クリスチャン・ルブタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランドの最も顕著な特色として知られる“レッドソール”(深紅の靴底)[1]

クリスチャン・ルブタン[2]Christian Louboutin)は、フランス出身の同名のファッションデザイナー1964年1月7日[3] - )の制作による、1992年設立の女性向けのブランド[4]。高級婦人靴のほか各種服飾雑貨を展開している[5]

主にハイヒールを専門に取り扱っており、高いヒールを特徴とする。また全ての靴の裏地が赤くデザインされているのが目立った特色となっている。これは靴底に赤いマニキュアを「塗る」というルブタンの着想に基づくもので、“レッドソール”(赤い靴底)として知られている。

フランス・パリの市街に位置する1992年開業の路面第1号店をはじめ、世界各地に90以上の直営店を設置(2014年時点)[6]。2012年には化粧品部門にあたる「クリスチャン・ルブタン・ボーテ」(Christian Louboutin Beauté[7])が発足、創業後初の化粧品事業進出となった[8]

デザイナー[編集]

デザイナーを務める男性クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)は、1964年1月7日、家具職人の父親と専業主婦の母親のもとでフランスのパリに生まれた[9]。子どもの頃から婦人ファッションに興味を持っていた。1979年にパリの街角を歩いていた折、国立アフリカ・オセアニア美術館の前で、観光客の女性に木製の床を傷つけないように注意する看板に気が付いた。この看板が気になり、バックルで締め付け底がついた靴をデザインし始める。10代の頃にこのタイプの靴の絵ばかり学校のノートに描いて長時間過ごしたことを認めている。このラインの靴が後日デザイナーとしてのセールスポイントとなる。

カナダの「バータ靴博物館」に展示されたクリスチャン・ルブタンのハイヒール

靴のデザインに対する興味は常に尽きなかったものの、ファッション界に対する興味は当初はなかったという[10]。やがてパリのダンスホールやパーティーに顔を出し始め、そこで女性たちに対し自作の靴を試してみるよう申し出るなどしていたものの、お金がないことを理由に大部分の女性から断られていたという。

1980年に有名ミュージックホールの「フォリー・ベルジェール」に職を得たのち、1982年から当時「クリスチャン・ディオール」の靴を制作していたシャルル・ジョルダンのもとに移り、「シャネル」や「イブ・サンローラン」などでフリーランスのインターンシップを経験、そして1992年、ルーブル美術館近くのアーケード街にブティックを開業、これがブランドの幕開けとなった[11]

“レッドソール”[編集]

ブランドの象徴は「レッド・ソール」(赤い靴底)[12]。これはデザイナーのルブタンが工場内で出来上がり直後の靴のソールに赤色のマニキュアを塗ってみたことから生まれた偶然の産物であったという[13]米国内ではこの赤い靴底のデザインを商標登録している[14]。2011年には、この「レッドソール」を模倣されたとして、大手ファッションブランドの「イヴ・サンローラン」を米国の連邦控訴裁判所に提訴、結果、この商標権の正当性を一部認める判決が翌2012年に下されるに至っている[15]

各国の販売店[編集]

米国マイアミの実店舗(2013年)

地元フランス以外にも世界各地に店舗を展開。2012年にはニューヨークに米国初の男性向け店舗が開業[16]。日本では2013年末の時点で7店舗を営業[17]。うち東京・銀座の店舗と東京・南青山の店舗が路面店となっている[18]。靴製品の平均価格は1000ドル(約8万5000円)から4000ドル(約33万円)[19]

著名人の愛用[編集]

マドンナレディー・ガガサラ・ジェシカ・パーカー、ならびにブリトニー・スピアーズ、日本においては浜崎あゆみなど、世界中のセレブリティーに人気の高い靴ブランドとして知られている[20]。ほかニコール・キッドマンカトリーヌ・ドヌーヴアンジェリーナ・ジョリーなどといった面々による愛用が著名で、さらにサンドラ・ブロック主演映画『あなたは私の婿になる』(2009年)、ペネロペ・クルス主演映画『抱擁のかけら』(2009年)、アマンダ・セイフライド主演映画『TIME/タイム』(2011年)、エマ・ワトソン主演映画『ブリングリング』(2013年)など、ジャンルを問わず様々な映画に登場してもきた[21]。現在は、芸能人やモデル、スタイリストなどのファッション関係者の間でも愛用者が多い。モデルの梨花は、デザイナー本人が梨花のウエディング用にデザインした靴を履き結婚式を行った。その様子は『世界弾丸トラベラー』や『sweet』等の雑誌にも掲載された。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルブタンのミュージアム英国で開幕 レッドソールの世界』 2012年5月14日 Fashionsnap.com
  2. ^ クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)』 - FASHION HEADLINE
  3. ^ Christian Louboutin』 2015年1月3日 ヴォーグ (フランス語)
  4. ^ クリスチャン・ルブタン | Christian Louboutinについて』 2009年11月4日 Fashionsnap.com
  5. ^ クリスチャン ルブタンとは』 2010年 講談社『世界の一流ブランドがわかる事典』 コトバンク
  6. ^ クリスチャン・ルブタン、パリ2号店をプランタン百貨店に出店』 2014年8月29日 Fashionsnap.com
  7. ^ 「クリスチャン ルブタン」のコスメ第1弾は、レッド・ソールをイメージしたネイルポリッシュ』 2014年7月24日 WWD JAPAN.COM
  8. ^ クリスチャンルブタンが化粧品開発 2013年デビュー』 2012年5月15日 Fashionsnap.com
  9. ^ Christian Louboutin: Sexual heeling』 2011年10月29日 インデペンデント (英語)
  10. ^ 【インタビュー】クリスチャン・ルブタン パート1「ファッション業界に入る気はなかった。ショーガールのための靴を作りたかっただけだった」』 2014年1月3日 WWD JAPAN.COM
  11. ^ クリスチャン ルブタンが来日。レッドソールや、銀座店へのこだわりについて、インタビュー。』 2010年11月16日 マダムフィガロ
  12. ^ クリスチャン・ルブタン、「レッド・ソール訴訟」控訴審で一部の商標権が認められる』 2012年9月7日 AFPBB News
  13. ^ 【インタビュー】クリスチャン・ルブタン パート3「レッドソールは偶然生まれた。イタリアの工場でマニキュアを靴底に塗ったことがきっかけ」』 2014年1月5日 WWD JAPAN.COM
  14. ^ 読売新聞』 : “音・映像も商標登録…TPPに先行し法改正へ” 2013年9月2日
  15. ^ "レッドソール"の商標権はルブタンに 公式コメント発表』 2012年9月13日 Fashionsnap.com
  16. ^ クリスチャンルブタンのメンズストアがNYにオープン』 2012年9月12日 アパレルウェブ
  17. ^ クリスチャン ルブタン本人が語る 青山新店舗の見どころ』 2013年12月5日 アパレルウェブ
  18. ^ クリスチャン・ルブタンが南青山に旗艦店 12月オープン』 2013年11月7日 Fashionsnap.com
  19. ^ クリスチャン・ルブタン、イヴ・サンローランに賠償訴訟』 2011年4月11日 AFPBB News
  20. ^ 高級靴ブランド商標訴訟、ルブタン対サンローラン』 2011年4月13日 YUCASEE MEDIA
  21. ^ ヒロインは「ルブタン」が好き?映画女優を彩る“靴”』 2013年12月12日 FASHION HEADLINE

外部リンク[編集]