クリストフ・クリタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリストフ・クリタ
生誕 (1964-04-27) 1964年4月27日(54歳)
日本の旗東京都千代田区
国籍 フランス
職業 漫画家
医師
ジャンル 青年漫画
代表作冒険野郎伝説「アヴァンチュリエ」
公式サイト Christophe Kourita Website
テンプレートを表示

クリストフ・クリタ1964年4月27日 - )は日仏において活躍する漫画家絵コンテ・ライター。「吉田クリストフ」の名でも活動している。また医師免許を持つ医者でもある。本名は非公開。

東京都千代田区出身。日本フランス国籍を持つ。

フランス・パリ市内に居を構えるが、日本における創作活動のため2006年より2010年まで東京都に居住。

2010年よりパリへ戻り、日本での活動に加えて欧州への作品発信も再開。フランスの出版社から単行本の出版を始めるなど、日本と欧州の間で活動を続けている。


17歳まで東京で教育を受けたが、東京の日仏リセにてバカロレア取得後フランスへ渡り、パリ第5大学(Université Paris Descartes) 医学部で医師免許を取得。

また同時に、フランス国立東洋言語文化研究所(通称INALCO)において4年間中国語を専攻。


1999年から2000年オランダアムステルダムに在住。現地にてオランダ語を習得する。以後、日本とフランスを自由に渡り歩きながら、漫画家・絵コンテ・ライターとして活躍。

1987年にアングレム国際漫画祭(フランス)新人賞ノミネート。

代表作に『おだいじに』、『冒険野郎伝説「アヴァンチュリエ」』など。

来歴[編集]

  • 1987年1988年にフランスのソルグ社より 江戸時代を舞台にした漫画作品、"Mashemalo"を出版。
  • 1987年にアングレム国際漫画祭(フランス)新人賞にノミネートされる。
  • 1991年1994年 東京に帰国、週刊モーニング講談社)にて、江戸時代の庶民の生活を落語調に描いた「おだいじに」を連載。医師としての知識を織り込み、医者を主人公に据えた。
  • 1993年 5月 単行本『おだいじに』1巻(ISBN 4-06-319383-7)刊行
  • 1994年 10月 単行本『おだいじに』2巻(ISBN 4-06-319541-4)刊行
  • 同年、『ヤングチャンピオン』(秋田書店)にて『マルセルの空』『スパイク』などSF短編を掲載。
  • 1994年 フランスへ戻り、アニメの絵コンテを描き始める。(Gaumont, Saban, Marathon animation, Ex-machina社)
  • 2004年から日本にて日仏合作のアニメシリーズ『オーバン・スター・レーサーズ』に携わる。
  • 2004年末より、コミックビームにて新シリーズ 『冒険野郎伝説「アヴァンチュリエ」』を連載。
  • 2008年4月 単行本『冒険野郎伝説「アヴァンチュリエ」』(Beam Comix) (ISBN 4-06-319383-7)刊行
  • 2008年5月から講談社ウェブコミック配信サイトMiChao!』内『ピテカントロプス』にて、以前より構想を練っていたフランスの妖怪もののカラー漫画作品『ディアボリカ』連載開始。
  • 2010年10月 フランスAnkama éditions社から『Encyclopedia Diabolica : Tome 1』を出版。
  • 2011年5月 フランスAnkama éditions社から『Encyclopedia Diabolica : Tome 2』を出版。
  • 2011年11月 公式ブログを開始。

人物[編集]

日本人の父とフランス人の母を持ち、両親の母語である日本語フランス語以外にも複数の言語を操るポリグロット(polyglot:他言語話者)である。クリストフ・クリタの主な使用言語はフランス語、日本語、英語、中国語、オランダ語、スペイン語など。

外部リンク[編集]