クリスティーナ・グリミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティーナ・グリミー
Christina Grimmie 2014.jpg
2014年
基本情報
出生名 Christina Victoria Grimmie
生誕 (1994-03-12) 1994年3月12日
出身地 ニュージャージー州マールトン
死没 (2016-06-10) 2016年6月10日(22歳没)
フロリダ州オーランド
ジャンル
職業
  • シンガー
  • ソングライター
  • ピアニスト
担当楽器
活動期間 2009 – 2016
レーベル
共同作業者
公式サイト 公式ウェブサイト

クリスティーナ・ヴィクトリア・グリミーChristina Victoria Grimmie, 1994年3月12日 - 2016年6月10日[1]は、アメリカ合衆国シンガーソングライターYouTuber。「The Voice」への出演と、様々なヒット曲のカバーでよく知られる。2011年6月にデビューEP「Find Me」をリリースした。2012年6月には他人のカバーを止めて、オリジナル曲を書き始めたいと記者に語った[2]

2014年にグリミーはNBCのテレビオーディション番組「The Voiceシーズン6に出演し、3位に輝いた。番組で彼女を指導したアダム・レヴィーンは、フィナーレで結果に関係なく自身のレーベル、222レコードで歌わせることを発表した。ジャスティン・ビーバーリル・ウェインも同様に番組で彼女をサポートし、リル・ウェインは自身のレーベル、ヤング・マネー・エンターテインメントとの契約を申し出た[3]。彼女はアイランド・レコードと契約した[4]が、間もなく契約を解除した[5]

2016年6月10日、グリミーはフロリダ州オーランドビフォー・ユー・エグジットとのコンサート終了後、彼女の熱狂的なファンの男性によって銃撃された。犯人は犯行後自殺した。彼女は危篤状態で病院に搬送され、数時間後に死亡が発表された[6]

生い立ち[編集]

グリミーはニュージャージー州マールトンで成長し、バプテスト・リージョナル小学校、チェロキー高等学校に通った[7][8]。彼女はイタリア系およびルーマニア系であった[9]。父親は彼女が6歳の時に歌の才能に気付き[10]、彼女は10歳でピアノを始めた[11] 。多くのビデオやインタビューで彼女は自身がクリスチャンであることを語っている[12]。彼女は2010年は学校に通わず自宅で学習した[13]

経歴[編集]

2009年~2010年:YouTubeで発見され、注目をされ始める[編集]

2009年、彼女が15歳のときに最初に動画を投稿したのは、動画共有サイトYouTubeの自身のアカウントであった。 彼女が初めて投稿した動画は、ハンナ・モンタナ"Don't Wanna Be Torn"だった。 彼女が2009年の夏に投稿したマイリー・サイラス"Party in the U.S.A."のカバーが、認識され始めた最初だった。 2010年に、同じくYouTubeにて自身のカバーソングを投稿し、有名になっていたSam Tsuiとデュエットしたネリーの"Just a Dream"は、1億4千700万回の視聴数を記録している。[14] 彼女が初めて動画を投稿して以来、2013年4月28日までに、3億7千500万回の視聴数と、200万人以上が彼女のアカウントをフォローしていた。それは、彼女がYouTubeにおいて、もっともフォロー数が多い歌手歴代4位という驚異的なものだった。 また、MyYouTube competitionにおいては、セレーナ・ゴメスに次ぐ2位の座に輝き、リアーナニッキー・ミナージュジャスティン・ビーバーなどを凌いだ。 YouTubeでの彼女の人気が高まるにつれて、セレーナ・ゴメスの母、マンディーに才能を見出された。マンディーと夫のブライアンは、すぐに彼女のマネージャーになる決断をした。

2011年:Find Me[編集]

2011年になると、彼女は初めて国際連合児童基金のチャリティーコンサートに参加し、セレーナ・ゴメス&ザ・シーンのバックコーラスを担当した。その後彼女は初めて、YouTubeの人気アーティストに特化したライブであるDigiTourに登場し、Billboard Social 50にも、ランクインした。 また、セレーナ・ゴメスオールスターウィークエンドジョナス・ブラザーズのコンサートの前座を務めた。 彼女にとって、セレーナ・ゴメスメンターとなり、ライブに同行し、セレーナ・ゴメス&ザ・シーンのウィー・オウン・ザ・ナイトツアーの6週間のツアーにも参加した。

2011年6月14日にデビューEP「Find Me」をリリースした。

2012年~2013年:With Love[編集]

2012年1月に、彼女は自身のキャリアを更に追うため、ロサンゼルスに引っ越した。4月上旬にはクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシーと契約を交わし、インターネット上でテレビ番組などを配信しているDisney.comで「Power Up: with Christina Grimmie」というウェブショーにおいて、2012年3月29日から6月5日までの約2ヶ月間、主演を務めた。 また、ニュージャージー州にある彼女と同じ故郷からデビューした新鋭ティーンバンド「Rising Tide」と仕事をするなど、精力的に活動を続けた。

2013年には、セレーナ・ゴメスのツアーStars Dance Tourで前座を行ない、2013年8月6日にリリースされた彼女の2枚目のアルバムからWith Loveを披露した。 同年10月3日には、彼女のミュージックビデオ「Tell My Mama」がビルボードにて取り上げられた。彼女はこのミュージックビデオについて「これは男の子が学校に通うのが好きになりだした歌なの。彼はちょっと危険な子で、私はお母さんにすべてを話さないと気がすまない女の子だったの」と語った。

2014年:The Voice[編集]

彼女のFacebookアカウントにて、NBCのテレビオーディション番組「The Voice」シーズン6のオーディションを受けることを明らかにした。 最初のステージでマイリー・サイラスのヒットソング "Wrecking Ball"を披露し、アダム・レヴィーンアッシャークリスティーナ・アギレラブレイク・シェルトンの4人全員が、彼女のコーチに名乗りを上げた。グリミーは4人の中からアダム・レヴィーンを番組でのコーチに選び、ファイナルまで勝ち進み、最終的に彼女は3位の座に輝いた。

2014年~2016年:The Voiceの後、メジャーレーベルからのデビュー[編集]

同番組でコーチを務めたアダム・レヴィーンは彼のレーベル、222レコードとの契約を強く望んでいたが、リル・ウェインも同様に彼女に興味を抱いており、自身のレーベルヤング・マネー・エンターテインメントとの契約を申し出た。最終的に彼女はアイランド・レコードと契約をすることを決断した。

2014年6月4日にスタートした「The Voice Summer Tour」では、「The Voice」のシーズン1~シーズン6までの優勝者やファイナリストたちとツアーを行い、彼女の3枚目のアルバム(メジャーレーベルと契約してから1枚目のアルバムとなる)のために曲を書き、レコーディングを始めた。 先行シングルは7月に発売される予定だったが、延期になってしまい、7月4日にミュージックビデオの撮影が開始されると、自身のFacebookで報告した。 7月11日、自身のFacebookにて、最新シングルのタイトルは「Must Be Love」だと発表した。

2015年3月4日、アイランド・レコードとの契約を解除したことを発表したグリミーは、2015年の終わりごりにリリース予定の新アルバムの製作をしている事も明らかにした。 そのアルバムから1枚目のシングルとして、「Cliché」が3月16日にリリースされ、4月27日には2枚目のシングル「Stay With Me」がリリース、7月2日には3枚目のシングル「Shrug」がリリースされた。

9月には、チャリティーソング「Love Song to the Earth"」を歌う16人の国際的な歌手として、ポール・マッカートニーと共に選ばれ、レコーディングに参加した。

2016年2月16日、2枚目のEP「Side A」がリリースされた。

2016年の終わり頃には、フルアルバムをリリースしたいという抱負も語っている。

2016年10月7日から全米公開された映画「The Matchbreaker」にも出演をしている。

彼女の歌声と影響を受けた人物[編集]

3オクターブ+3音という広音域を持ち、「The Voice」」にゲスト出演したアッシャーは「“ベビー”セリーヌ・ディオン」と称賛し、グラハム・ナッシュは「彼女の広い音域の絶妙なコントロールについて、20歳とは思えない」とコメントした。

彼女は幼い頃からクリスチャン歌手のステイシー・オリコの曲を好んでよく聴いており、「彼女は凄い声の持ち主で、興味を引かれたの。魂のこもったような私の歌声は、彼女の歌を聴きながら育ったからだわ。すごい影響を受けている。彼女のように歌を奏でたり、彼女が作るような曲を作りたいの。」と発言している。 また、彼女はクリスティーナ・アギレラや、ビヨンセ引き合いに出し、彼女たちの事も尊敬し、声の出し方や歌い方の影響を受けている」と発言している。

好きな音楽ジャンルはダブステップとDJ音楽、メタリカパンテラアイアン・メイデントゥールなどのロックンロールヘヴィメタルである。

射殺[編集]

2016年6月10日、グリミーはフロリダ州オーランドのプラザ・ライブでのコンサート終了後、サイン会の席上で、彼女は両手を大きく広げハグを行なおうとしたところ、犯人に3回銃撃された。現場に居合わせた彼女の兄が犯人にタックルしたが、犯人は銃で自殺した。グリミーは危篤状態で病院に搬送されたが、翌11日に死亡が確認された[6]

犯人が自殺をしたため、真の動機は判明していないが、警察の調査によるところ、彼はグリミーの熱狂的なファンであり、「運命の人」と信じ込み、本気で結婚をするつもりでいた。しかし、彼の同僚の話や、グリミーのインスタグラムなどで、グリミーに恋人がいることが分り、愛情が憎しみに変わってしまい、グリミーの死、そして自身の死を同時に行い、無理心中という強烈な結びつきで、すべてを完結しようとしたとも、考察できる[15]

ニュースを受けて「The Voice」は「言葉がありません。私たちは美しい魂と素晴らしい声を失った。」とツイートした[16]。番組で彼女を指導したアダム・レヴィーンはInstagramで「私は悲しい、ショックで困惑している。私たちはグリミーをとても愛している。」と語った[17]。「The Voiceシーズン9の勝者、ジョーダン・スミスは「一つの星が消された。驚くべき話は書かれなかった。」とツイートした[18]。ファイナリストのエイミー・ヴァカルは「ショックで悲しい」とツイートした[19][注釈 1]。グリミーが銃撃前に一緒にライブを行ったビフォー・ユー・エグジットは「本日私たちは天使、妹、そして最愛の友人を失った。」とツイートした[21]

彼女の母は、「事件直後は怒りが収まりませんでしたが、今は怒っていません。でも、神よ、なぜなのかが知りたいんです。」と悲痛な胸の内を語った。

追悼式[編集]

追悼式は6月17日、彼女が歌手としての成功を叶えるためカリフォルニア州に引っ越すまで、家族で通っていた故郷のニュージャージー州メドフォードにあるフェローシップ・アライアンス教会で営まれた[22]

追悼式には、彼女の大きな遺影が掲げられ、家族、友人、幼馴染、1500人を超えるファンが集まり、行なわれた。 訪れたファンの1人は「グリミーの1番好きだったところは、ファンをただファンとして扱わず、それ以上の存在として接していたこと。彼らのことを知らずとも、まるで家族や友達のように。」とインタビューに応えた[23]

彼女にまつわる楽しい思い出話も多くあり、場を和ませる場面もあった。

壇上で行なわれた家族のスピーチで、彼女の兄は「クリスティーナがこの世界で生きた証を与えてくれたことを、神に感謝しています。そして、すべての噂は本当です。銃を持った男がやってくると、彼の動きは素早く、すべては一瞬の出来事でした。その時、妹の両腕は広げられ、次に彼女が見たのはキリストだったのでしょう。妹の両腕は(キリストのために)広げられたんです。クリスティーナ、愛している。」と語りかけた。

彼女の母は「私はいつもクリスティーナに愛していると伝えていたの、神を第一に考えなさいと教えていたわ。」と涙ながらに話した。

彼女の父は「彼女を失ったことによる心に開いた穴はとても大きく、永遠に消え去りはしないが、神の存在はその穴を埋めてくれるほど大きいと知っています。それに、私は彼女にまた会えると知っている。すべて聖書に書いてあるとおりだから。彼女は生きていた頃よりも幸福になった。もう傷つかなくてすむのだから。それに、神が決めるプランは、私が決めるプランよりもいつも良いものだ。しかし、私は神と口論した。このような不条理な決断が、私のプランより良いもなのでしょうか、私には分りません。ですが、あなたを信じるしかないと思います。」と、語った[24]

彼女の死後と事件の影響[編集]

2016年6月17日、家族により、メモリアル動画がYouTubeのアカウントに投稿された。 再生回数は、2016年10月15日現在、500万回を超えている[25]

2017年に任天堂から発売予定の「ゼルダの伝説」の最新作に、彼女へのオマージュとして、キャラクター出演させて欲しいというファンの署名が多数集まった。 署名は75000名以上にも及んでおり、これは生前、彼女がゼルダの伝説の熱狂的なファンであり、度々Twitterなどでもつぶやいていたことから起因するものである。 なお、彼女のYouTubeのアカウント名は「zeldaxlove64 Christina Grimmie」である[26]。 これを受けて任天堂は「私たちも彼女を想う気持ちはあります。現時点で具体的に可能かどうかは決められませんが、皆様の署名を厳粛に受け止めたい」と、TIME紙にて発表した[27]

グリミーの銃殺事件は、コンサート会場のセキュリティを強化するための活動に繋がっている。 また、2004年に発生したオハイオ州コロンバスライブハウスで、アメリカのヘヴィメタルバンドダメージプラン」のコンサートの開始直後に、銃を持った男が演奏中のギタリストダイムバッグ・ダレルに向かって発砲した殺人事件で、彼の実兄のヴィニー・ポールが、2つの事件の類似性を指摘し、「2004年にダレルが射殺された後、すべてのコンサート会場の運営者は、ありとあらゆる危険から、アーティストを守るよう、強く訴えかけたにも関わらず、このような悲劇が再び起きた。そして、新たなスターの命が失われることになった」と語った[28]

6月23日、米国のビルボード紙は、すべての銃の購入に関して、厳しい経歴調査を行い、テロの疑いがある人物に関しては、全面的に銃を販売しないという公開状を、国会へ提出したと表明した。 ビルボードの編集者は「こうした危険な人々が銃を得ることができる容易さが、グリミーの殺人と、次の夜、同じくフロリダ州オーランドで発生したフロリダ銃乱射事件に繋がった。」と述べた。 公開状には、ビリー・ジョエルシェールジェニファー・ロペスレディー・ガガを含め、約200人の音楽業界の著名人によって署名された[29]

遺作のリリース[編集]

2017年2月、グリミーの遺作である「Invisible」の音源が、遺族によって公開された[30]。グリミーの誕生日にあたる3月12日には「Invisible」のミュージックビデオが公開された。このミュージックビデオではグリミーがアニメーションのキャラクターとして登場している[31]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

Year Film Role Notes
2016 The Matchbreaker Emily Atkins Independent film

テレビ番組[編集]

Year Title Role Notes
2011 So Random! Herself -
2012 Power Up Herself Host
Remixed Herself -
2012 - 2014 Dancing with the Stars Herself Musical Guest
2014 TakePart Live Herself Guest
The Voice Herself Contestant/Performer
2014 Orange Bowl Herself National Anthem Singer
2015 Drama King Herself Guest
Teens Wanna Know Herself -
VIP for a Day Herself -

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

List of albums, with selected chart positions and certifications
タイトル アルバム詳細 チャート最高位
US
[32]
US
Indie

[33]
BEL
(FL)

[34]
With Love 101 20 167

EP[編集]

List of albums, with selected chart positions and certifications
タイトル アルバム詳細 チャート最高位
US US
Indie
CAN
Find Me 35 6 44
Side A
  • Released: February 21, 2016
  • Label: Independent
  • Formats: Digital download
25

シングル[編集]

As main artist[編集]

シングル チャート最高位 アルバム
US
Heat

[35]
Radio Disney
"Advice" 2011 3 Find Me
"Liar Liar" 15
"Tell My Mama" 2013 With Love
"Must Be Love" 2014 1 アルバム未収録
"Cliché" 2015 TBA
"Shrug" 5
"—" はチャート入りせず

As featured artist[編集]

シングル チャート最高位 アルバム
US
"Stay With Me"
(Diamond Eyes featuring Christina Grimmie)
2015 TBA
"Love Song to the Earth"
(Paul McCartney, Jon Bon Jovi, Sheryl Crow, Fergie, Colbie Caillat, Natasha Bedingfield, Leona Lewis, Sean Paul, John Rzeznik, Krewella, Angélique Kidjo, Kelsea Ballerini, Nicole Scherzinger, Grimmie, Victoria Justice and Q'orianka Kilcher)
"What a Girl Is"
(Dove Cameron featuring Christina Grimmie and Baby Kaely)
Liv and Maddie: Music from the TV Series

The Voiceからのリリース[編集]

タイトル アルバム詳細
The Complete Season 6 Collection
シングル チャート最高位 オリジナル
US
[36]
CAN
[37]
"Wrecking Ball" マイリー・サイラス
"I Knew You Were Trouble" テイラー・スウィフト
"Counting Stars" ワンリパブリック
"I Won't Give Up" ジェイソン・ムラーズ
"Dark Horse" ケイティ・ペリー
"Hold On, We're Going Home" 74 64 ドレイク feat. マジード・ジョーダン
"How to Love" 79 79 リル・ウェイン
"Hide and Seek" イモージェン・ヒープ
"Some Nights" ファン
"好きにならずにいられない" 74 68 エルヴィス・プレスリー
"Somebody That I Used to Know" 66 47 ゴティエ feat. キンブラ
"—" はチャート入りせず

ミュージックビデオ[編集]

タイトル 監督
2011 "Advice" ショーン・ババス
2013 "Tell My Mama" David Turvey
"Feelin' Good" N/A
2015 "Cliché" N/A
"What A Girl Is" N/A
"Shrug" N/A
2016 "Snow White" King Hollis
"Anybody's You" N/A
"Deception" N/A
"Without Him" N/A

フィルモグラフィ[編集]

タイトル 役名
2011 So Random! Herself-Performer
2011 The Click Clique Herself
2012 Power Up with Christina Grimmie Host
2012 Remixed[38] Herself-Performer
2012 Dancing With the Stars (season 15)[39] Performer
2013 Dancing With the Stars (season 16)[40] Performer
2014 Dancing With the Stars (season 19)[41] Performer
2016 The Matchbreaker Emily Atkins

受賞とノミネート[編集]

カテゴリ Work 結果
2011 American Music Awards New Media Honoree (Female) Herself 受賞[42]
2011 Youth Rock Awards 2011 Rockin’ Indie Artist of the Year 受賞[43]
2012 Intense Radio's Music Awards Best Female Cover Artist 受賞[44]
2012 Intense Radio's Talent Awards Best Female Cover Artist ノミネート
2012 Intense Radio's Talent Awards Overall Best Cover Artist ノミネート
2013 Radio Disney Music Awards Biggest Viral Artist ノミネート
2013 Grimmex Radio's Talent Awards Best Female Cover Artist ノミネート
2014 Hollywood Awards Viral Superstar ノミネート
2014 Teen Choice Awards Choice Web Star: Music ノミネート
2015 Choice Web Star: Music ノミネート
2015 iHeart Radio Rising Star iHeart Contest 受賞
2016 Teen Choice Awards Choice Web Star: Music 受賞[45]

コンサートツアー[編集]

Opening acts

Public tours

[編集]

  1. ^ Grimmie, who was a season 6 finalist on The Voice, had returned to the show as its Style Insider in promotions for Kohl's.[20]

参照[編集]

  1. ^ 'The Voice' Alum Christina Grimmie Shot Dead After Being Shot at Orlando Concert, Says Rep”. ABC News (2016年6月11日). 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ Chen, Christine (2012年6月6日). “YouTube Stars Do New York”. Betabeat. http://betabeat.com/2012/06/youtube-stars-do-new-york/ 2012年6月22日閲覧。 
  3. ^ Wagmeister, Elizabeth (2014年5月20日). “‘The Voice’: Justin Bieber Wants Christina Grimmie To Win”. HollywoodLife.com. 2014年5月21日閲覧。
  4. ^ NBC’s ‘The Voice’ alum Christina Grimmie signs with Island Records” (2014年7月4日). 2015年5月3日閲覧。
  5. ^ Voice USA pop sensation Christina Grimmie on why she won't get undressed to impress” (2015年3月4日). 2015年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月3日閲覧。
  6. ^ a b Nessif, Bruna (2016年6月11日). The Voice's Christina Grimmie Dead at 22 After Being Shot at Concert”. E! Online. http://www.eonline.com/news/772053/the-voice-s-christina-grimmie-dead-at-22-after-being-shot-at-concert 2016年6月11日閲覧。 

    3

    Brennan, Christopher (2016年6月11日). “Ex-Voice contestant and YouTube star Christina Grimmie shot dead at Orlando concert”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/news/national/reported-shot-orlando-concert-venue-article-1.2669516 2016年6月11日閲覧。 
  7. ^ Wood, Steve (2014年5月5日). “S.J. native shines on The Voice. Courier-Post (South Jersey). http://www.courierpostonline.com/story/news/local/south-jersey/2014/05/05/sj-native-shines-voice/8710565/ 2016年6月11日閲覧。 
  8. ^ Linnehan, Robert (2011年1月26日). “Marlton singer taking her talents to L.A.”. The Marlton Sun. p. 2. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  9. ^ zeldaxlove64 (2013年7月31日). “LIVE Q&A Listening Party w/Surprise! 4PM PST”. Youtube. 2013年8月7日閲覧。 Listen at 27:27
  10. ^ Levy, Mallory (2011年6月10日). “Exclusive Interview with Christina Grimmie”. Joonbug.com. 2013年4月12日閲覧。
  11. ^ Christina Grimmie - About”. 2013年4月12日閲覧。
  12. ^ jgardiner (2011年5月24日). “Christina Grimmie: A Real Depiction Of A Jersey Shore Native (EXCLUSIVE)”. GlobalGrind. p. 2. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  13. ^ goomradio (2010年8月19日). “Christina Grimmie Interview on Goom Radio”. YouTube. 2013年4月12日閲覧。
  14. ^ Schneider, Kurt Hugo (2010年11月20日). “"Just A Dream" by Nelly – Sam Tsui & Christina Grimmie”. 2016年6月17日閲覧。
    Grimmie, Christina (2010年11月20日). “"Just A Dream" by Nelly – Sam Tsui & Christina Grimmie”. 2016年6月17日閲覧。
  15. ^ クリスティーナ・グリミーを射殺した男 「彼女を妻に」と話していた”. エキサイト (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  16. ^ The Voice [NBCTheVoice] (June 11, 2016). "There are no words ..." (ツイート). June 11, 2016閲覧Twitterより. 
  17. ^ Levine, Adam (2016年6月10日). “I'm sad, shocked and confused ...”. 2016年6月11日閲覧。
  18. ^ Jordan Smith [JordanSmithLive] (June 11, 2016). "A star has been snuffed out ..." (ツイート). June 11, 2016閲覧Twitterより. 
  19. ^ Amy Vachal [amyvachal] (June 11, 2016). ".... I can't believe ..." (ツイート). June 11, 2016閲覧Twitterより. 
  20. ^ Carra, Mallory (2016年5月2日). “What Life After The Voice Is Like, According To Season 6 Contestant Christina Grimmie”. 2016年6月11日閲覧。
  21. ^ Before You Exit [beforeyouexit] (June 11, 2016). "Today we lost an angel ..." (ツイート). June 11, 2016閲覧Twitterより. 
  22. ^ Thousands farewell slain singer Christina Grimmie at memorial service”. テレビジョン・ニュージーランド (2016年6月18日). 2016年6月18日閲覧。
  23. ^ Thousands say farewell to Christina Grimmie”. ニューヨーク・ポスト (2016年6月18日). 2016年6月18日閲覧。
  24. ^ Christina Grimmie Memorial=VEVO” (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  25. ^ In Loving Memory Of Christina Grimmie”. zeldaxlove64 Christina Grimmie (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  26. ^ zeldaxlove64 Christina Grimmie”. zeldaxlove64 Christina Grimmie (2016年10月15日). 2016年10月15日閲覧。
  27. ^ Nintendo Responds to Thousands of Fans Who Want Christina Grimmie in Zelda Game”. TIME (2016年6月21日). 2016年6月21日閲覧。
  28. ^ VINNIE PAUL On CHRISTINA GRIMMIE's Murder: 'That's Almost The Same Scenario That Happened' To DIMEBAG”. BLABBERMOUTH.NET (2016年6月28日). 2016年6月28日閲覧。
  29. ^ Musicians and industry figures demand action on guns in open letter to Congress”. ロサンゼルス・タイムズ (2016年6月23日). 2016年6月23日閲覧。
  30. ^ 悲劇的な死を遂げたクリスティーナ・グリミーの遺族が未発表曲「Invisible」を公開”. TVグルーヴ. 2017年7月29日閲覧。
  31. ^ Christina Grimmie's Family Releases Animated Superhero Video for 'Invisible'”. ビルボード. 2017年7月29日閲覧。
  32. ^ Christina Grimmie - Chart history”. 2015年5月3日閲覧。
  33. ^ Christina Grimmie - Chart history”. 2015年5月3日閲覧。
  34. ^ Discografie Christina Grimmie”. 2015年5月3日閲覧。
  35. ^ Christina Grimmie - Chart history”. 2015年5月3日閲覧。
  36. ^ Christina Grimmie - Chart history”. 2015年5月3日閲覧。
  37. ^ Christina Grimmie - Chart history”. 2015年5月3日閲覧。
  38. ^ REMIXED: KEONE MADRID & MARI MARTIN & CHRISTINA GRIMMIE [DS2DIO”. YouTube (2012年6月25日). 2012年10月17日閲覧。
  39. ^ Season 15 - Dancing With the Stars: All-Stars, Episode 8”. Dancing with the Stars Episode Guide 2012. TVGuide.com. 2012年10月17日閲覧。
  40. ^ Season 16 - Dancing With the Stars, Episode 18”. Dancing with the Stars Episode Guide 2013. TVGuide.com. 2013年5月14日閲覧。
  41. ^ Season 19 - Dancing With the Stars, Episode 12”. Dancing with the Stars Episode Guide 2014. TVGuide.com. 2014年11月26日閲覧。
  42. ^ Cohen, Joshua (2011年11月14日). “Exclusive: DeStorm, Christina Grimmie, Karmin Get AMA Honors”. News.tubefilter.tv. 2012年5月21日閲覧。
  43. ^ And the winners are…”. Youth Rocks Awards. 2012年5月21日閲覧。
  44. ^ Grimmex Radio”. 2013年2月1日閲覧。
  45. ^ Christina Grimmie won a Teen Choice Award but wasn’t mentioned on the show. Fans aren’t happy.”. ワシントン・ポスト (2016年8月1日). 2016年8月1日閲覧。
  46. ^ SO excited that @hunterhunted123 + @therealgrimmie will be joining me on my #WILDFIRE tour!”. 2015年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]