えば、同書9章6節には次のような規定がある。「もし多神教徒の中に、あなたに保護を求める者があれば保護し、その後アッラーの言葉を聞くことができるよう、かれを安全な所に送れ」戦争時にもかかわらず敵を「安全な所に送れ」と言っている。この他にも民間人の女性、子供、老人を殺傷しないこと、礼拝場を破壊しないこと、自然を破壊しないなどのルールが定められている。またクルアーンいわく、異教徒であれば誰もが戦う相手ではない。例えば「あなたがたに戦争を挑む者があれば、アッラーの道のために戦え。だが侵略的であってはならない。本当にアッラーは、侵略者を愛さない」(2章190節)や「アッラーは、宗教上のことで、あなたがたに戦いを仕掛けず、またあなたがたを家から追放しなかった者たちに親切をつくし、公正に待遇することを禁じられない」(60章8節)など、イスラームは侵略を明確に否定している。

参照[編集]

  1. ^ クルアーン18章86節
  2. ^ クルアーン第3章59節、第6章1節、第7章11節、第15章26節、第19章67節、第20章55節、 第24章45節、第96章2節。
  3. ^ アッラーの存在と唯一性
  4. ^ イスラームガイド: 聖クルアーンの科学に関する奇跡
  5. ^ The Overwhelming Scientific Miracles in the Noble Quran (Koran)
  6. ^ Qur'an and Science
  7. ^ Islamic Science: Does Islamic literature contain scientific miracles?
  8. ^ Ayyaz Ahmed Khan Sial『Theory of Naskh』
  9. ^ Dr. Israr Ahmad Khan『Arguments for Abrogation in the Qur’an: A Critique』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]