クリス・ブリストウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・ブリストウ
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・ロンドンランベス
生年月日 (1937-12-02) 1937年12月2日
没年月日 (1960-06-19) 1960年6月19日(22歳没)
F1での経歴
活動時期 1959-1960
所属チーム '59,'60 クーパー
出走回数 4
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1960年ベルギーGP
テンプレートを表示

クリス・ブリストウ(Chris Bristow,1937年12月2日 - 1960年6月19日)は、イギリス出身のF1ドライバー。「クリス・ブライストウ」と表記されることもある。

略歴[編集]

1959年、ブリストウはBRP(この年はクーパー使用のプライベーター)から地元イギリスGPでF1デビュー。 このレースはF2仕様のマシンでの出走だったが、決勝10位を記録。これは混走したF2マシン勢の中でも最上位の順位だった。

翌年も引き続きBRP(この年は「ヨーマン・クレジット・レーシング」として参戦、前年に引き続きクーパー使用のプライベーター)からF1に参戦。 完走こそ無かったものの、第2戦モナコGPでは予選4位を記録するなど好調を見せていた。

事故死[編集]

しかしブリストウは、のちに「暗黒の週末」と呼ばれることとなる第5戦ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)で命を落としてしまう。

前日の予選中、スターリング・モスマイク・テイラーが重傷を負う事故を起こすという波乱の展開で迎えた決勝レース。 「スパウェザー」と称される雨のなか、予選9位から順位を上げフェラーリウィリー・メレスとバトルをしていたブリストウだったが、20周目にメレスに対してオーバーテイクを仕掛けた際にコースアウトしてしまい、そのままアームコ・バリア(二重構造のガードレール)に激突。さらにそのバリアを突き破って土手に衝突しマシンは大破した。 ブリストウは、突き破った際に鋭利な凶器と化したアームコ・バリアによって下顎から上を切断され即死した。22歳没。ちなみにブリストウの事故は、前日の予選でモスが事故を起こした現場から数メートルと離れていない地点でのことだった。

さらにブリストウの事故から5周後にも、ロータスアラン・ステイシーが顔面に鳥が直撃し死亡する事故が発生し、このグランプリはF1世界選手権開設後初となる「1グランプリで、出場ドライバーの中から2名以上の事故死者が出たレース」となってしまった。(F1におけるこの例は、このレースと1994年サンマリノGPの2例だけである)

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 WDC ポイント
1959年 クーパーBRP T51 F2 MON 500 NED FRA GBR
10
GER POR ITA USA NC
(36位)
0
1960年 クーパーヨーマン・クレジット T51 ARG MON
Ret
500 NED
Ret
BEL
Ret
FRA GBR POR ITA USA NC
(59位)
0