クリステン・プレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリステン・プレス Football pictogram.svg
Christen Press 2015.jpg
(2015年アルガルベ・カップ)
名前
本名 クリステン・アンマリー・プレス
Christen Annemarie Press
愛称 CP23
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
生年月日 (1988-12-29) 1988年12月29日(29歳)
出身地 ロサンゼルス
身長 170cm(5フィート7インチ)
選手情報
在籍チーム シカゴ・レッドスターズ
ポジション FW
背番号 23
利き足 右足
ユース
スラマーズFC
2003–2007 チャドウィック・ドルフィンズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009–2010 パリ・ブルーズ 10 (4)
2011 マジックジャック 19 (8)
2012 コッパルベリ/ヨーテボリFC 21 (17)
2013–2014 ティーレソーFF 26 (25)
2014– シカゴ・レッドスターズ 24 (17)
代表歴
2008 アメリカ女子代表 U-20 0 (0)
2009–2010 アメリカ女子代表 U-23 6 (4)
2013– アメリカ女子代表 66 (33)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリステン・アンマリー・プレス1988年12月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女子サッカー選手。現在はNWSLのシカゴ・レッドスターズ所属。サッカーアメリカ合衆国女子代表スタンフォード大学出身。ポジションはフォワード

経歴[編集]

幼少時代[編集]

クリステン・プレス(2015年)

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、姉、妹とともにサウスベイのパロス・ヴェルデスで育った。[1] 5歳の時にサッカーを始め、チャドウィック・スクールに通った。 [2] チームで2年間キャプテンを務め、4年間は高校生のチームでレギュラーだった。また、陸上競技とテニスも習っていた。[3] 2006年、NSCAA(全米サッカー指導者協会 )が選出する全米女子高校生選抜と、パレード誌が選出する全米女子高校生選抜に名を連ねた。高校通算での成績は128ゴール(そのうち38ゴールは中学生のときに出場した)で 、学校のレコードを塗り替えた。南地区ディビジョン4のオフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに2度選出され、プレップリーグのオフェンシブ部門のMVPに4度選出された。[3]

プレスはニューポートビーチのスラマーズFCというクラブチームでもプレーしており、米ユースサッカー協会全国大会で最多得点者に贈られるゴールデンブーツを獲得した。[3][4]

スタンフォード・カージナル、2007-2010年[編集]

プレスはスタンフォード大学の女子サッカーチームで71ゴールを記録し、これは最多得点記録保持者となってる。[5] その他にも通算183ポイント(1ゴール=2pt、1アシスト=1ポイントで集計)、41アシスト、シュート数500、1シーズンにおけるシュート数180、決勝点10はいずれも学校記録である。4年生の時に記録した1シーズン26ゴールはチームの歴代タイの記録である。[3]

1年生の時に21試合に出場し、そのうち18試合がスターティングメンバーだった。プレスは得点ランク2位の8ゴール、22ポイント、6アシスト、シュート数60でチームを牽引した。NCAA女子ディビジョン1トーナメントのカリフォルニア州立大学戦で開始わずか37秒という試合開始最短ゴールの学校記録を打ちたて、2ゴール1アシストで試合に7-0で勝利した。[3] Pac-12の年間最優秀新人と全米新人オールスターに選出された。[6] 2年生のときには16ゴール11アシスト、チームで全試合に先発出場した5人のうちの1人だった。1シーズン43ポイントは同大学歴代2位の記録だった。NCAAディビジョン1トーナメント準々決勝のポートランド・パイロッツ戦で86分に決勝点を上げ、チームを準決勝に導いた。プレスはチームでNCAAカレッジカップのオールスターに選出された唯一の選手となった。[3]

3年生の時に記録した16アシスト、シュート数143はシーズン新記録だった。また、21ゴールを挙げたうち、7ゴールが決勝点だった。1シーズン58ポイントは2年生のときの記録を上回り、全米でも3位にランクインした。プレスはブリガムヤング大学戦で開始わずか23秒でゴールを上げ、前年の開始最短得点記録を更新した。 [3]UCLAブルーインズ戦ではゴールデンゴールとアシストを記録し、スタンフォード・カージナルを初めてNCAAディビジョン1トーナメントの決勝へと導いた。[7] NCAAカレッジカップ決勝のノースカロライナ大学ターヒールズ戦では、プレスが89分にゴールしたかと思われたがオフサイドとなり、試合に敗れた。[8]シーズン終了後、NCAAカレッジカップオールスターチームに2度目の選出された。また、All-Pac-10のファーストチームにも選出され、ハーマン・トロフィー賞(全米大学最優秀選手)のセミファイナリストにもなった。 [3][9]

4年生の時にゴール数とポイント数(1ゴール=2pt、1アシスト=1ptで集計)で全米大学トップを記録し、ハーマン・トロフィー賞を受賞した。前年の2009年にはスタンフォード大学のケリー・オハラが同賞を受賞しており、同大学の選手が2年連続での受賞となった。[10][11] また、学業でも優秀な成績を残しており、全米アカデミック賞とPac-10の年間スカラーアスリート賞サッカー選手部門を受賞した。

スタンフォード時代の成績[編集]

出場  先発  得点 アシスト
2007年 21 18 8 6
2008年 25 25 16 11
2009年 26 26 21 16
2010年 26 26 26 8
合計 98 95 71 41

クラブキャリア[編集]

マジックジャック、2011年[編集]

クリステン・プレス(最右)、マジックジャックのチームメートと。ボストン・ブレーブス戦(2011.8.6)。(その他に写っているのは左からベッキー・ソーアーブラン、クリスティ・ランポーン、マリアン・ドゥハティ、サラ・ホフマン、アビー・ワンバック、シャノン・ボックス。)

2011年のWPSドラフトでワシントン・フリーダムから全体4位で指名された。[12][13] 新しいオーナーのもと、チームは本拠をフロリダに移し、チーム名はマジック・ジャックに変更された。プレスのチームでの初ゴールは2011年5月に行われたアトランタ・ビート戦の64分で、チームも2-0で勝利した。プレスは「凄く良いフィニッシュだった。フォワードとして、出場すればすべての試合でゴールすることが仕事だと思っているし、ようやくそれが達成できてよかった。」と述べた。[14] 2011年7月のボストン・ブレーカーズ戦ではハットトリックを達成し、チームを4-0の勝利に導いた。チームは6勝6敗2分でシーズンを終えた。。[15][16]プレスはこのハットトリックの活躍もあり、アメリカサッカー協会の年間最優秀新人に選出された。2011シーズンを19試合(16試合先発)に出場し、8ゴールは得点ランク3位だった。[17] [18] シーズンオフに、アトランタビートと契約したが、リーグはシーズンが始まる前に休止に追い込まれた。[19] [20]このときの心境についてプレスは「まるで失業したようだった」と語っている[21]

コッパルベリ/ヨーテボリFC、2012年[編集]

2012年の初頭にWPSが休止になったとき、プレスはサッカー選手としてのキャリアを続けるために、単身スウェーデンに渡り[21]ダームアルスヴェンスカン(スウェーデンにおける女子サッカー最高峰リーグ)に所属するコッパルベリ/ヨーテボリFCと契約した。[22]プレスはしかしこのとき、「アメリカ女子代表でプレーする」という自分の夢は潰えたと思ったという(当時のアメリカ女子代表は国内リーグに所属する選手しか招集しないという方針だった)。プレスは後に「スウェーデンに渡ったとき自分はもうオリンピックやワールドカップでプレーすることはないのだと思った。代表チームは自分のキャリアには縁のないもので、それがなくても自分で出来るかぎりのキャリアを選び取る必要があった」と語っている。[21]

ヨーテボリでの最初の試合はUEFA女子チャンピオンズリーグ 2012-13の準々決勝アーセナル戦だったが、0-3で敗れた。[23]

ヨーテボリでのレギュラーシーズンでのデビューは2012年4月10日の試合で、試合開始わずか5分間で2得点を上げた。[24] その1ヶ月後のKIFエレブルー戦ではまたしても5分間に2得点を上げ、チームは6-0で勝利した。[25] 8月25日のウメオ戦では61分と63分の2分間に2得点を記録し、チームを5-0の勝利に導いた。[26] プレスはダームアルスヴェンスカンでシーズン17ゴール(リーグ2位)を上げ、年間通算では25得点を記録した。[27]

スウェーデン・カップの準々決勝クリシャンスタード 戦では、41分と59分にゴールを上げ、チームを3-0の勝利に導いた。[28] 2012年8月に行われた準決勝のLdB FCマルモ戦では、13分にゴールを上げ、チームを2-1の勝利をもたらし、チャンピオンシップ決勝へと導いた。[29] 決勝のティーレソーFF戦では前半9分に得点し、2-1で勝利した。[30]

ティーレソーFFでプレーするプレス(2013年)

ティーレソー FF、2013-2014[編集]

2013年の初頭、プレスはダームアルスヴェンスカン王者でストックホルムに本拠地を構えるティーレソーFFと契約を結んだ。[31] ティーレソーでのデビューとなったヴィットショー GIK戦では前半14分にゴールを上げ、チームを2-0の勝利に導いた。[32] スナーノSK戦では4ゴールを決め、10-2で勝利した。[33][34] 次のJitex BK戦では2ゴールでチームを7-0の勝利に導いた。[35] 6月9日のクリシャンスタード DFF戦ではハットトリックを達成し、5-1で勝利した。[36] 続く2戦では連続で2ゴールを記録し、8月24日のJitex IK戦では2度目のハットトリックを達成した。チームは5-0で勝利した。 [37] 次のスナーノIF戦で、2戦連続となる3度目のハットトリックを達成し、8-0で勝利した。[38] リーグ最終戦は古巣であるヨーテボリFCが相手となり、プレスは2ゴールを上げ、チームを4-1で勝利した。[39]

プレスはシーズン23ゴールでリーグ得点王を獲得した(アメリカ人選手としてはダームアルスヴェンスカン史上初)。ティーレソーは14勝6敗2分けで2位でシーズンを終え、2014-15UEFA女子チャンピオンズリーグの出場権を獲得。[40] 2013年10月、2013-14UEFA女子チャンピオンズリーグのラウンド32でパリ・サンジェルマンFC相手に2ゴールを決め2-1の勝利に導き、ラウンド16に進出した。[41]

シカゴ・レッドスターズ、2014年–現在[編集]

シカゴ・レッドスターズの選手としてウォーミングアップをするクリステン・プレス(2015年5月2日)

2014年1月4日、米・NWSL所属のシカゴ・レッドスターズが、クリステン・プレスが2014シーズンのロスターに加わると発表した。ただし、ティーレソーFFとの契約が残っていたため、プレスがアメリカに復帰したのはシーズン途中の6月末であった。[42]

2014年シーズンはシーズン途中からの加入のだったために出場試合数はわずか12試合だったが、チームトップの6得点を記録し、チームからゴールデンブーツ賞を贈られた。[43]

7月4日の敵地プロビデンス・パークで行われた前年チャンピオンのポートランド・ソーンズとの試合では、前半終了時点で0-2とリードされながらも、プレスが76分に1点を返すゴールを決めると、82分に2点目となる同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだ。[44] 8月16日のウエスタン・ニューヨーク・フラッシュ戦で再び1試合2ゴールを記録した。[45]

シカゴはシーズンを9勝7敗8分けの5位で終え、プレスは2014NWSLセカンド(第2)ベストイレブンに選出された。[46] [47]

2015シーズンも引き続きシカゴでプレーした。ホーム開幕戦では、前年レギュラーシーズン1位で代表GKホープ・ソロを擁するシアトル・レインFCと対戦し、前半先制された直後に同点ゴールを決めると、同点で迎えた後半ロスタイムに右サイドを駆け上がるとドリブルで相手ディフェンダー2人を抜き去り決勝点となるゴールを決めた。この試合でソロから2ゴールを奪い、2G1Aの活躍でチームを3-2の勝利に導いた。[48] この活躍でプレスはNWSL週間MVP(第2週)に選出された。[49]

4月25日のポートランド・ソーンズ戦で2得点を記録したのを含め、4月は4ゴール1アシストの活躍でNWSL月間MVPに選出され、その時点でリーグの得点ランクでトップに立った。[50] プレスはその後2015 FIFA女子ワールドカップのメンバーに招集されたためリーグ戦の8試合には出場しなかったが、大会後には前年チャンピオンのFCカンザス・シティ戦での2ゴールを含め、3試合で4ゴールを記録した。

統計[編集]

クラブ シーズン リーグ プレーオフ/カップ戦 UEFA 合計
出場 ゴール 出場 ゴール 出場 ゴール 出場 ゴール
パリ・ブルーズ 2010年 10 4 - - - - 10 4
マジックジャック 2011年 17 8 2 0 - - 19 8
ヨーテボリFC 2012年 21 17 6 5 6 3 33 25
ティーレソーFF 2013年 20 23 4 11 9 9 33 43
シカゴ・レッドスターズ 2014年 12 6 0 0 0 0 12 6
2015年 11 10 0 0 0 0 11 10
合計 23 16 0 0 0 0 23 16
通算成績 91 68 12 16 15 12 118 96

代表[編集]

アメリカ女子代表のクリステン・プレス(アバイア・スタジアム、2015年5月)

プレスはU-20アメリカ女子代表やU-23同代表を含む各年代の代表に選出されてきた。2012年、A代表に選出され、ロンドンオリンピックのバックアップメンバーとして招集された。[51][52]プレスが代表デビューを果たしたのは2013年2月9日スコットランド戦であった。右MFのポジションで先発し、代表初ゴールを含む2ゴールを上げると、アメリカの3点目のゴールをアシストした。プレスは1996年のシンディ・パーロウ・コーンと2000年のシェリル・ケスターに次ぐアメリカ代表史上3人目の代表デビュー戦で2ゴールを記録した選手となった。アメリカはスコットランドを4-1で下し、プレスはバドワイザー・ウーマン・オブ・ ザ・マッチ に選出された。[53][54][55]4日後に行われた同じくスコットランド代表戦でもプレスはゴールを上げ、アメリカ代表は2-0で勝利した。プレスはアメリカ代表史上初めて代表デビューから2戦で3ゴールを記録した選手となった。[56]

2013 アルガルベ杯[編集]

プレスの代表3試合目は2013年のアルガルベ杯のグルプステージ第1戦アイスランド戦だった。64分にカーリー・ロイドとの交代で途中出場すると、チームの3-0の勝利に貢献した。[57]

グループステージ第2戦の中国戦では代表4ゴール目を挙げ、5-0で勝利した。このゴールでアメリカ代表史上4人目の代表デビュー4戦で4ゴールを記録した選手となった。[58] プレスはその後ノックアウトステージのアメリカ代表前監督のピア・スンドハーゲが率いるスウェーデン戦と決勝のドイツ戦に出場した。[59] アメリカは決勝でドイツに2-0で勝利した。 プレスは代表デビュー1年目を12試合8ゴールで終えた。

2014年[編集]

プレスは2014年の最初の親善試合3試合で3ゴールを記録した。代表監督のトム・サーマンニによってアルガルベカップのメンバーに選出された。2月8日と13日のロシア戦でそれぞれ1ゴールずつ記録した。ブラジリアで開催されていた女子サッカーの国際トーナメントのアルゼンチン戦で4ゴールを挙げ、7-0の勝利に貢献した。[60]

2015 FIFA女子ワールドカップカナダ大会[編集]

プレスは2015 FIFA女子ワールドカップのアメリカ代表に選出された。プレスのワールドカップデビューは6月8日に行われたオーストラリア戦で、61分にワールドカップ初ゴールを記録した。[61]プレスはこの大会7試合のうち4試合でプレーし、2試合で先発出場した。[62]

代表成績[編集]

出場 先発 出場時間 ゴール数  アシスト数  90分当たりのゴール数
2013年 12 5 554 8 2 1.3
2014年 23 14 1322 11 5 0.8
2015年 17 13 1097 10 4 1.2
2016年 11 3 460 4 2
合計 66 32 2973 34 13 1.1

最新更新日 2016-4-30[63][64][65]

代表ゴール[編集]

受賞歴[編集]

代表[編集]

個人[編集]

  • ハーマン・トロフィー賞(全米大学最優秀選手):1回 (2010年)
  • Pac-10カンファレンス・プレイヤーオブザイヤー:2010年[66]
  • トップドサッカー選手の年間最優秀賞を受賞:2010年
  • WPS 年間最優秀新人:1回 (2011年)
  • ダームアルスヴェンスカン ゴールデンブーツ賞(Tyresö FF):1回 (2013年)
  • UEFA最優秀女子選手 候補:1回 (2013年)
  • NWSL ベストイレブン:1回 (2015年)
  • NWSL セカンドベストイレブン:1回 (2014年)
  • NWSL 週間MVP:1回 (2015年 第2週)
  • NWSL 月間MVP:1回 (2015年4月)

クラブ[編集]

  • スウェーデン・カップ(Kopparbergs/ヨーテボリFC): 2012年

脚注[編集]

  1. ^ Christen Press blogs about her new post in Sweden”. Stanford University. 2013年1月9日閲覧。
  2. ^ Barron, Silviano. “Q/A with Christen Press”. Pali Blues. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Christen Press player profile”. Stanford University. 2014年9月22日閲覧。
  4. ^ US Youth Soccer ODP a Common Thread Among Soccer America’s Women’s Preseason All-Americans”. US Youth Soccer (2010年8月30日). 2013年10月23日閲覧。
  5. ^ Stanford soccer star Christen Press seeks a national title and a call from U.S. national team, San Jose Mercury News, December 3, 2010.
  6. ^ French, Scott (2010年12月3日). “Press is No. 1 Stanford difference-maker”. ESPN. 2013年10月22日閲覧。
  7. ^ Stanford Athletics (2009年12月4日). “Stanford Presses On to NCAA Final”. Stanford University. 2013年10月23日閲覧。
  8. ^ Stanford Falls in NCAA Soccer Final”. Stanford University (2009年12月6日). 2014年9月22日閲覧。
  9. ^ Graham, Hays (2010年12月2日). “Christen Press leads balanced Stanford”. ESPN. 2013年10月23日閲覧。
  10. ^ Christen Press Wins Hermann Trophy”. Stanford University (2011年1月7日). 2014年9月22日閲覧。
  11. ^ Hays, Graham (2011年1月8日). “Press finishes career on top”. ESPN. 2013年10月22日閲覧。
  12. ^ Press Goes Fourth in WPS Draft”. Stanford University. 2013年1月8日閲覧。
  13. ^ Promising Female Player Stows Her Passport”. The New York Times. 2013年1月8日閲覧。
  14. ^ Thaxton, Haley (2011年5月8日). “magicJack 2–0 Atlanta Beat: Press opens scoring campaign”. Equalizer Soccer. 2013年10月23日閲覧。
  15. ^ Christen Press' hat trick follows Abby Wambach's goal in magicJack's 4–0 win over Boston”. The Palm Beach Post. 2013年1月8日閲覧。
  16. ^ Fainberg, Jess (2011年7月31日). “Press, magicJack sink Breakers 4–0”. Equalizer Soccer. 2013年10月23日閲覧。
  17. ^ Press named Rookie of the Year”. Palo Alto Online. 2013年1月8日閲覧。
  18. ^ Christen Press”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  19. ^ WPS 2011 Season”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  20. ^ Bretherton, William (2011年12月2日). “Beat sign former Stanford scoring star Press”. Marietta Daily Journal. 2013年10月23日閲覧。
  21. ^ a b c MEET CHRISTENU.S.Soccer公式サイト、2016年5月8日閲覧。
  22. ^ 15.
  23. ^ Christen Press: Hindsight”. Stanford University. 2013年1月8日閲覧。
  24. ^ GÖTEBORG FC VS. DJURGÅRDEN 2 – 0”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  25. ^ KIF ÖREBRO VS. GÖTEBORG FC 0 – 6”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  26. ^ GÖTEBORG FC VS. UMEÅ 5 – 0”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  27. ^ Göteborg FC tappar sin bästa målskytt”. Göteborgs-Posten. 2013年1月8日閲覧。
  28. ^ GÖTEBORG FC VS. KRISTIANSTAD 3 – 0”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  29. ^ GÖTEBORG FC VS. LDB MALMÖ 2 – 1”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  30. ^ Studio KGFC, Vinnare av Svenska Cupen 2012”. Goteborg FC. 2013年1月8日閲覧。
  31. ^ Kennedy, Paul (2013年1月4日). “Press joins Swedish champion Tyreso”. Soccer America. 2013年1月8日閲覧。
  32. ^ VITTSJÖ VS. TYRESÖ 0 – 2”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  33. ^ TYRESÖ VS. SUNNANÅ 10 – 2”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  34. ^ Gladys, Maura (2013年5月21日). “Press Scores Four to Take Scoring Lead in Sweden”. American Soccer Now. 2013年10月23日閲覧。
  35. ^ JITEX VS. TYRESÖ 0 – 7”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  36. ^ TYRESÖ VS. KRISTIANSTAD 5 – 1”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  37. ^ TYRESÖ VS. JITEX 5 – 0”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  38. ^ SUNNANÅ VS. TYRESÖ 0 – 8”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  39. ^ TYRESÖ VS. GÖTEBORG FC 4 – 1”. Soccer Way. 2013年10月23日閲覧。
  40. ^ Kassouf, Jeff (2013年10月12日). “Press scores two more; will be first American to win Damallsvenskan golden boot”. Equalizer Soccer. 2013年10月21日閲覧。
  41. ^ Kassouf, Jeff (2013年10月23日). “Christen Press talks USWNT, possible NWSL future”. Equalizer Soccer. 2013年10月23日閲覧。
  42. ^ 10, 2015 Chicago Red Stars Acquire Christen Press” (2014年1月3日). 2016年3月8日閲覧。
  43. ^ Christen Press Awarded Red Stars Golden Boot”. chicagoredstars.com (2014年9月5日). 2014年9月16日閲覧。
  44. ^ NWSL Match Recap: Portland Thorns FC 2, Chicago Red Stars 2”. Portland Timbers (2014年7月4日). 2015年4月10日閲覧。
  45. ^ Chicago Red Stars vs Western New York Flash 3–3”. Soccer Way. 2015年4月10日閲覧。
  46. ^ 2014 NWSL season”. Soccer Way. 2015年4月10日閲覧。
  47. ^ NWSL Announces 2014 Best XI”. National Women's Soccer League (2014年8月29日). 2015年4月10日閲覧。
  48. ^ Reign Recap: Still Can't Solve Chicago, Lose In Injury Time”. Sounder at Heart (2015年4月18日). 2015年4月29日閲覧。
  49. ^ The Red Stars’ Christen Press And The Portland Thorns Battle To Epic Tie”. The 18 (2015年4月27日). 2015年4月29日閲覧。
  50. ^ RED STARS' CHRISTEN PRESS VOTED PLAYER OF THE MONTH”. nwslsoccer.com. 2016年3月8日閲覧。
  51. ^ Sundhage picks 6 newcomers for U.S. Olympic team”. Sports Illustrated. 2013年1月8日閲覧。
  52. ^ Christen Press player profile”. BBC. 2013年1月8日閲覧。
  53. ^ Fainberg, Jess (2013年2月9日). “Impressive debut leads US to 4–1 win over Scotland”. Equalizer Soccer. 2013年11月9日閲覧。
  54. ^ U.S. Women's National Team Begin Year with 4–1 Win against Scotland”. U.S. Soccer Federation (2013年2月9日). 2013年11月9日閲覧。
  55. ^ Farley, Richard (2013年2月9日). “Assessing the aftermath of Christen Press’s bombshell debut”. NBC Sports. 2013年11月9日閲覧。
  56. ^ U.S. WNT Wins Second Straight Against Scotland”. 2016年5月17日閲覧。
  57. ^ Rachel Buehler Scores in Her 100th Career Cap as USA Defeats Iceland 3–0 to Open 2013 Algarve Cup in Portugal”. U.S. Soccer Federation (2013年3月6日). 2013年11月9日閲覧。
  58. ^ U.S. WNT Finishes Algarve Cup Group Stage Against Sweden”. US Soccer. 2013年3月13日閲覧。
  59. ^ U.S. WNT and Germany Vie for 2013 Algarve Cup Title on March 13 in Faro, Portugal”. US Soccer. 2013年3月13日閲覧。
  60. ^ Press scores four as USWNT thumps Argentina”. The Equalizer (2014年12月18日). 2014年12月18日閲覧。
  61. ^ FIFA.com – FIFA Women's World Cup Canada 2015™ – Matches – USA-Australia”. FIFA.com. 2016年5月20日閲覧。
  62. ^ FIFA Women's World Cup Canada 2015™ – Matches”. FIFA. 2015年8月11日閲覧。
  63. ^ U.S. SOCCER FEDERATION 2014 WOMEN’S NATIONAL TEAM MEDIA GUIDE (PDF)”. U.S. Soccer (2014年1月1日). 2014年9月14日閲覧。
  64. ^ U.S. Women's National Team Stats page”. U.S. Soccer. 2014年8月28日閲覧。
  65. ^ 2015 Statistics”. United States Soccer Federation. 2015年4月1日閲覧。
  66. ^ Christen Press Named Pac-10 Player of the Year”. Stanford University (2010年11月10日). 2015年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]