クラウディネイ・ダ・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラウディネイ・ダ・シルバ Portal:陸上競技
Claudinei Quirino.jpg
2010年撮影
選手情報
フルネーム クラウディネイ・キリーノ・ダ・シルバ
ラテン文字 Claudinei Quirino da Silva
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
競技 トラック競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 1970年11月19日(45歳)
生誕地 ブラジルの旗 サンパウロ州レンソイス・パウリスタ
身長 186cm
体重 88kg
成績
オリンピック 200m 6位 (2000年)
4x100mR 2位 (2000年)
世界選手権 200m 2位 (1999年)
4x100mR 3位 (1999年)
4x400mR 予選2組1着 (2001年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
100m 3位 (1999年)
200m 優勝 (1999年)
4x100mR 優勝 (1999, 2003年)
4x400mR 2位 (1999年)
最高世界ランク 200m 5位 19秒89 (1999年)
自己ベスト
100m 10秒12 (1999年)
200m 19秒89 (1999年) ブラジル記録
400m 46秒14 (2000年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

クラウディネイ・キリーノ・ダ・シルバ(Claudinei Quirino da Silva、1970年11月19日 ‐ )は、ブラジルの男子陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒12、200mで南アメリカ歴代2位(元南アメリカ記録)およびブラジル記録の19秒89、400mで46秒14の自己ベストを持つ。世界大会でのメダル獲得は、200mでは1997年アテネ世界選手権で銅メダル、1999年セビリア世界選手権で銀メダルを獲得。4×100mリレーでは1999年セビリア世界選手権で銅メダル、2000年シドニーオリンピックで銀メダルを獲得している。

経歴[編集]

1995年8月、世界選手権初出場となったイェーテボリ世界選手権は200mで決勝に進出し、20秒40(+0.5)の5位に輝いた[1]

1997年8月、アテネ世界選手権は200mで2大会連続の決勝に進出すると、決勝ではアト・ボルドン(20秒04)、フランク・フレデリクス(20秒23)に次ぐ20秒26(+2.3)で3位に入り[2]、この種目ではブラジル勢初のメダリストに輝いた[注 1]

1999年8月、セビリア世界選手権は200mで3大会連続の決勝に進出すると、決勝では20秒00の自己ベスト(当時)をマークし、モーリス・グリーン(19秒90)に次ぐ2位に入り銀メダルを獲得した[3]。4×100mリレーではブラジルチーム(ラファエル・デ・オリベイラ、ダ・シルバ、エジソン・リベイロアンドレ・ダ・シルバ)の2走を務め、38秒05の南アメリカ記録(当時)を樹立しての4位に貢献した。その後、3位だったナイジェリアがInnocent Asonzeのドーピングにより2005年にメダルを剥奪されたため、ブラジルが繰り上がり銅メダルを獲得した。

1999年9月11日、セビリア世界選手権の200m決勝から約2週間後に行われたグランプリファイナルの200mでは19秒89(-0.8)の南アメリカ記録(当時)を樹立し、セビリア世界選手権金メダリストのモーリス・グリーン(19秒90)に競り勝ち初優勝を成し遂げた[4]。この時に記録した19秒89は、同じブラジルのロブソン・ダ・シルバが1989年に記録した19秒96を更新するものだったが、この記録は2009年8月にパナマアロンソ・エドワードによって更新された。

2000年9月、2度目のオリンピック出場となったシドニーオリンピックは200mで初めて決勝に進出したものの、20秒28(-0.6)の6位に終わりメダルを獲得できなかった[5]。しかし、4×100mリレーではブラジルチーム(ビセンチ・デ・リマ、エジソン・リベイロ、アンドレ・ダ・シルバ、ダ・シルバ)のアンカーを務め、37秒90の南アメリカ記録を樹立しての銀メダル獲得に貢献した[6]。これはオリンピックと世界選手権を通じて、4×100mリレーにおけるブラジル最高成績である。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒12 (+1.0) 1999年5月22日 ブラジルの旗 アメリカーナ
200m 19秒89 (-0.8) 1999年9月11日 ドイツの旗 ミュンヘン ブラジル記録
南アメリカ歴代2位 (元南アメリカ記録)
400m 46秒14 2000年8月22日
4×100mR 37秒90 (4走) 2000年9月30日 オーストラリアの旗 シドニー 南アメリカ記録
4×400mR 2分58秒56 (3走) 1999年7月30日 カナダの旗 ウィニペグ 南アメリカ記録
室内
200m 21秒58 1997年3月7日 フランスの旗 パリ
4×400mR 3分10秒50 (1走) 1997年3月8日 フランスの旗 パリ 南アメリカ記録

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1994 イベロアメリカ選手権英語版 マル・デル・プラタ 4x100mR 2位 40秒53 (3走)
100m 8位 10秒75 (+3.2)
1994 南アメリカ競技大会 バレンシア 100m 2位
200m 2位
1995 南アメリカ選手権英語版 マナウス 200m 2位 20秒68
1995 世界選手権 イェーテボリ 200m 5位 20秒40 (+0.5)
1996 オリンピック アトランタ 200m 2次予選 DNF
1997 南アメリカ選手権 マル・デル・プラタ 200m 優勝 21秒06
4x100mR 優勝 40秒07
1997 世界室内選手権 パリ 200m 予選 21秒58
4x400mR 予選 3分10秒50 (1走) 南米記録
1997 世界選手権 アテネ 200m 3位 20秒26 (+2.3) ブラジル初のメダル
4x100mR 6位 38秒48 (2走) 準決勝:38秒17 (南米記録)
1998 ワールドカップ ヨハネスブルグ 4x100mR 4位 38秒33 (4走) アメリカ大陸代表の混成チーム[注 2]
1999 南アメリカ選手権 ボゴタ 100m 決勝 DNF
4x100mR 優勝 38秒46 大会記録
1999 パンアメリカン競技大会 ウィニペグ 100m 3位 10秒13 (+0.4)
200m 優勝 20秒30 (-1.9)
4x100mR 優勝 38秒18 (2走) 大会記録
4x400mR 2位 2分58秒56 (3走) 南米記録
1999 世界選手権 セビリア 200m 2位 20秒00 (+1.2) ブラジル最高成績
4x100mR 3位 38秒05 (2走) 南米記録
大会終了後に繰上げ
ブラジル初のメダル
1999 グランプリファイナル ミュンヘン 200m 優勝 19秒89 (-0.8) 南米記録
2位と0秒01差
2000 イベロアメリカ選手権 リオデジャネイロ 200m 優勝 20秒23 (+0.6)
4x100mR 優勝 38秒24 (4走) 大会記録
2000 オリンピック シドニー 200m 6位 20秒28 (-0.6)
4x100mR 2位 37秒90 (4走) 南米記録
ブラジル最高成績
2001 世界選手権 エドモントン 200m 準決勝 20秒64 (+0.7)
4x100mR 決勝 DNF (4走)
4x400mR 予選 3分00秒75 (1走) 2組1着 (決勝進出[注 3])
2003 南アメリカ選手権 バルキシメト 200m 2位 20秒63
2003 パンアメリカン競技大会 サントドミンゴ 200m 7位 20秒99 (+0.6)
4x100mR 優勝 38秒44 (4走) 決勝のみ出走

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまでのブラジル最高成績は、1987年ローマ大会1991年東京大会1995年イェーテボリ大会ロブソン・ダ・シルバが記録した4位。
  2. ^ 1走はカナダBradley McCuaig、2走はブラジルエジソン・リベイロ、3走はチリSebastián Keitel
  3. ^ 予選のみ出場。決勝のブラジルは3分01秒09の4位。

出典[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
ブラジルの旗 ロブソン・ダ・シルバ
(19秒96)
1989年8月25日
200m
南アメリカ記録保持者
(19秒89)

1999年9月11日 - 2009年8月20日
次代:
パナマの旗 アロンソ・エドワード
(19秒81)
2009年8月20日
先代:
ロブソン・ダ・シルバ
(19秒96)
1989年8月25日
200m
ブラジル記録保持者
(19秒89)

1999年9月11日 -
次代:
未定
1人目:
ブラジルの旗 ロブソン・ダ・シルバ
1989年8月25日
200m
19秒台達成南アメリカ人選手

1999年9月11日
3人目:
パナマの旗 アロンソ・エドワード
2009年8月20日