クリスティーネ・シェーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスティーネ・シェーファーChristine Schäfer, 1965年5月3日 - )は、ドイツソプラノ歌手。

西ドイツ(当時)のフランクフルトに生まれる。1984年から1991年までベルリン芸術大学に在籍し、イングリット・フィグールとアリベルト・ライマンに師事した。またアーリーン・オジェーディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのマスタークラスにも出席した。

1992年に学業を終えると、インスブルック歌劇場にデビューした。翌1993年にはサンフランシスコにおいて『ばらの騎士』のゾフィー役を歌って米国デビューを果たした。1995年にはザルツブルク祝祭週間においてベルクの『ルル』のタイトルロールを演じて大絶賛を博し、後にルル役でメトロポリタン歌劇場グラインドボーン音楽祭にも出演した。その他の著名な役柄に、ドロットニングホルム宮廷劇場における『アルチーナ』のタイトルロールや、パレ・ガルニエにおける『ドン・ジョヴァンニ』のドンナ・アンナ役がある。

レパートリーはバロック・オペラから現代音楽まで幅広く、バッハカンタータモーツァルトのオペラ、シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』、ブーレーズの『プリ・スロン・プリ』などがある。また、歌曲の代表的な録音に、シューベルトの『冬の旅』やシューマンリート集、ショーソンドビュッシーメロディ集がある。

夫は映画監督のオリヴァー・ヘルマン(2003年9月に40歳で逝去)。2002年に第一子を出産した。

外部リンク[編集]