クリスティン・ムボマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティン・ムボマ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Christine Mboma
国籍 ナミビアの旗 ナミビア
種目 200m
生年月日 (2003-05-22) 2003年5月22日(18歳)
生誕地 東カバンゴ州ディヴンドゥ
自己ベスト
200m 21秒81 (2021年)[1]
400m 49秒22 (2021年)[1]
獲得メダル
オリンピック
2021 東京 200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

クリスティン・ムボマChristine Mboma2003年5月22日 - )はナミビア陸上競技選手、専門は短距離走[2]東カバンゴ州ディヴンドゥ出身。女子200mナミビア国内記録保持者。名前はクリスティン・エムボマとも表記される[3]

ムボマは生まれながらテストステロン値が高く、2019年国際陸上競技連盟が導入したテストステロン値が高い女性の出場資格を制限する新規約により400mの種目に出場できないため、200mに転向している[4]

2021年東京オリンピックの女子200mに出場した。予選、準決勝と順にタイムを上げていき、それぞれで国内記録を更新、決勝ではそれをさらに上回るU-20世界記録および国内記録を樹立して、銀メダルを獲得した。ナミビアオリンピックでメダルを獲得したのは1996年アトランタオリンピック以来25年ぶりで、これは5個目のメダルであった。なお、過去のメダルは全てフランク・フレデリクスが男子100m200mで一人で獲得したものなので、ムボマはナミビア史上2人目のオリンピックメダリストとなった[5]

主な戦績[編集]

大会 開催地 種目 順位 記録 備考
2021 オリンピック 日本の旗 東京 200m 準優勝 21秒81 U-20世界記録、国内記録[5]

記録[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
200m 21秒81 2021年8月3日 日本の旗 東京 U-20世界記録、国内記録[5]
400m 49秒22 2021年4月17日 ナミビアの旗 ウィントフック

脚注[編集]

  1. ^ a b Christine MBOMA | Profile | World Athletics
  2. ^ Personality of the week - Up and close with lightening fast Christine Mboma”. New Era (2021年3月25日). 2021年5月27日閲覧。
  3. ^ 女子種目に出られなかった2選手、別種目で快走 物議醸す新規定:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2021年8月3日). 2021年8月3日閲覧。
  4. ^ Namibia teenagers out of Olympic 400 over testosterone level”. Associated Press (2021年7月2日). 2021年7月2日閲覧。
  5. ^ a b c 決勝 - 東京2020オリンピック競技大会 - 陸上競技” (日本語). olympics.com. 2021年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]