クリスティーナ・ラウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティーナ・ラウ(左)

クリスティーナ・ラウドイツ語: Christina Rau1956年10月30日 - )は、ドイツファーストレディ。同国第8代大統領ヨハネス・ラウの配偶者である。

経歴[編集]

1956年10月30日、のちに西ドイツ大統領を務めるグスタフ・ハイネマンの次女クリスタの娘として、西ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州ビーレフェルトに生まれた。スイススコットランドの全寮制学校を卒業している。特にスコットランドで通っていたのは、多くのイギリス王室メンバーが学んだゴードンストウンであり、クラスメイトにはヨーク公爵アンドルー王子がいた。その後、ロンドン大学キングス・カレッジ・ロンドンアベリストウィス大学英語版で政治学や経済学、歴史学を学んだ。

1982年8月9日に、当時はまだノルトライン=ヴェストファーレン州首相であったヨハネス・ラウと結婚する。ヨハネスは25歳年上だった。2人の間には、1983年にアンナ・クリスティーナ、1985年にフィリップ・イマヌエル、1986年にラウラ・ヘレーネの3人の子供が生まれた。1999年までエルバーフェルトに居住しており、それ以降はベルリンに移った。

ユニセフ赤十字の活動に尽力している。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Reply to a parliamentary question about the Decoration of Honour (pdf)” (German). p. 1654. 2012年11月閲覧。
  2. ^ Estonian Presidency Website (Estonian), Estonian State Decorations, Christina Rau
  3. ^ Icelandic Presidency Website (Icelandic), Order of the Falcon, Johannes & Christina Rau, 1 July 2003, Grand Cross with Collar & Grand Cross respectively
  4. ^ Boletín Oficial del Estado

参考文献[編集]