クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラッシュ・バンディクー
爆走!ニトロカート
ジャンル レース
対応機種 PlayStation 2 [PS2]
ニンテンドーゲームキューブ [GC]
ゲームボーイアドバンス [GBA]
開発元 バイカリアス・ビジョンズ
発売元 コナミ
人数 1~4人
発売日 PS2,GC:2004年7月8日
GBA:2004年8月26日
PS2ベスト:2005年7月7日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
その他 GC版とGBA版はリンク可能
テンプレートを表示

クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート』(-ばくそうにとろかーと)は、コナミから2004年7月8日にPlayStation 2とニンテンドーゲームキューブで、2004年8月26日にゲームボーイアドバンスで発売されたレースゲーム

この作品がリリースされる5年前にPlayStation用ソフト『クラッシュ・バンディクー レーシング』がリリースされていた。

モード[編集]

  • 「おはなしモード」:宇宙最速のレーサーを目指す内容となっている。
  • 「シングルレース」:対戦キャラやコースなどが選べる
  • 「チームレース」:コンピュータとチームを組んでレースを行う
  • 「カップレース」:3つのコースでコンピュータと戦っていく
  • 「タイムトライアル」:限られた時間の中で、コンピュータと闘っていく
  • 「ひたすらトライアル」:時間制限なしのレース

また、パーティープレイとしての機能も充実しており、幅広く用意されたルールのもと最大4人まで同時にプレイすることができる。2対2、1対3といったハンディキャップマッチも可能で、「つくろう! アリーナ」においてオリジナルのアリーナを作って対戦する、といったことも楽しめる。

ボスキャラクター[編集]

カッコ内は日本版の声優。
ボスキャラクターは専用のアイテムを無制限に使用する。
また、ボスキャラクターはGBAでは全員プレイヤーキャラクターとして使用可能になるが、GC版、PS2版では全員専用のカートというよりバイクを思わせる形状の大型マシンに搭乗しているため使用できず、真の姿のベロのみ使用可能となる。
クランク(廣田行生
田舎者っぽいしゃべり方をする原住民の代表。地球がテラの真似をしたと言い放ちクラッシュたちをライバル視している。クラッシュチームで勝利した後、「実はオラたちが地球を真似した」と白状していた。
ナッシュ(真殿光昭
レースをするために作られたサイボーグザメ。一度も寝たことがないせいかかなり短気だが、クラッシュチームで勝利後、ココにより人工知能を弄られたことで初めて眠った。
ノーム(後藤哲夫
レースよりも本を読むのが好きな無口な悪魔。レースになるとアメーバ状になって、本体(リトル・ノーム)と分身(ビッグ・ノーム)に分裂する。リトル・ノームは元の姿同様の性格だが、ビッグノームは傲慢な性格。
ギアリー(岩崎ひろし
オカマ口調でしゃべる最新税のロボット。掃除が好きで、レース前に周囲だけでなくクラッシュの体も綺麗にしている。
クラッシュたちに負けたあと、ベロに罰としてコロシアム全体の掃除を命じられた。
ベロ皇帝27世(佐藤晴男/真の姿:宮田幸季
ギャラクシーレースの主催者。顔だけのホログラムで現れ、実際にクラッシュの目の前に登場するのは最終戦のみである。
終盤になって真の姿を現し、その体はホログラムで現したときよりも非常に小さい。

外部リンク[編集]