クリス・ヒントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg クリス・ヒントン American football pictogram.svg
Chris Hinton
基本情報
ポジション ガード、タックル
生年月日 (1961-07-31) 1961年7月31日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
身長 6' 4" =約193cm
体重 300 lb =約136.1kg
経歴
大学 ノースウェスタン大学
NFLドラフト 1983年 / 1巡目全体4位
初出場年 1983年
初出場チーム インディアナポリス・コルツ|ボルチモア・コルツ
所属歴

受賞歴・記録

NFL 通算成績
出場試合数 177試合
先発出場試合数 172試合
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

クリス・ヒントン(Chris Hinton, 1961年7月31日- )はイリノイ州シカゴ出身の元アメリカンフットボール選手。NFLで13年間タックルやガードとして活躍した。

経歴[編集]

1983年NFLドラフトの1巡目全体4位でノースウェスタン大学からデンバー・ブロンコスに指名されたがその6日後に、いの一番指名をされたジョン・エルウェイとのトレードでボルチモア・コルツ(1984年よりインディアナポリス・コルツ)に入団した[1]。この年USFLからもドラフト1巡目で指名を受けた[2]。コルツでは7シーズン中6回プロボウルに選出された。

その後1990年のNFLドラフトでコルツがいの一番指名権を得てジェフ・ジョージを獲得するためにアンドレ・ライズンと共にアトランタ・ファルコンズに移籍した[3]。このトレードもあり、彼とドラフト同期で1987年途中からコルツに加入していたエリック・ディッカーソンはトレーニングキャンプ及びシーズン序盤を欠場した[3]。1994年に大学時代の恩師であるデニス・グリーンがヘッドコーチを務めるミネソタ・バイキングスに移籍[4]、1995年引退している。

現在彼はジョージア州アルファレッタでワイン店を経営している[5][6]

現役引退後、彼は多くの選手と同じように長年のプレーの後遺症に悩んでおり2005年に彼は「3年前までは何の問題もなかったが息子とサッカーをする際にひざに痛みが走り医者には手術を勧められている。」と語っている[7]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
ジェラルド・ウィルハイト
デンバー・ブロンコス
ドラフト1巡指名
1983年
次代:
スティーブ・スウェル