クリス・カーマック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・カーマック
Chris Carmack
Chris Carmack
Chris Carmack, May 2008
本名 James Christopher Carmack
生年月日 (1980-12-22) 1980年12月22日(38歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国、ワシントン D.C.
職業 俳優、歌手、モデル
活動期間 2000-
配偶者 エリン・スレイヴァー (2018-)
テンプレートを表示

クリス・カーマック(James Christopher "Chris" Carmack、1980年12月22日 - )はアメリカ合衆国の俳優で、元ファッション・モデルである。

2003年のティーン・ドラマ・シリーズ『The O.C.』と、2012年のカントリー・ミュージック・ドラマ『ナッシュビル』の2つの人気作品への出演で知られている。

カーマックは、『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』、『イントゥ・ザ・ブルー2』、『Love Wrecked』、『美人ライターレーンの恋愛記事』、『Alpha and Omega』などの映画に出演していた。

2018年から、ABCのメディカル・ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』に、ドクター・リンカーン役で出演している。

生い立ち[編集]

カーマックはワシントンD.C.で生まれ、メリーランド州のダーウッドで育った。家族構成は、両親と兄が1人妹が1人の5人であった。子供の頃から、野球バスケットボールアメリカンフットボールレスリングなど様々なタイプのスポーツを好んだ[1]

マグルーダー・ハイ・スクールで学びながら、音楽に興味を持ち、ジャズ・バンドに参加する前にギターとサクソフォーンの演奏を教わっていた。またカーマックの興味は演劇にも向かって、競合する数多くのドラマ・フェスティヴァルに加わってオン・ステージやオフ・ステージで年間3公演のプロダクションで働き始めた[2]

カーマックは、セネカ・クリーク・デイ・キャンプのカウンセラーを長年務め、マグルーダー・ハイ・スクールで人気のオリジナル曲である『Rocko the Lazy Moth』や『Ode to Salpino』を歌うことで知られていた[要出典]

経歴[編集]

カーマックは卒業後に、ティッシュ・ スクール・オブ・ジ・アーツで芸術学位を取得するためニューヨーク大学に入学した。そして、モデル・スカウトのジョン・ヤネーラに見い出されてニューヨーク大学を離れ、この職業へ進むことを決意した。カーマックの外見はまさに、ブルース・ウェーバーアバクロンビー&フィッチのために探していたイメージと合致した。他には、ロード・アンド・テイラーメイシーズターゲット・コーポレーション、Who.A.U、ELLEフランス版、ノーティカゲス、そしてコスモガールのカタログや雑誌のモデルとして働いた。

ニューヨークでの2年間の後にロサンゼルスに転居し、俳優業に専念することを決意した。『The O.C.』第1シーズンのルーク役で世界的に知られるようになったが、製作側が翌年の出演を確約できなかったため、続投しなかった[3]。カーマックは2005年に、アバクロンビー&フィッチの限定高級レーベルである、エズラ・フィッチのモデルになった。

2005年公開の映画『アマンダ・バインズ in Sweet Paradise』に、カーマックはアマンダ・バインズジョナサン・ベネットと共に出演した。そしてニューヨークとロンドンの劇場で演技の経験を積むことを決意した。

2006年3月16日から5月21日までオフ・ブロードウェイの『Entertaining Mr Sloane』に主演した。ローラ・ペルス劇場での公演で、スコット・エリスの演出であった。トニー賞ノミネート俳優アレック・ボールドウィンとジャン・マクスウェルが、カーマックと共に出演した[4]

2006年に、カーマックはテネシー・ウィリアムズの『夏と煙』の貴重なリヴァイヴァル公演でロンドンの舞台にデビューした。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの元芸術監督エイドリアン・ノーブルの演出により、ロザムンド・パイクの相手役ジョンを演じた。ロンドンでは55年間演じられなかった演目で、2006年10月21日から11月25日までアポロ・シアター (ロンドン)で上演されたが予定より早く閉幕した[5]

テレビドラマ『デスパレートな妻たち』の1エピソードでスーザン・メイヤーのいとこのティムを演じていた。

映画『バタフライ・エフェクト』の3作目、2009年1月公開の『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』では主人公のサム・リードを演じていた。2010年9月17日公開の『Alpha and Omega』ではガース役で声優として初出演した[6]。そして『Alpha and Omega 2: A Howl-iday Adventure』に同じくカーズ役で出演した。続編のひとつに登場した数少ないオリジナルのキャストであった。

2013年にカーマックは、ABCドラマ『ナッシュビル』に、スカーレットとガナーの隣人で、セクシーでチャーミングなカントリー・シンガー兼ギター・プレイヤーのウィル役で出演した[7][8]。最初はカーマックのキャラクターが女たらしで、スカーレットとガナーの関係の潜在的な脅威に見えたが、そのキャラクターはゲイで、カントリー・ミュージックのヘテロセクシュアル的なイメージを守るためであったのが明らかになった。カーマックは、このシーズンの第16話から第21話まで全6話に出演して、第2シーズンからはシリーズ・レギュラーに昇格した[9]

2018年に、カーマックはABCでヒット中のメディカル・ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』に、オルソ・ゴッドとしてのドクター・アティカス・リンカーン(リンク)役で出演した[10]

私生活[編集]

2016年3月2日に、カーマックはエリン・スレイヴァーとの婚約を発表し、2人は2018年10月に結婚した[11]

このカップルには2016年8月30日に娘が誕生した[12]

出演作品[編集]

映画[編集]

題/原題 特記事項
2004 チアーズ!2
Bring It On Again
トッド
Todd
(Video)
2005 Candy Paint フットボール選手 (Short)
アマンダ・バインズ in Sweet Paradise
Love Wrecked
ジェイソン・マスターズ
Jason Masters
2006 ラッキー・ガール
Just My Luck
デイヴィッド
David Pennington
クレジット無し
2007 恋の終わりの始め方
Suburban Girl
ジェド・ハンソン
Jed Hanson
2009 H20 Extreme Austin
バタフライ・エフェクト3/最後の選択
The Butterfly Effect 3: Revelations
サム・リード
Sam Reide
主演
イントゥ・ザ・ブルー2
Into the Blue 2: The Reef
セバスチャン・ホワイト
Sebastian White
2010 アルファ・アンド・オメガAlpha and Omega Garth
Masturbate for Life Douchebag Boyfriend (Short)
2011 シャーク・ナイト
Shark Night
デニス
Dennis
2013 Dark Power Durant
2016 The Dust Storm David

テレビ[編集]


原題
特記事項
2000 Strangers with Candy Laird "Insivible Love"
2003 Player$ 本人 "Voodoo That You Do... with Hobbits!"
The Sharon Osbourne Show 本人 2003年11月11日放送
Soap Talk 本人 2003年11月18日放送
2003-2004 The O.C.
The O.C.
ルーク・ワード
Luke Ward
28エピソード
第1シーズン: メイン・キャスト
第2シーズン: スペシャル・ゲスト
2004 The Last Ride Matthew Rondell テレビ映画
2005 Beach Girls Cooper Morgenthal 6エピソード
ヤング・スーパーマン
Smallville
ジェフ・ジョーンズ
Geoff Johns
第4シーズン "Recruit"
Jake in Progress Jared Rush "Ubusy?"
2005-2006 Related Alex Brody 11エピソード
2007 CSI:マイアミ
CSI: Miami
コール・テルフォード
Cole Telford
Kill Switch"
Higglytown Heroes Referee Hero 第3シーズン: "Little Big Fish / Good Sports"
2008 デスパレートな妻たち
Desperate Housewives
ティム
Tim Bremmer
第4シーズン: "Sunday"
CSI:ニューヨーク
CSI: NY
コルビー・ダンカン
Colby Duncan
第5シーズン: "Forbidden Fruit"
2009 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS
ケヴィン
Kevin Nelson
第6シーズン: "Love & War"
私はラブ・リーガル
Drop Dead Diva
ブライアン
Brian
"Crazy"
2010 美人ライターレーンの恋愛記事
Beauty & the Briefcase
リアム
Liam
テレビ映画
Deadly Honeymoon Trevor Forrest テレビ映画
2011 Grace Dylan Doran テレビ映画
2012 A Christmas Wedding Date Chad テレビ映画
All About Christmas Eve Aidan Green テレビ映画
LA'd Liam Season 1 Episode 9 :Burning Man
Bad Girls - (TV Movie)
2013-2018 ナッシュビル
Nashville
ウィル・ レキシントン
Will Lexington
109 Episodes
2018-2019 グレイズ・アナトミー 恋の解剖学
Grey's Anatomy
ドクター・アティカス・リンカーン
Dr. Atticus Lincoln
21 Episodes

舞台[編集]


原題
劇場 特記事項
2006 Entertaining Mr Sloane Sloane Laura Pels Theatre Feb.17,2006 to May.21,2006
(opens Mar.16,06)
夏と煙
Summer and Smoke
ジョン・ブキャナン Jr.
John Buchanan Jr.
ノッティンガム・プレイハウス Sept.22,2006 to Oct.07,2006[13]
2006-2007 夏と煙
Summer and Smoke
ジョン・ブキャナン Jr.
John Buchanan Jr.
アポロ・シアター (ロンドン) Oct.18,2006 to Feb.3,2007
2019 イントゥ・ザ・ウッズ
Into the Woods
ラプンツェル(ラパンゾ)の王子
Rapunzel's Prince
ハリウッド・ボウル Jul.26,2019 to Jul.28,2019[14]

ゲーム[編集]


原題
Notes
2015 ファイナルファンタジー零式
Final Fantasy Type-0 HD
クオン・ヨバツ
Quon Yobatz
Voice role

ディスコグラフィー[編集]

EP[編集]

  • Pieces of You (2015) -Nashville, Season 6: Episode 1
  • Contributed 1 track: "Don't Come Easy" -Nashville, Season 6: Episode 2
  • Contributed 2 tracks: "Stop the World (And Let Me Off)" with サム・パラディオジョナサン・ジャクソン and "Right Where You Want Me" with サム・パラディオ -Nashville, Season 6: Episode 4
  • Contributed 2 tracks: "Tearin Up My Heart" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン and "My Arms" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン -Nashville, Season 6: Episode 5
  • Contributed 2 tracks: "Go With It" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク and "Hold On (Not Leaving You Behind)" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク -Nashville, Season 6: Episode 6
  • Contributed 1 track: "Love is Loud" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク -Nashville, Season 6: Episode 7
  • Contributed 1 track: "Smoking the Boys" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク -Nashville, Season 6: Episode 8
  • Contributed 1 track: "Hard Days" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク -Nashville, Season 6: Episode 9
  • Contributed 1 track: "My Turn" -Nashville, Season 6: Episode 10
  • Contributed 1 track: "Go" with サム・パラディオ、ジョナサン・ジャクソン、レネー・ブレイク -Nashville, Season 6: Episode 16
  • Contributed 1 track: "A Life That's Good" with サム・パラディオ、レネー・ブレイク、ジョナサン・ジャクソン, and "A Life That's Good" with ヘイデン・パネッティーアコニー・ブリットンチャールズ・エステン、サム・パラディオ、クレア・ボウエン、ジョナサン・ジャクソン、レノン・ステラ、メイシー・ステラ、ロニー・コックス

サウンドトラック[編集]

シングル[編集]

Year Single Sales Album
2013 "What If I Was Willing" 4,000[15] The Music of Nashville: Season 2 Volume 1
2015 "Being Alone"[16] Pieces of You

ツアー[編集]

  • Nashville In Concert (2014)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chris Carmack (Luke) Bio”. 2006年1月31日閲覧。
  2. ^ Chris Carmack Biography”. 2019年5月2日閲覧。
  3. ^ Neil Wilkes (2004年3月29日). OC star may not be back for second season”. digital spy. http://www.digitalspy.co.uk/tv/a14057/oc-star-may-not-be-back-for-second-season.html 2008年4月28日閲覧。 
  4. ^ “[http://www.curtainup.com/entertainingmrsloaneny.html A CurtainUp Review Entertaining Mr. Sloane]”. Mar.17,2006閲覧。
  5. ^ Summer And Smoke, Apollo Theatre, London”. 2006年10月20日閲覧。
  6. ^ Butterfly Effect: Revelation”. Bloodydisgusting.com. 2009年6月7日閲覧。
  7. ^ Roots, Kimberly (2013年2月19日). “Nashville Exclusive: The O.C.‘s Chris Carmack Moves in as Scarlett and Gunnar’s [Spoiler]”. TV Line. 2013年3月2日閲覧。
  8. ^ Andreeva, Nellie (2013年3月5日). “Chris Carmack Joins ABC’s ‘Nashville’”. Deadline Hollywood. 2013年4月4日閲覧。
  9. ^ Goldberg, Lesley (2013年7月8日). “'Nashville' Promotes Three to Series Regular (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年7月9日閲覧。
  10. ^ https://www.bustle.com/p/who-plays-ortho-god-on-greys-anatomy-chris-carmack-is-going-to-shake-things-up-at-the-hospital-12067154
  11. ^ Nelson, Jeff (2016年3月2日). “Chris Carmack Is Engaged to Erin Slaver”. People. Time Inc.. 2017年7月16日閲覧。
  12. ^ Bakkila, Blake (2016年9月2日). “Chris Carmack and Erin Slaver Welcome a Daughter”. People. Time Inc.. 2017年7月16日閲覧。
  13. ^ Summer and Smoke @ Nottingham Playhouse”. 27/09/06閲覧。
  14. ^ BWW Review: Broadway Vets Shine in Delightful, Star-Studded INTO THE WOODS at the Hollywood Bowl”. 2019年7月27日閲覧。
  15. ^ http://roughstock.com/news/2013/10/13954-country-chart-news-the-top-30-digital-singles-october-16-2013-chase-rice-debuts-2-wready-set-roll-cassadee-pope-chris-young-blake-sheltons-latest-nearly-gold
  16. ^ Being Alone – Single by Chris Carmack”. iTunes Store (US). Apple Inc. 2015年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]