クリス・リード (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・リード
Chris Reed
マイアミ・マーリンズ #35
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イギリスの旗 ロンドン
生年月日 1990年5月20日(25歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1巡目(全体16位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2015年8月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イギリスの旗 イギリス
WBC 2013年

クリストファー・ウィリアム・リードChristopher William Reed, 1990年5月20日 - )は、イギリスロンドン出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBマイアミ・マーリンズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとドジャース傘下時代[編集]

2011年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから1巡目(全体16位)指名され、8月12日に契約[1]。この年は傘下のA+級ランチョクカモンガ・クエークスで3試合に登板し、0勝1敗・防御率7.71だった。

2012年はA+級ランチョクカモンガで7試合に登板し、1勝4敗・防御率3.09だった。6月にAA級チャタヌーガ・ルックアウツへ昇格。ここでは12試合に登板し、0勝4敗・防御率4.84だった。オフには第3回WBC予選のイギリス代表に選ばれた[2]

2013年はAA級チャタヌーガで29試合に登板し、4勝11敗・防御率3.86だった。

2014年はAA級チャタヌーガで23試合に登板し、4勝8敗・防御率3.22だった。8月にAAA級アルバカーキ・アイソトープスへ昇格。ここでは5試合に登板し、0勝3敗・防御率10.97だった。オフの11月20日にドジャースとメジャー契約を結び[3]40人枠入りした。

2015年7月10日DFAとなった[4]

マーリンズ時代[編集]

2015年7月15日グラント・デイトンとのトレードによりマイアミ・マーリンズに移籍した。40人枠に入り、傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズに配属された[5]8月1日にメジャー初昇格を果たし[6]、同日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビュー。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dodgers sign first-round pick Chris Reed”. MLB.com Dodgers Press Release (2011年8月12日). 2014年12月29日閲覧。
  2. ^ GREAT BRITAIN ROSTER821
  3. ^ Dodgers add Zach Lee, Chris Reed and Scott Schebler to 40-man roster”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年11月21日). 2014年12月29日閲覧。
  4. ^ DYLAN HERNANDEZ (2015年7月10日). “Chris Reed designated for assignment by Dodgers”. Los Angles Times. http://www.latimes.com/sports/dodgers/dodgersnow/la-sp-dn-dodgers-first-rounder-chris-reed-designated-for-assignment-20150710-story.html 2015年7月11日閲覧。 
  5. ^ Michael Hurcomb (2015年7月15日). “Dodgers trade Chris Reed to Marlins for Grant Dayton”. FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25241996/dodgers-trade-chris-reed-to-marlins-for-grant-dayton 2015年7月16日閲覧。 
  6. ^ De Nicola, Christina (2015年8月1日). “Marlins recall Adam Conley, Chris Reed from Triple-A”. Fox Sports. 2015年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]