クリスティーネ・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリスティーネ・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプ
Christine von Holstein-Gottorp
スウェーデン王妃
Christina of Sweden (1573) c 1610.jpg
出生 1573年4月13日
キール
死去 (1625-12-08) 1625年12月8日(52歳没)
グリプスホルム宮殿
埋葬  
ストレングネース大聖堂
配偶者 スウェーデンカール9世
子女 クリスティーナ
グスタフ2世アドルフ
マリア・エリサベト
カール・フィリップ
父親 ホルシュタイン=ゴットルプ公アドルフ
母親 クリスティーネ・フォン・ヘッセン
テンプレートを表示

クリスティーネ・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプドイツ語:Christine von Holstein-Gottorp, 1573年4月13日 - 1625年12月8日)は、スウェーデンカール9世の2度目の妃。スウェーデン語名クリスティーナ(Kristina av Holstein-Gottorp)。

生涯[編集]

ホルシュタイン=ゴットルプ公アドルフと、ヘッセン方伯フィリップ1世の娘クリスティーネの娘として、キールで生まれた。

1592年7月8日、当時セーデルマンランド公だったカールと結婚(カールは1599年にスウェーデン摂政となり、1604年に即位した)。2人の間には4子が生まれた。

クリスティーナは強い意志の女性で、支配者として有能だったといわれる。2人とも性格が非常に似ていたため、夫との結婚生活はおおむね幸福であったといわれた。彼女は夫に同行してしばしば外国旅行をしており、1600年から1601年にかけエストニアフィンランドへ行った。彼女が政治に口を出し夫に影響を及ぼしたことはないが、クリスティーナは尊敬され、畏れられた。しかし、クリスティーナはカール9世が国を不在にした1605年には摂政を務め、次男カール・フィリップがロシア皇帝に招かれた1610年から1612年にかけては、出国を阻止しようとしたことが知られる。また、彼女は長男グスタフ・アドルフが愛人エバ・ブラーエと結婚しようとした時にも、これをやめさせている。

1625年、クリスティーナはグリプスホルム宮殿で没した。