クリアライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリアライト
Clearlight
出身地 フランスの旗 フランス
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1973年 -
レーベル ヴァージン
Isadora
Celluloid
公式サイト www.clearlight888music.com
メンバー シリル・ヴェルドー ほか

クリアライト (Clearlight)は、1970年代からあるフランスプログレッシブ・ロック・バンドだが、著名な作品はイギリスでプロデュースされ、イギリスの大手レコード会社からリリースされた。

プログレッシブ・ロックというジャンルはバンドを全体的に捉えれば適切であるが、サイケデリック・ミュージックジャム・バンドのような音楽、シンフォニック・ロックスペース・ロックフュージョンニューエイジ・ミュージックなど、他のジャンルを掘り下げたものともいえる。

概要[編集]

クリアライトは、ピアニストであり作曲家のシリル・ヴェルドーが、他のミュージシャンを迎えることによって構成されている。通常は作曲などに関わらないゲスト参加者ばかりだが、数回の例外もあった。ベーシストのジョエル・デュグルノー[1]が仮想・副リーダーとなり2曲で作曲も担当した2ndアルバム『フォーエヴァー・ブロイング・バブルズ』のように。またアルバム『ヴィジョンズ』では、ディディエ・マレルブ(元ゴング)とディディエ・ロックウッド(元マグマ・元ザオ)をソリストとして迎えた。

1970年代半ばから後半にかけてバンドは、ジャック・リラン(Jacques Reland・現在はロンドン・メトロポリタン大学の講師にして、Global Policy Instituteの欧州研究責任者)にマネージメントされていた。レンヌ生まれのマネージャーは、バンドの最初の4枚のアルバムの交渉を担当した。

クリアライトはほとんどライブでの演奏を行っていない。1975年、ヴァージンはゴングのツアーをサポートする形で『フォーエヴァー・ブロイング・バブルズ』バンドを送り出したが、ヴェルドーがイギリスに移住しないことを決定した後、このバンドはすぐに破綻することとなった。そしてレーベルとの関係も終わりを遂げた。1978年4月には、パリオランピアで新しいバンドが発表された。これは『ヴィジョンズ』をプロモーションするためのパフォーマンスを目的としたものだったが、プロモーターに関心がもたれることはなかった。1980年代には、ヴェルドーが自分自身の名前でリリースしたアルバムが集中したため、クリアライト名義でのリリースはされなくなったが、ヴェルドーに加えクリスチャン・ブーレとティム・ブレイクをフィーチャーした1988年のエレクトロニック・ミュージック・フェスティバルにおける一回限りのパフォーマンスはその限りではなかった。1990年代になると、ヴェルドーはクリアライトの名前で再び録音を開始した。

彼の最新リリース、2014年のアルバム『Impressionist Symphony』では、『クリアライト・シンフォニー』に登場した3人のゴング・メンバー(スティーヴ・ヒレッジ、ディディエ・マレルブ、ティム・ブレイク)全員を再び迎えている。

ヴェルドーとドン・ファルコンは、スピリッツ・バーニング&クリアライト(Spirits Burning&Clearlight)の連名でコラボレーションを行っている。 2012年のリリースは『Healthy Music In Large Doses』と題され、2016年のリリースは『The Roadmap In Your Head』と題されている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『クリアライト・シンフォニー』 - Clearlight Symphony (1975年)
  • 『フォーエヴァー・ブロイング・バブルズ』 - Forever Blowing Bubbles (1975年) ※旧邦題『しゃぼん玉幻覚 - フォーエヴァー・ブロウイング・バブルス』
  • 『狂った猿の物語』 - Les Contes du Singe Fou (1976年) ※旧邦題『ザ・テールズ・オブ・ザ・マッド・モンキー』
  • 『ヴィジョンズ』 - Visions (1978年)
  • Symphony 2 (1990年)
  • In Your Hands (1994年)
  • 『インフィニット・シンフォニー』 - Infinite Symphony (2003年)
  • Impressionist Symphony (2014年)

関連アルバム[編集]

  • 『デライアド・カメレオン・ファミリー』 - Delired Cameleon Family (1974年)
  • Photo Musik (1978年) ※クリスチャン・ブーレ作品

脚注[編集]

  1. ^ ザオでの活動で知られる

外部リンク[編集]