クリスチャン・メッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリスチャン・メッツChristian Metz1931年12月12日 - 1993年9月7日)は、フランス映画理論家映画記号学者である。

来歴・人物[編集]

1931年、フランスの、エロー県、ベジエに生まれる。

占領下のパリで映画に熱中して過ごし、解放後にはシネ・クラブにも参加したという。高等師範学校卒業後、リセでの教員時代を経て、国立科学研究センター(CNRS)の研究員となり、映画記号学の研究に着手する。

1964年、「映画――言語体系か言語活動か?(Le cinéma, langue ou langage?)」という記事を国立科学研究センターの機関誌『コミュニカシオン』に発表する。以降、社会科学高等学術研究所における社会学・人類学・記号学・学際研究センター(CETSAS)で映画記号学のゼミを主宰しながら研究をつづける。

1970年代以降、メッツの仕事は大きな影響力を持ち、レイモン・ベルールジャック・オーモンマルク・ヴェルネなど多くの後継者を生み出した。一方、哲学者のジル・ドゥルーズは『シネマ1*運動イメージ』『シネマ2*時間イメージ』において、メッツの主張を痛烈に批判した。

1993年、パリで死去。62歳没。

主な著書[編集]

  • Essais sur la signification au cinéma. tome 1
『映画における意味作用に関する試論――映画記号学の基本問題』、浅沼圭司訳、水声社、2005年
  • Essais sur la signification au cinéma. tome 2
『映画記号学の諸問題』、浅沼圭司訳、書肆風の薔薇、1987年
  • Langage et cinéma
未訳
  • Les essais sémiotiques
『エッセ・エミオティック』、樋口桂子訳、勁草書房、1993年
  • Le signifiant imaginaire: psychanalyse et cinéma
『映画と精神分析――想像的シニフィアン』、鹿島茂訳、白水社、1981年/新装版2008年
  • L`Enonciation impersonnelle, ou le site du film
未訳

関連事項[編集]