クラウディウス文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラウディウス文字(クラウディウスもじ)は古代ローマ帝国クラウディウス帝(在位西暦41年~54年)が考案したとされるラテン文字。在位の間わずかに用いられたが没後廃れる。Unicode(ユニコード)にも収録されている。

クラウディウス文字
  • 左右が転倒したC(antisigma,読み:アンチシグマ)。ギリシア語のΨ(プシー)[ps]にならってBS,PSの音を表す(Ↄ U+2183、 ↄ U+2184)。
  • 上下左右が転倒したF(digamma inversum,読み:ディガンマ・インウェルスム)。ギリシア語ディガンマにならって子音のU[w]を表す(Ⅎ U+2132、ⅎ U+214E)。
  • 左半分だけのH。ギリシア語のΥ([y])に対応する(Ⱶ U+2C75、 ⱶ U+2C76)。

関連項目[編集]