クリスティン・ブラジー・フォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティン・ブラジー・フォード
人物情報
生誕 クリスティン・マーガレット・ブラジー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ノースカロライナ大学チャペルヒル校BA
ペパーダイン大学(PsyM)
南カリフォルニア大学PhD
スタンフォード大学MS
配偶者 ラッセル・フォード
子供 2人
学問
研究分野 心理学
研究機関 スタンフォード大学医学大学院
パロアルト大学
博士課程
指導教員
マイケル・D・ニューカム
テンプレートを表示

クリスティン・ブラジー・フォード (: Christine Blasey Ford1966年11月 - ) は、アメリカ合衆国心理学者

合衆国最高裁の判事候補であるブレット・カバノーによる性的暴行被害を訴えた。上院司法委員会の公聴会が開かれた[1]

生い立ち[編集]

ワシントンD.C.の郊外に生まれた。

関連項目[編集]

MeToo

出典[編集]