クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラッシュ・バンディクーシリーズ > クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?
クラッシュ・バンディクー5
え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?
Crash Twinsanity
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション2[PS2]
開発元 トラベラーズテイルズ
発売元 ビベンディユニバーサルゲームズ
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2004年12月9日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB:E(Everyone)
テンプレートを表示

クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?』(クラッシュ・バンディクーファイブ え〜っ クラッシュとコルテックスのやぼう?!?)は、ビベンディユニバーサルゲームズ2004年12月9日に発売したプレイステーション2用のアクションアドベンチャーゲームクラッシュ・バンディクーシリーズの第5作。

概要[編集]

世界的に人気のアクションゲーム『クラッシュ・バンディクー』の正統続編第5弾。開発は『クラッシュ・バンディクー4』から引き続きトラベラーズテイルズが担当した。クラッシュ・バンディクーのシリーズ作品の中では難易度が高めである。

今作では、コルテックスとも対立する新たな悪であるエビル・ツインズに立ち向かうため、利害が一致する形でコルテックスとクラッシュ、アクアクとウカウカが協力する。そのため、敵と味方という従来の関係が一掃され、コルテックスとクラッシュはほぼ対等な関係でストーリーが進む(エンディングでは元の関係に戻っているが)。また、今まで無機質なマッドサイエンティストとして登場してきたコルテックスの独白が描かれたり、コルテックスを操作するステージがあるなど、ファンディスク的な性質も強い。

タイトル画面では「3ねんまえ...」というテロップと共に、コルテックスとウカウカが前作でのエンディングと同じ構図で氷漬けになっており、前作から3年後の物語であることが示唆されている。また、初代に登場した敵キャラやエピソード、歴代のボスキャラが再登場するなど、前作のみならず過去のシリーズ作とのつながりを強く想起させる構成となっている。

「ステージ」や「ワープルーム」といったそれまでの作品で構築されていた概念が一新されている。4種類の広大なフィールドを探索するオープンワールド方式になったため、ロード画面がほとんどなくなるなど、冒険色が強くなった。各フィールドは非常に長い1本道のような構造をしており、フィールドをすべて回るには少なからず時間がかかる。前述の通りステージの難易度が高いこともあり、アイテム集めなどで離れた場所へ引き返す場合はかなりの時間が必要となる(ただし単にゲーム本編をクリアするだけなら道順に進んでいくだけなのでさほど問題はない)。

全編に渡りBGMはノリのよいコーラスが流れる仕様になっており、過去のシリーズとは雰囲気がかなり異なっている。

日本国外ではXbox版も発売された。

ストーリー[編集]

クラッシュの暮らす島に双子のオウム、エビル・ツインズが乗り込んで来た。彼らはDr.ネオ・コルテックスを倒しクラッシュとその仲間たちを支配下に入れ、世界を襲う野望を持っている。クラッシュはコルテックスと協力してエビル・ツインズを倒すために冒険を始める。

登場キャラクター[編集]

脇役としてクランチ・バンディクー、リパー・ルー、エヌ・オキサイド、ポーラ、コアラコング、ピンストライプ、エビルクラッシュ等がいる。また、ゲーム終盤では、他作品のコラボレーションとしてスパイロが登場する。このためスパイロは、『スカイランダーズ スパイロの大冒険』として登場する。

アイテム[編集]

リンゴ
ステージの至る所に浮いている。100個集めると残り人数が一人増える。スピンアタックが当たると飛んで行ってしまう。
クラッシュプレート
取ると残り人数が一人増える。1UP箱を壊すと出現する。
パワークリスタル
不思議なパワーを秘めた宝石。前作までのパワーストーンに相当する。
カラーダイヤ
各ステージに透明、赤、青、黄色、緑、紫の6個存在する。ダイヤを取ると、ダイヤの色に対応した種類の設定資料などを見ることが出来るようになる。ステージ内で6個全てを集めれば、ボーナスのロックを解除できる。前作までと違い、箱をすべて壊したりドクロコースに行く必要はない。
木箱  
板が×の形に張られて補強されている、ごく普通の真四角の木箱。壊すとリンゴを1個入手できる。
?箱  
黄色い?マークが描かれた箱。壊すとリンゴを5個から10個入手できる。
シマ箱  
板が斜めではなく縦に張られ、縞模様に見える箱。大抵は上下に2つ連なって置かれている。
踏みつけ又は頭突きでぽんぽん跳ねる。一回跳ねるごとにリンゴが2個得られ、5回跳ねられるため、最高10個得られる。
5回目に箱が壊れる。スピンアタックなどで壊すと数個しか入手できない。
鉄ワク箱  
木箱の枠が鉄になっている頑丈な箱。踏んだりスピンアタックでは変形するだけで、ボディープレスかコンボアタックでしか壊せない。リンゴが5個から10個入っている。
ブロック  
全面を鉄で覆われ、何をやっても絶対に壊れない金属のブロック。足場として利用できる。
↑ブロック  
黄色い上向きの矢印が描かれたブロック。踏むと高く飛び上がれる。×ボタンを押し続けると、より高く飛べる。
↑箱  
黄色い上向きの矢印が描かれた箱。×ボタンを押し続けると、より高く飛べる。↑ブロックと違い踏みつけ以外の攻撃で壊せるが、中には何も入っていない。
バクダン箱  
踏むと3秒後に爆発する箱。攻撃すると即爆発してアウトになる。近くに箱があると一緒に壊れ、敵がいると吹き飛んでいく。
ニトロ箱  
触っただけで即爆発する箱。ピョコピョコと跳ねている。スイッチ箱を押す事で処理できる。
アクアク箱  
アクアクが1枚入っている(コルテックスやニーナを操作しているときはウカウカ)。アクアクはクラッシュがダメージを受けた時、身代わりになってくれる。3枚集めると一定時間無敵状態になるが、前作までと違って、無敵状態であってもバクダン箱やニトロ箱の爆発は防げず、ミスとなるため、仕掛けを強引に突破することはできない。
1UP箱  
クラッシュの顔が描かれた箱。クラッシュプレートが1個入っている。
とうめいばこ(かくしばこ)
白い枠だけの箱。透明であり、触れることが出来ない。
近くにある!ブロックを作動させると実体化するが、どの種類の箱(ブロック)かは実体化するまで不明。
!ブロック  
黄色い!マークが描かれたブロック。スイッチを入れると、対応するとうめいばこが実体化する。
作動させると!マークが消え、ただのブロックになる。
C箱  
「チェックポイント」。前作までと違い、接近すると作動する。壊れるのではなく箱が開く形で作動し、ミスをした時、最後にC箱を作動させた場所からやり直す事ができる。ちなみに、前作までと違って「チェックポイント」という文字は出てこない。
スイッチ箱
踏んだり、スピンアタックをしたりすると近くにあるニトロ箱が爆発する。前作までの!ブロック(緑)と似た効果をもつが、ステージ内のすべてのニトロ箱が爆発することはない。
セーブポイント箱
「セーブポイント」。接近すると作動する。オートセーブ機能がオンになっていれば、箱が作動するとゲームの進行状況がセーブされる。
残り人数がゼロになり、以前セーブしたゲームの続きから始める場合に最後にセーブポイント箱を作動させたところから再スタートできる。

ステージ[編集]

今作には4つのエリアがあり、各エリアは3つのステージで構成されている。今までのシリーズ作と違って、本作はワープルームの概念がなく、全てのステージが一本道でつながっており、ステージを自由に選択することができないため、不便な点がある(例えば、あるステージに行くにはそのステージにつながるステージを経由して行かなければならない)。

また、シリーズで初めてステージ名に漢字が使用されている。

ヘンテコドッキリ島[編集]

クラッシュ達やパプパプなどの原住民が住んでいる島。 ツギハギジャングルとブンブン大攻撃では、初代のジャングルステージを彷彿とさせる敵キャラやギミックが多く登場する。

ツギハギジャングル
ジャングルが舞台のステージ。ここではココ(にバレバレの変装をしたコルテックス)が基本アクションを教えてくれる。また最後にコルテックス、およびエヌ・ジンの操縦するメカ・バンディクーと戦うことになる。
ありンコキリキリまいった!
クラッシュとコルテックスが、殴り合いの喧嘩をしながらゴロゴロと転がり、洞窟の中を進んでいく。
ちなみに、このステージに限りスイッチ箱ではなく!ブロック(緑)が配置されている箇所が一つだけ存在する。
ブンブン大攻撃
前半ではコルテックスが蜂の大群に襲われてしまい、前を全く見ずに自動で前に進んでいく。コルテックスが進む道にあるバクダン箱等の障害物を除去し、安全を確保していく。途中から頭にハチの巣が被さったり、蜂蜜の匂いに誘われた熊に追いかけられるが、特に移動速度が変わるわけではない。この時には『熊蜂の飛行』を基にしたBGMが流れる。
中盤からは原住民の監視に気をつけて進み、原住民の村に捕まったコルテックスを助け出す。ちなみに、ここでは初代の「ふとっちょのパプパプ」と全く同じ部屋を見ることが出来る(椅子でパプパプが寝ているが、起きる事は無く攻撃してこない)。この時には『美しく青きドナウ』を基にしたBGMが流れる。
最後に4本腕の生きたトーテムポールであるティキモンと戦うことになる。時折大きく口を開けて息を吸う動作があり、その時にコルテックスを口に投げ入れることで、コルテックスが体内から攻撃を行い、ダメージを与えることができる。

ひょうざんラボ[編集]

現在コルテックスがアジトとしている氷山。浮かぶ足場やプロペラ、ベルトコンベアーなど、かなり機械化がされている。

サムサムアイスランド
島に設置された要塞が舞台。出入り口の鍵となるリモコンの故障により正面から入ることが出来ないため、浮いた足場や洞窟を通り、裏口へ回り込む。最後に、何故か氷に磔にされた形で封印されていたウカウカを救助し、誤解の末戦うことになる。
ツルスベコルテックス
山の麓に停泊しているエヌ・ジンの海上要塞を目指し、コルテックスがスノーボードになり、クラッシュがライダーになって雪山を滑り降りていく強制スクロールステージ。
海の上の大騒ぎ
エヌ・ジンの船型の海上要塞が舞台。
序盤は大量のミサイルが貯蔵された区間を進む。中盤には浮遊する足場にいるエヌ・ジンを倒すことになるが、倒すと足場を浮かせているプロペラが壊れてしまい、クラッシュが足場ごと落ちてしまう。落ちた先では、生肉を求めて襲い掛かるコックのウォーラスから逃げなければならない[1]。ここではシリーズおなじみの無敵キャラに追いかけられる手前強制スクロールになる。この時には『フィンガルの洞窟』を基にしたBGMが流れる。
ウォーラスから逃げ切ると、爆弾箱が大量に設置された場所に到着。さらには先ほどクラッシュと共に落下したエヌ・ジンが爆弾箱の上に頭から着地してしまい、爆発によって海上の氷のうえに飛ばされ、そこでエヌ・ブリオとエヌ・トロピーのタッグと戦うことになる。
エヌ・ブリオは薬によって緑色のカエルのような怪物と化し、無敵となっているため、倒すべき相手はエヌ・トロピーである。エヌ・ブリオは跳ね回って押しつぶそうとしてくるので、ひたすら逃げ回る。エヌ・トロピーは足場をバラバラに砕き、更に音叉で殴ってくる。バラバラになった足場は乗っていると沈んでしまうため、すぐ他の足場に移る必要がある。
エヌ・トロピーは普段はバリアで覆われて攻撃を受け付けないが、音叉で何度も殴っていると突然ひるみ、バリアが消滅するため、その瞬間のみダメージを与えることができる。

ワルワルスクール[編集]

コルテックスの母校。現在は姪のニーナが通っている。終盤に、コルテックスが8歳のときに(初代に登場した)「エヴォルヴォレイ」の最初の実験台としてビクターとモーリッツを使ったと思い出し、一人語りを行う場面がある。

レッツゴーボイラー
ワルワルスクールの地下にあるボイラー室が舞台。時にはコルテックスがパイプにはまり、それを転がして進まなければならない。最後に『3』と同じように円形のステージでディンゴダイルと戦うことになる。
ディンゴダイルの足元には炎を噴出する装置があるためそのままでは近づけず、対するディンゴダイルは放物線を描く火炎弾や、溜めてから一直線に撃つ火炎弾、火炎放射で薙ぎ払う攻撃を行ってくる。ステージの外周4ヶ所にはスイッチがあり、溜めてから一直線に撃つ火炎弾を当てさせることで足元のスイッチを覆うカバーが外れる。足元のスイッチを押すとディンゴダイルの真上にあるドーナツ型のスプリンクラーが作動し、足元の装置から炎が噴出されなくなるため、ここで初めてスピンアタックでダメージを与えられるようになる。なお、今作では燃料が爆発することは無いが、足元の装置が再起動して炎の噴出が再開されるため離れる必要がある。
メチャクチャクラスルーム
ワルワルスクール校内を進む。最初はクラッシュで進んでいき、見張り番の監視やお掃除ロボットの妨害を潜り抜けていく。途中でクラッシュは飛行船に戻り、コルテックスと交代する。コルテックスで進む途中では、大量の虫に追いかけられる強制手前スクロールが存在する。最後はコルテックスがワルワルスクール校長であるマダム・アンバリーと戦う。
マダム・アンバリーとは巨大なパイプオルガンの上で戦い、マダム・アンバリーはパイプオルガンの蓋を開けて攻撃と移動の妨害を行って来る。蓋は光線銃の連射で塞ぐ事が出来る。その後ベルを多数投げてくる攻撃を行ってくる。ベルをすべて撃ち落とすと、マダム・アンバリーが前後反転してワイヤーの根本である背中にしょっている機械が見えるようになり、攻撃を与えるとワイヤーが一本切れる。全部で3本のワイヤーを全て切る事でマダム・アンバリーは下に転落し、勝利したことになる。
悪のパーティー大ハッスル
ニーナがプレイヤーキャラになるステージで、校舎の上が舞台。途中でコルテックスの飛行船が、固定用のワイヤーがスクールバスに絡まった状態で登場し、吊るされているスクールバスから逃げる。

Wヘンテコドッキリ島[編集]

十次元に存在するヘンテコドッキリ島。元のヘンテコドッキリ島とは似ても似つかない荒れた土地となっている。

ゴロゴロ いわでゴー!
ニーナを連れ去ったエビルクラッシュを追い、「ツルスベコルテックス」同様、コルテックスがスノーボードになって進んでいく強制スクロールステージ。
すぐ目の前をエビルクラッシュがニーナをスノーボード代わりにして進んでおり、エビルクラッシュに触れるとダメージとなる。
なお、ゴールまでたどり着けばよく、必ずエビルクラッシュを見失ってはいけないわけではない。
ニセバンディクーを追え!
ニーナをあきらめたエビルクラッシュは、今度はコルテックスを標的に定めて追いかける。「ブンブン大攻撃」と同様、エビルクラッシュに追われている[1]コルテックスを、うまく障害物を破壊して進ませるステージ。ステージ名は「ニセバンディクーを追え!」だが、実際は逆に追いかけられるステージである。
バチバチありンコ地獄
ビクターとモーリッツの要塞が舞台。ここではドアロックのカギとなるエネルギーボールを使用する場面が登場する。
最後にビクターとモーリッツが乗り込む4本足の巨大ロボットと、3段階に分けて戦うことになる。
1段階目はニーナを操作し、巨大ロボットの攻撃を避けつつ、周囲の浮いた足場の上に存在するエネルギーを破壊していく。
2段階目はコルテックスを操作し、ハサミからマシンガンとエネルギー砲に換装された両腕を、発射口を狙って撃ち、破壊する。
3段階目はクラッシュが最初のボスであるメカ・バンディクーを操作し、巨大ロボットのエネルギーの剣の攻撃を避けつつ、バリアの隙間をかいくぐってミサイルとエネルギー弾で攻撃する。体力を0にするとイベントが発生し、チェーンソーでトドメをさす。

ダイヤを全て集めると隠しステージに行ける。

アクション[編集]

今作はクラッシュに加えてニーナとコルテックスが特定のステージでプレイヤーキャラとして使用できるが、キャラによって使用できるアクションが違う。前作までと違い、途中から新アクションを使えるようになるなどの要素は存在せず最初からすべてのアクションを行え、ダブルジャンプは最初から使用できる。

共通アクション
  • 移動(全キャラ共通)
方向キーまたはアナログスティックで移動できる。アナログスティックでは滑らかな移動が可能。
  • ジャンプ(全キャラ共通)
×ボタンでジャンプする。長く押すほどより高くジャンプ出来る。
  • しゃがむ(クラッシュとコルテックスのみ)
○ボタンでしゃがむ。
  • スピンアタック(クラッシュとニーナ、タッグプレイ時のみ)
□ボタンでスピンして敵を倒したり箱を壊せるが、リンゴに対して行うとりんごが飛んでいってしまう。
  • ハイハイ(クラッシュとコルテックスのみ)
○ボタンを押しながら方向キーかアナログスティックでしゃがみながらハイハイで進む。狭い隙間などを通ることが出来る。
  • スライディング(クラッシュとコルテックスのみ)
移動しながら○ボタンを押すと低い体勢の状態でスライディングをし、敵を倒したり箱を壊せる。コルテックスの場合はヘッドスライディングを行う。
クラッシュのアクション
  • スライディングジャンプ
○ボタンを押しながら×ボタンでジャンプすると通常より高いジャンプが出来、普通のジャンプでは届かない所へ届ける。スライディング中にジャンプするとこのジャンプとなって、より遠くへ飛ぶことが出来る。前回までハイジャンプという名前だったアクション。
  • ボディープレス
ジャンプ中に○ボタンを押すとボディプレスをして、箱を壊したり敵を倒せる。鉄ワク箱を壊すことが出来る。衝撃波が発生したり回転しながら落下できるなど、前作までのスーパーボディープレスに似た効果をもつ。ゲーム中はボディースラムと表記されていることがある。
  • ハイジャンプ
ジャンプ中にもう一度×ボタンを押すとさらにジャンプして、スライディングジャンプよりさらに高く飛ぶ。前作までと違い、スライディングジャンプと組み合わせることはできなくなっている。前作までダブルジャンプと言う名前だったアクション。
ニーナのアクション
  • パンチ(フックリール)
○ボタンでパンチ攻撃を繰り出す。フックに向かって行なうと、フックに手を引っ掛けることができる。
  • ジャンプパンチ(ジャンプフックリール)
パンチ(フックリール)と同様。
コルテックスのアクション
  • ハイジャンプ
ジャンプ中に○ボタンを押すと銃を床に向けて撃ち、若干高くジャンプできる。
  • 銃を撃つ
□ボタンで銃を撃つ。ツギハギジャングルでコルテックスがする攻撃と同じ。
  • プラズマ攻撃
□ボタン長押しで銃で溜め撃ちする。ツギハギジャングルでコルテックスがする攻撃と同じ。
  • 横にスライド
L1ボタンかR1ボタンを押すと、横方向にスライドする。
タッグプレイ時のアクション

一部のステージでは、クラッシュがコルテックスに向かってスピンアタックすると、クラッシュがパワークリスタルを持ち、コルテックスを引きずる形で、ひとつのキャラのように動かしたり、コルテックスを道具のように扱うことが出来る。ただし、移動速度やジャンプの高さは減少し、2人を同時に動かすため攻撃に当たりやすい

  • コンボアタック
○ボタンでコルテックスを前方に向けて振り下ろし、頭でハンマーのように叩く。
  • コンボ投げ
ジャンプ中に○ボタンを押すとコルテックスを前方に向けて投げ、コルテックスに遠くのスイッチを動かさせたり敵を倒させたり出来る。コンボスピンアタックと同様。こちらは高い放物線を描いて飛ぶ。
  • コンボスピンアタック
スピンアタック中に○ボタンを押すとコルテックスを砲丸投げのように飛ばし、コルテックスに遠くのスイッチを動かさせたり敵を倒させたり出来る。コンボ投げと同様。こちらは高度が低く、ほぼ一直線に飛ぶ。

携帯電話アプリ版[編集]

メディアソケットが経営するサイト「海外人気ゲーム」にて、本作をモデルとした携帯電話ゲームクラッシュ・バンディクー え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?』がEZアプリ(BREW)、およびS!アプリ向けに配信中である。

全編横スクロールで進行する。上段のクラッシュをコントロールし、下段のコルテックスとともに数々の仕掛けをクリアしゴールを目指していく。基本的な進め方は、本編の「ブンブン大攻撃」における横スクロールアクションと同様。

ステージ(計6つ)
  • ジャングル1, 2, 3
  • アイス1, 2, 3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本版では何故かウォーラスは途中から進路が左にずれていき、壁に向かって進み始め、エビルクラッシュは途中からその場でグルグル回り始めてしまい、追ってこなくなる。

外部リンク[編集]