クララ細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クララ細胞(くららさいぼう、英:Clara cell)とは終末細気管支呼吸細気管支の移行部に存在する無線毛細胞。細胞表面に短い微絨毛を有する。細胞質には分泌顆粒が存在し、開口分泌により放出される。1937年にオーストリアの解剖学者であるマックス・クララにより発見された[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Winkelmann, Andreas; Noack, Thorsten (2010年). “The Clara cell - a "Third Reich eponym"?”. European Respiratory Journal Express 36 (4): 722–727. doi:10.1183/09031936.00146609. PMID 20223917. http://erj.ersjournals.com/cgi/content/abstract/09031936.00146609v1. 
  2. ^ Woywodt, A.; S. Lefrak, E. Matteson (2010年10月1日). “Tainted Eponyms in Medicine: the "Clara" Cell Joins the List”. European Respiratory Journal 36 (4): 704–706. doi:10.1183/09031936.00046110. http://erj.ersjournals.com/content/36/4/706.full 2010年11月2日閲覧。. 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4873621135