クリス・ジャルジンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリス・ジャルジンスキー(Christopher Jarzynski, 1965年11月23日 - )は、アメリカ合衆国の物理学者。

略歴[編集]

1965年11月23日、ワシントンD.C.に生れる。1987年プリンストン大学卒業。1994年にカリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得。同年ワシントン大学助手、1996年から2006年までロスアラモス国立研究所でも勤務した。同年、メリーランド大学助教授、2010年同大学教授。2014年からは同大学UMCPの学部長も務めている。2019年にはラルス・オンサーガー賞を受賞した。既婚者である[1]

業績[編集]

博士論文は断熱におけるカオスについてのものであった[1]。その後の主な研究分野は非平衡の統計力学であり、1997年には非平衡の流体力学についての新たな公式を発見した。この公式により、生物物理学の分野にも大きく貢献した。その後はデータ処理熱力学的に研究することも行っている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b メリーランド大学. “CHRISTOPHER JARZYNSKI”. 2022年9月7日閲覧。
  2. ^ アメリカ物理学会. “2019 Lars Onsager Prize Recipient”. 2022年9月7日閲覧。