クラニオセイクラル・セラピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラニオセイクラル・セラピー(Craniosacral therapy、頭蓋仙骨療法)は、オステオパシーの療法のうちの1つである。

概要[編集]

クラニオセイクラルは、オステオパシーの創始者であるDr.アンドリュー・テイラー・スティルの直弟子だったウイリアム・ガナー・サザーランドによって開発された。

クラニオセイクラルは、当初、施術者が外力を加えることによって頭蓋仙骨系の関節の動きを改善し症状を和らげるという、バイオメカニクス(生体工学)アプローチに重点がおかれていた。しかし、近年、より穏やかで繊細なタッチを用いてクライアント自身の自然治癒力の働きを促すバイオダイナミクスというアプローチも開発されている。

別名として、クラニオ、クレニオ、クレニオセイクラル・セラピー、クラニアルセイクラル・セラピーなどの呼称がある。

歴史[編集]

クラニオセイクラル・セラピーの歴史は、1900年代初頭のDr.サザランド(1873‐1954) のある発見から始まる。 当時オステオパシーを学んでいたサザランドは、解体された頭蓋骨の縫合を観察して、側頭骨と魚のえらとの類似性に着目し、頭蓋骨と呼吸が関係しているのではないかという仮説を立てた。その後自分自身や家族への実験や調査を繰り返し、癒合して固まっている頭蓋骨には呼吸に似た僅かな動きがあること、頭蓋骨の呼吸の様な動きは体液と関連が有ることを仮説として打ちたて、それに基づいて臨床を重ねた。 その後、サザランドの弟子であるDr.ローリン ベッカー(1910‐1996) らによって更に研究が重ねられ、70~80年代にはDr.アプレジャーらのミシガン州立大学における研究によって実際に頭蓋骨が一定のリズムを持って動いていることが証明された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クレニオ・セイクラル・セラピー ナチュラル・ヒーリングの試金石 たにぐち書店,2005,ISBN 978-4925181815