クラスノヤルスク水力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラスノヤルスクダム
クラスノヤルスクダム
所在地 ロシアクラスノヤルスク
位置
河川 エニセイ川
ダム湖 クラスノヤルスク貯水池
ダム諸元
堤高 124 m
堤頂長 1065 m
着手年/竣工年 1956年/1972年
テンプレートを表示

クラスノヤルスク水力発電所は、エニセイ川に設けられた重力式の水力発電所ロシアの都市、クラスノヤルスクの30km上流に位置している。完成当時、世界最大の発電量の水力発電所だった。ダムによって生まれた人工湖「クラスノヤルスク貯水池」は琵琶湖の3倍の広さがある。この湖の影響でエニセイ川の水温が高くなり、冬でも凍結しなくなったため、霧が発生しやすくなった。

エニセイ川は水運が盛んなため、船舶を通過させるための設備「インクラインド・レール」が併設されている。船を貨車に乗せて急斜面に敷かれたレールの上を移動する装置である。レールの軌間は9mで世界最大である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]