クラスノヤルスク会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラスノヤルスク会談(クラスノヤルスクかいだん、ロシア語: Встреча в Красноярске[1])は、1997年11月に、ロシアクラスノヤルスク市内を流れるエニセイ川の船上で行われた首脳会談である[2]

概要[編集]

橋本龍太郎首相とボリス・エリツィン大統領との間で行われた会談で、東京宣言に基づき2000年までに領土問題を解決し、平和条約を締結することを目指すという内容のクラスノヤルスク合意ロシア語: Красноярские договоренности[3])が交わされた[2]

しかし結果として、2000年までの領土問題の解決および平和条約の締結には至らなかった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]