クリプルクリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリプルクリーク市
Cripple Creek
クリプルクリークのメインストリート
クリプルクリークのメインストリート
標語 : ""Real Fun Real Colorado ""
位置
クリプルクリーク市 の位置図
座標 : 北緯38度44分46秒 西経105度11分03秒 / 北緯38.74611度 西経105.18417度 / 38.74611; -105.18417
歴史
町制施行 1892年6月9日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 州 コロラド州
 郡 テラー郡
 市 クリプルクリーク市
市長 ブルース・ブラウン
人口
人口 2010年現在)
  市域 1,267人
    人口密度   295.98人/km2(766.47人/mi2
その他
等時帯 山岳部標準時 (UTC‐7)
夏時間 山岳部夏時間 (UTC‐6)
公式ウェブサイト : https://www.cripplecreekgov.com/

クリプルクリーク(Cripple Creek)は、アメリカ合衆国コロラド州中南部のテラー郡[1]に位置する都市。ロッキー山脈パイクスピーク西麓、州第二の都市コロラドスプリングス市の西約71kmに位置する。クリプルクリークの都市名は市内を流れるクリプルクリーク川(後述)から来ている。都市名の発音は「クリポルクリーク」である。

クリプルクリークのダウンタウンはアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定されている。

歴史[編集]

開拓前[編集]

現在のクリプルクリークがある地には、ネイティブアメリカンユート族が住んでいた。[2]

既に近隣の(後のコロラドスプリングス市になる)コロラドシティにはゴールドラッシュが到達していた。ある者がこの土地に金があると嘘をつき、一時フォーティーナイナーズが集まったが金は見つからずその後、この土地には誰も近づかなくなった。[3]

コロラドゴールドラッシュの中心都市時代[編集]

1890年10月20日、“ボブ”ロバート・ミラー・ウォーマックが乗馬中にの鉱脈を発見。この報せによりアメリカ全土から数千の男、女、子供がクリプルクリークに集まった。これがコロラドゴールドラッシュの始まりになった。ウィンフィールド・スコット・ストラットはクリプルクリーク初の金鉱山であるインディペンデンス鉱山を設立した。

1892年6月9日テラー郡の郡都としてクリプルクリーク市が設立された。1890年からの2年で500人の人口が1万人に達していた。

1894年鉱山の労働者が大規模ストライキを行う、ジェームス・ピーボディ州知事州兵ストライキの鎮圧のために派遣するもデモ隊を逆撫でしてしまい、一時デモ隊が暴徒化するも州兵のガトリング銃を見たデモ隊ストライキを辞める。[4]

1896年4月25日、クリプルクリーク市街地の半分を焼き尽くす大火が発生、4日後再び大火が発生市の残りの半分を焼き尽くしクリプルクリークは大打撃を受けた。その後市街地を耐火性がある煉瓦で再興した。その際再興された建物がアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定されている。[5]

その後、年々金の採掘量は減りそれと共に人口が減っていき。1970年代には人口は数百になり半ばゴーストタウン化した。

現在のクリプルクリーク[編集]

1991年コロラド州はクリプルクリーク市内のみのギャンブルを合法化、空き家だらけになっていたダウンタウンはたちまちカジノで溢れ鉱山軽便鉄道廃線跡を改装した観光列車も運行し始め[6]、一気に町は活性化した。地元紙は「コロラドゴールドラッシュの再来」と報じた。

1900年のクリプルクリーク市街地

2012年現在、クリプルクリークのカジノ単独での税収は1億4千万ドルである。[7]

地理[編集]

現在のクリプルクリークは、3000万年前には火山カルデラ湖であった。[8]

市内にはクリプルクリーク川が流れる。

クリプルクリーク川の伝説[編集]

1957年のダウンタウン

ゴールドラッシュが始まった頃このを渡った家畜がことごとく怪我に遭い、そこから体の不自由を意味する“Cripple”と名付けられた。[9]

経済[編集]

2006年のクリプルクリーク市街地

クリプルクリークの経済は金の採掘業カジノ・観光業によって支えられている。

採掘業[編集]

2005年現在、クリプルクリーク地区では年2350万トロイ衡が採掘されている。

現在の金の採掘はクリプルクリーク&ビクターゴールドマイニング会社一社のみである。[10]

カジノ・観光業[編集]

1991年カジノ合法化後、クリプルクリークにはカジノが溢れ毎日の様に近隣のコロラドスプリングス市営空港デンバー国際空港デンバーユニオン駅から送迎用のバスが走っている。[11]

観光業では1890年代廃鉱山の探索ツアーや近隣のビクター市へ観光用の汽車が走っている。[6]

交通[編集]

現在、クリプルクリークへはでしか行けない最も一般的な行き方はハイウェイ24号のデバイドフロリサントから前者はコロラド州道60号、後者はテラー郡道1号を使うルートである。

かつては、コロラドスプリングス市との間に軽便鉄道が走っていた。[6]

脚注[編集]

  1. ^ Find A County”. web.archive.org (2011年5月31日). 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ Native Americans” (英語). Cripple Creek, Colorado. 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ A Hole in the Ground with a Liar at the Top. The University of Utah Press. (2006) 
  4. ^ history.com”. history.com. 2020年6月9日閲覧。
  5. ^ Cripple Creek Colorado - Worlds Greatest Gold Camp - Page 2”. web.archive.org (2014年5月23日). 2020年6月8日閲覧。
  6. ^ a b c Cripple Creek & Victor Railroad (Colorado) - Christopher Muller”. www.steamphotos.com. 2020年6月8日閲覧。
  7. ^ Colorado: Program Area Finds” (英語). Colorado Archeo & History Blog (2018年2月23日). 2020年6月8日閲覧。
  8. ^ Geochronology of the central Colorado volcanic field”. William C. McIntosh and Charles E. Chapin. 2020年6月9日閲覧。
  9. ^ Dawson, John Frank (1954]). Place names in Colorado:why 700 communities were so named, 150 of Spanish or Indian origin.. [Denver,. https://hdl.handle.net/2027/mdp.39015051116740 
  10. ^ Newmont Corporation - Operations & Projects - Global Presence - North America - Cripple Creek & Victor – U.S.”. www.newmont.com. 2020年6月8日閲覧。
  11. ^ Cripple Creek Casino Shuttle Bus Schedule | 8th Street Depot | Colorado Springs”. www.casinoshuttle.com. 2020年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]

City of Cripple Creek市の公式サイト

Visit Cripple Creek市の観光サイト