クリストファー遙盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストファー遙盟
生誕 1951年
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州
学歴 東京芸術大学大学院修了
職業 尺八奏者
担当楽器 尺八
公式サイト http://www.yohmei.com/

クリストファー遙盟(Christopher Yohmei Blasdel、1951年 - )は米国出身・日本在住の尺八奏者、執筆家、民族音楽研究家。[1]

人物[編集]

1972年に来日し竹盟社宗家山口五郎(後に人間国宝)に師事。1978年東京芸術大学に入学、1982年同大学院を修了。1984年に山口五郎より師範・雅号「遙盟」を授かる。
国際文化会館芸術監督(1987−2013)、テンプル大学講師(日本音楽)、プラハ尺八フェスティバルのシニア・アドバイザーなどを務める。合気道四段。

ディスコグラフィ[編集]

  • 迦楼羅の夜 (1986年、テイチク
  • 遙なる笛 (1986年、テイチク)
  • 禅問答 (1996年、Moon Bridge)
  • Heart of Bamboo (1998年、Copper Canyon Press)
  • 浩々妙音 (2005年、Bright One Records)
  • BreathPlay (2007年、CD Baby)
  • NAVARASA (2010年、CD Baby)
  • Striking Light, Striking Dark (2015年、CD Baby)

著書[編集]

  • 尺八オデッセイ—天の音色に魅せられて (2000年、河出書房新社蓮如賞受賞作品)
  • ザ・尺八ー演奏習得の手引き (2005年、音楽之友社
  • The Shakuhachi, A Manual for Learning (2008年、Printed Matter Press)
  • The Single Tone—A Personal Journey into Shakuhachi Music (「尺八オデッセイ—天の音色に魅せられて」の英語版、2005年、Printed Matter Press)

脚注[編集]

外部リンク[編集]