クリストファー・エドモンド・ブルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クリストファー・エドモンド・ブルーム(Christopher Edmund Broome、1812年7月24日 - 1886年11月15日)はイギリスの菌学者である。

略歴[編集]

ハートフォードシャーのバークハムステッド(Berkhamsted)で弁護士の息子に生まれた。ケンブリッジ大学のトリニティ・ホールに入学し1836年に卒業した。博物学に興味を持ち、植物学者のスウェイツ(George Henry Kendrick Thwaites)と友人となった。キノコの専門家となり、採取した標本を菌類研究者のマイルズ・ジョセフ・バークリー師に送った。バークリーとともに、『イギリスのキノコ紹介』("Notices of British Fungi" )のシリーズを37年以上、刊行し、共同で550の新種を記載した。

スウェイツがスリランカで収集した標本や、オーストラリアブリスベンからのコレクションを記載した。ブルーム単独の著作はサマセットウィルトシャーのキノコに関するものがある。特に、トリュフに関心を持っていたが、広くキノコを収集し、ブルームの没したとき、40,000点の菌類の標本が残され、その大半はキューガーデンに保存されている。

1866年にロンドン・リンネ協会フェローに選ばれた。菌類の属名、BroomeiaBroomella に献名されている他、Nectriopsis broomeanaなどの10数種の菌類の種に名前がつけられている。

Broomeは、植物の学名命名者を示す場合にクリストファー・エドモンド・ブルームを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Berkeley, M.J. & Broome, C.E. (1850). Notices of British fungi. Annals and Magazine of Natural History Ser. 2, 5: 455-466.
  • Berkeley, M.J. & Broome, C.E. (1871). The fungi of Ceylon. Journal of the Linnean Society Botany 11: 469-572.
  • Berkeley, M.J. & Broome, C.E. (1880). List of fungi from Brisbane, Queensland with descriptions of new species. Transactions of the Linnean Society of London Ser. 2, 1.
  • Broome, C.E. (1864). The fungi of Wiltshire. The Wiltshire archaeological and natural history magazine 8: 170-198.
  • Broome, C.E. (1870). Remarks on some of the fungi met with in the neighbourhood of Bath. Proceedings of the Bath Natural History and Antiquarian Field Club 2: 55-98.

参考文献[編集]

  • Broome, Christopher Edmund (BRM832CE)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge.
  • anon. (1887). Obituary: Christopher Edmund Broome. Proceedings of the Linnean Society of London 1886-7: 34-35.
  • Murray, G. (1887). Christopher Edmund Broome. Journal of Botany 25: 148-150.
  • Ainsworth, G.C. (1996). Brief biographies of British mycologists. Stourbridge: British Mycological Society