クラシック音楽の曲名の俗称の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラシック音楽の曲名の俗称の一覧(クラシックおんがくのきょくめいのぞくしょうのいちらん)は、クラシック音楽曲名の日本語における俗称・略称の一覧である。

昔から「楽隊」と呼ばれるオーケストラ団員や、合唱関係者(プロのみならず学生などのアマチュアも含む)をはじめとした演奏家、音大生、レコードマニアなどクラシックファンや音楽関係者の間で用いられてきた経緯があり、本来は「通ぶる」ための符牒であったが、現在は広く流通しているものも多い。ただ、これらの俗称を好まない者も少なくない他、中には、品のない同音異義語を故意に想起させるもの、使用するとかえって専門家から軽蔑されてしまうようなもの、地域または集団で意味の差があるものも含まれる。

ア行[編集]

カ行[編集]

サ行[編集]

タ行[編集]

ナ行[編集]

ハ行[編集]

マ行[編集]

ヤ行[編集]

ラ行[編集]

関連する用語の俗称、略称[編集]

その他[編集]

この他にも様々な言葉を倒置させる、またツェーマン、デーマン - 1万円、2万円(ドイツ音名のC(ツェー)を1とし、以後音名に沿って数える。楽隊のギャラの隠語)など楽隊特有の符牒は多く、一部はクラシック音楽の枠を超えてその他の分野のミュージシャンや芸能関係者などの間にも流通している。

脚注[編集]

  1. ^ 茂木 (1993) p.183
  2. ^ a b c d e 茂木 (1993) p.181
  3. ^ 茂木 (1993) p.178
  4. ^ 茂木 (1993) p.180

参考文献[編集]