クリス・アンカー・セレンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・アンカー・セレンセン
Chris Anker Sørensen
Cycling (road) pictogram.svg
JCCRR 2009 winners.jpg
ジャパンカップで優勝したC・A・セレンセン
個人情報
本名 Chris Anker Sørensen
クリス・アンカー・セレンセン
(クリス・アンケア・セレンセン)
生年月日 (1984-09-05) 1984年9月5日(32歳)
国籍 デンマークの旗 デンマーク
身長 185cm
体重 64kg
チーム情報
所属 ティンコフ=サクソ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2007–
ティンコフ=サクソ
主要レース勝利
ドーフィネ・リベレ2008 区間1勝
ジャパンカップサイクルロードレース 2009
ジロ・デ・イタリア2010 区間1勝
最終更新日
2012年1月31日

クリス・アンカー・セレンセン[1](Chris Anker Sørensen、1984年9月5日 - )は、デンマーク、ハメル出身の自転車競技ロードレース)選手。J SPORTS cycle road raceではクリスアンケル・セレンセンの表記になっている。

経歴[編集]

2007年、チームCSC(現 ティンコフ=サクソ)と契約を結んでプロ転向。

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

特徴[編集]

タイプはクライマー。山岳での2番手アシストとして中盤でペースアップを図り、クライム能力に優れたエースアンディ・シュレクを引き上げるというシーンが09ツール中何度も見られた。

優勝ゴールの際、ガッツポーズの前に行うゼスチュアは「釣りでリールを巻く動作」である。

脚注[編集]

  1. ^ 名前表記は、 http://fr.wikipedia.org/wiki/Prononciation_du_danois を基にした。

外部リンク[編集]