やまなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラムボンから転送)
移動先: 案内検索

やまなし」は、宮沢賢治の短編童話1923年(大正12年)4月8日付の『岩手毎日新聞』(1933年廃刊。現在の『毎日新聞』とは無関係)に掲載された。担当編集者は当時の主筆(編集長)である岡山不衣。賢治の数少ない生前発表童話の一つであり、「雪渡り」についで発表された。また、発表に先立って執筆されたとみられる下書きの草稿が現存している。発表形との間に異同があり、現行の『新校本宮澤賢治全集』(筑摩書房)では「初期形」として収録されている。

概要[編集]

谷川の情景を「二枚の青い幻灯」と称し、谷川の底のの兄弟が見る生き物たちの世界を描いたもので、晩春の5月の日中と初冬の12月の月夜の2部で構成されている。5月にはカワセミによる魚の殺生が行われ、12月には蟹の兄弟も成長し、ヤマナシの実りが訪れる。小学校6年の国語教科書に採用され、広く親しまれており、その美しい透明感にファンが多い。ヤマナシ(イワテヤマナシもしくはコリンゴ)はバラ科ナシ属の落葉高木であり、天沢退二郎は、実際には地味なやまなしの実が豊穣に描かれていると評価している。なお、本来ヤマナシは春の5月頃開花し、秋の10月頃に成熟するものであり、また後半を「11月」とする草稿も存在するため、新聞紙面の「12月」は誤植であるとも考えられている。

「クラムボン」について[編集]

文中で蟹たちが語る「クラムボン」と「イサド」が何を指しているのかは不明である。「イサド」については話の内容からして場所の名前ということだけがわかっているが、「クラムボン」についてはその正体に対して様々な議論が繰り広げられている。英語で蟹を意味する crab や(かすがい)を意味する crampon に由来するとする説、アメンボ説、泡説、光説、母蟹説、妹のトシ子説、全反射の双対現象として生じる外景の円形像説、「蟹の言語であるから不明」とするものや、蟹の兄弟にとって初めて見る、やまなしの花につけた造語だったとするもの、kur (人) ram (低い) pon (小さい) という「アイヌ語コロボックル」、あるいは「解釈する必要は無い」とするもの、人間という説もある。光村図書の小学校教科書に掲載された際には、クラムボンについて「水中の小さな生き物」との注釈が挿されたが、旧課程版では「正体はよくわからない」とも注釈されたことがある。ちなみに、現在の教科書では『作者が作った言葉。意味はよくわからない。』と記されている。

なお、当初の草稿には「クラムン」の表記が見られ、文圃堂版など古い全集ではクラムポンと表記されていたが、現在では「クラムボン」に統一されている。

派生作品[編集]

  • 手塚治虫『やまなし』(漫画)
    初出は『コミックトム』(潮出版社)1985年5月号。本作を擬人化した漫画(紙芝居という設定)を上段に配し、下段に太平洋戦争末期の日本で、本作を児童劇として上演しようとする人物と、彼を思想犯として捕らえようとする官憲とのドラマを配した構成[1]。下段の筋書きは元の「やまなし」に類したストーリーになっているほか、上下段で共通になっているコマがある。下段の舞台は具体的に記されないが、「花巻町」というセリフが登場する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「上段を最後まで読んでから下段を読んでください」という注意書きがある。
  2. ^ 太平洋戦争当時、賢治の故郷である花巻は市制施行前で花巻町だった。また、児童劇を上演しようとする場所は「下根っ子公民館」という名称であるが、賢治が羅須地人協会時代に独居した家は「下根子」にあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]