クラブきっず事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラブきっず事件(クラブきっずじけん)は、東京都羽村市の公立小学校で教諭として勤務していた男(逮捕当時33歳)が多数の児童盗撮し、また個人的に収集していた死体の写真を「クラブきっず」と題する個人のサイト(閉鎖)で公開していた事件。

概要[ソースを編集]

男は東京都教育委員会に小学校教諭として採用され、2000年小笠原村の小学校へ赴任[1]するが、この頃より児童の着替えを盗撮するようになった。また、同時期に「クラブきっず」と題する個人サイトを開設し、主に交通事故犯罪に巻き込まれて死亡した児童の写真を掲載していたが、その写真の多くは遺族が開設していたサイトから盗用したもので、写真には男のコメントが添えられていた。また、2004年12月26日スマトラ島沖地震津波が発生し多数の死傷者が出た際には現地へ赴き、そこでも死体を撮影してサイトに掲載していた。

2006年に入り、複数人の遺族に対して、写真が掲載されたサイトの存在を匿名で知らせるメールが送り付けられ、問題が表面化。これとは別に、2000年11月に岩手県二戸市で発生した、軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込んで1名が死亡した事故の現場写真が、岩手日報のニュースサイトから無断転載したものであることが、外部から岩手日報社への通報で発覚している[2]

同年6月、愛知県名古屋市在住の遺族が開設していたサイトの写真を無断転載した著作権法違反容疑で愛知県警が男の事情聴取を行うと共に、自宅や勤務先である羽村市の小学校を家宅捜索。9月に同容疑で書類送検され、30日付で休職。これを受けて、12月に複数の遺族が共同で著作権法違反・侮辱(刑法231条)・児童ポルノ禁止法違反の各容疑で警視庁に告訴状及び告発状を提出し[3]、警視庁少年育成課は2007年2月7日に男をこれらの容疑で逮捕。これを受けて東京都教育委員会は3月19日付で男を懲戒免職処分とした[4]。また、男が「三度の飯より子供の死体」のハンドルネームで出入りしていた別のアングラサイトも事件の煽りを受ける形で閉鎖された[要出典]

取り調べでは、遺族に匿名でサイトの存在を知らせるメールを送り付けていたのが、男の自作自演であったことが判明すると共に2005年、サイトの閲覧者に児童ポルノ画像を提供していたことも明らかになった。7月5日東京地方裁判所は男に対し懲役2年6月・執行猶予5年の有罪判決を言い渡す。男の側は控訴せず、大型二種免許を取得してトラック運転手に転職した。ところが、2008年6月3日世田谷区の小学校グラウンド内へ侵入して児童を盗撮していた所を、保護者を識別するリボンを身に付けていないことを不審に思った職員に発見され、建造物侵入容疑で現行犯逮捕された。取り調べにより、執行猶予期間中にも関わらず、これ以外にも2度に渡り小学校へ侵入し、盗撮を繰り返していたことも発覚した。

12月15日、東京地方裁判所は執行猶予中の犯行であることを重く見て、懲役10ヶ月の実刑判決を言い渡した[5]

その他[ソースを編集]

男の父は神奈川県警本部長時代の神奈川県警覚醒剤使用警官隠蔽事件で犯人隠匿罪で立件され、2000年5月29日横浜地方裁判所で有罪判決を受けている。

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]