クリス・マッケナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリス・マッケナ
Chris McKenna
Chris McKenna
McKenna on a Community panel at the San Diego Comic-Con International in July 2014.
生年月日 (1967-09-11) 1967年9月11日(55歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国San Bernardino, California
職業 Television writer, 映画プロデューサー、脚本家、テレビプロデューサー
活動期間 1993 -
テンプレートを表示

クリス・マッケナは、アメリカのテレビ作家、映画プロデューサー、脚本家、テレビプロデューサー。『アメリカン・ダッド、『コミ・カレ!![1]、『The Mindy Project』などで脚本を担当している

キャリア[編集]

マッケナは、2004年の映画『ガール・ネクスト・ドア』で、ルーク・グリーンフィールド監督とともに脚本を練り、クレジットされていないライターとして参加した。WGAの仲裁プロセスによりクレジットが拒否された [2]

マッケナは、『コミ・カレ!!』シーズン2のエピソード21『思い出ボロボロ/Paradigms of Human Memory』や、シーズン2のエピソード9『究極の楽勝講座は陰謀の香り/Conspiracy Theories and Interior Design』、エミー賞ヒューゴー賞にノミネートされた『あの子がほしい ラボ・パートナー選び/Remedial Chaos Theory』など、『コミ・カレ!!』で最も高い評価を受けたエピソードを執筆した。また、兄のマット・マッケナと共同で『アメリカン・ダッド』の中でも最も評価の高いエピソードの1つである『Rapture's Delight』を執筆した[3]

『アメリカン・ダッド』のライター時代に、後に執筆パートナーとなるエリック・ソマーズと出会った。二人はそれ以来、一緒に『レゴバットマン ザ・ムービー、『スパイダーマン:ホームカミングとその続編『ファー・フロム・ホーム、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、アントマン&ワスプ』などの脚本を担当している[4] [5]

ルッソ兄弟とシットコム『コミ・カレ!!』で仕事をしていたマッケナは、映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の脚本にジョークを提供することで、脚本に貢献した。[要出典]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品名 クレジット 備考
1993年 愛と呼ばれるもの アシスタント
Little Miss Millions プロダクションアシスタント
1994年 遺産相続は命がけ!? アシスタント クリストファー・マッケナとして
1995年 Grumpier Old Men
2008年 Registered Sex Offender 製作総指揮
Igor 脚本、俳優 キリセウムファン#5(声)
2009年 くもりときどきミートボール スペシャルサンクス
2017年 レゴバットマン ザ・ムービー 脚本 エリック・ソマーズ、セス・グレアム=スミス、ジャレッド・スターン、ジョン・ウィッティントンと脚本を共同執筆
スパイダーマン:ホームカミング エリック・ソマーズ、ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリージョン・ワッツ、クリストファー・フォードと脚本を共同執筆
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 脚本、スクリーン・ストーリー担当 エリック・ソマーズ、スコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナーと脚本を共同執筆
2018年 アントマン&ワスプ 脚本 エリック・ソマーズ、ポール・ラッド、アンドリュー・バラー、ガブリエル・フェラーリと共著
2019年 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム エリック・ソマーズと共同執筆
2021年 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム エリック・ソマーズと共同執筆

テレビ[編集]

映画 クレジット 備考
2005〜 2011年 アメリカン・ダッド! スタッフライター、ライター、ストーリーエディター、エグゼクティブストーリーエディター、監督プロデューサー、プロデューサー
2010〜 2015年 コミ・カレ!! ライター、共同製作総指揮者、製作総指揮者 ノミネート–コメディシリーズの傑出した執筆に対するプライムタイムエミー賞(「是正カオス理論」)
ノミネート–ヒューゴー賞最優秀ドラマティックプレゼンテーション賞–ショートフォーム
ノミネート–コメディシリーズのベストライティングでオンライン映画テレビ協会テレビ賞
2012〜2014 ミンディプロジェクト ライター、共同製作総指揮 ノミネート–全米脚本家組合賞:新シリーズ

脚注[編集]

 

外部リンク[編集]