クラッシュ・バンディクー アドバンス & スパイロ アドバンス わくわく友ダチ大作戦!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラッシュ・バンディクー アドバンス
スパイロ アドバンス
わくわく友ダチ大作戦!
Crash Bandicoot Purple: Ripto's Rampage
Spyro Orange: The Cortex Conspiracy
Crash Bandicoot Fusion
Spyro Fusion
ジャンル アクション
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 バイカリアス・ビジョンズ
発売元 ビベンディユニバーサルゲームズ
人数 1 - 4人
メディア 128 Mbit ロムカセット
発売日 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2004年6月3日
欧州連合の旗オーストラリアの旗 2004年6月25日
日本の旗 2004年12月9日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB:E(Eneryone)
PEGI:3+
OFLC:G(General)
その他 日本の旗『クラッシュ・バンディクー & スパイロ クリスマス スペシャルパッケージ』(2本セット)も同時発売。
価格: 8,379円(税込)
テンプレートを表示

クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわく友ダチ大作戦!』(クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわくともダチだいさくせん)と『スパイロ アドバンス わくわく友ダチ大作戦!』(スパイロ アドバンス わくわくともダチだいさくせん)は、2004年12月9日ビベンディユニバーサルゲームズより2本同時発売されたゲームボーイアドバンスアクションゲーム

クラッシュ・バンディクー』と『スパイロ・ザ・ドラゴン』のクロスオーバー作品であり、2本のソフトは互いに連動している。

概要[編集]

ゲームボーイアドバンスにおける『クラッシュ・バンディクー』シリーズ第3弾、かつ『スパイロ・ザ・ドラゴン』シリーズ第4弾(日本では第2弾)。それぞれ、アメリカで同年6月1日に発売された "Crash Bandicoot Purple: Ripto's Rampage" と "Spyro Orange: The Cortex Conspiracy" (ヨーロッパでは "Crash Bandicoot Fusion" と "Spyro Fusion" )の日本ローカライズ版である。日本では『クラッシュ・バンディクー5』と同時発売されたが、欧米では本作の方が約4か月先に発売されている。

以前にも何度か共演している両シリーズのクロスオーバー作品で、互いのソフトが対になっている。日本では両作品を2本セットにした『クラッシュ・バンディクー & スパイロ クリスマス スペシャルパッケージ』も同時発売された。

ストーリー[編集]

長年世界征服の野望をクラッシュに阻止され続けてきた悪の科学者コルテックスと、スパイロの宿敵リプトーが手を組んだ。クラッシュとスパイロは手を組み、2人の悪者を倒すべく新しい冒険に出発する。

ゲームシステム[編集]

システムは横スクロール型2Dアクションとなっている。アクションよりもミニゲーム集をメインに据えた作品で、カード収集などの要素がある。

複数のワールドを回っていき、「むらさきパワーストーン」や「とうめいダイヤ」を集めていくことがゲームの目的である。各ワールドは横スクロール型のアクションステージのような構成をしており、所々にステージへの入口が配置されている。また各ステージは全てミニゲーム形式になっているなど、以前の作品とは基本システムが異なっている。

キャラクター[編集]

正義の味方
  • クラッシュ・バンディクー
  • ココ・バンディクー
  • アクアク
  • スパイロ
  • スパークス
  • クランチ・バンディクー
  • きょうじゅ
  • エージェント9
  • バードぐんそう
  • マネー・バッグ
  • ハンター
  • ビアンカ
  • ブリンキー
悪役
  • ネオ・コルテックス
  • リプトー
  • タイニータイガー
  • ニーナ・コルテックス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]