クリミアブナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリミアブナ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: ブナ属 Fagus
: クリミアブナ F × taurica
学名
Fagus × taurica Popl.
シノニム
  • Fagus sylvatica f. moesiaca K.Malý
  • Fagus × moesiaca (K.Malý) Czeczott
  • Fagus sylvatica subsp. moesiaca (K.Malý) Szafer
  • Fagus × moesiaca f. leucodermis Korac[1]
和名
クリミアブナ
英名
Crimean Beech

クリミアブナ学名:Fagus × taurica)は、ブナ科落葉性広葉樹の一種でありクリミア半島に分布する。ヨーロッパブナコーカサスブナの自生地が重なるバルカン半島などで見られる両者の雑種であるバルカンブナと酷似しており、同一視する見解もある[2]

参照[編集]

  1. ^ Synonyms of Fagus × taurica Popl. World checklist Kew
  2. ^ World Checklist of Selected Plant Families”. 2014年10月21日閲覧。