クラウディア・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラウディア・アンドレア・ロペス
基本情報
本名 クラウディア・アンドレア・ロペス
階級 スーパーフェザー級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1979-07-04) 1979年7月4日(39歳)
出身地 チュブ州トレレウ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 24
KO勝ち 6
敗け 7
テンプレートを表示

クラウディア・アンドレア・ロペスClaudia Andrea Lopez1979年7月4日 - )は、アルゼンチンの女子プロボクサーチュブ州トレレウ出身。元WBA女子世界フェザー級暫定王者。第2代・第3代IBF女子世界スーパーフェザー級王者。

来歴[編集]

2006年2月17日、チュブ州コモドーロ・リバダビアのヒムナシオ・ムニシパルN°1でパトリシア・アレハンドラ・ヒメネスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2006年10月6日、サンタクルス州カルテナ・オリビアマリア・デル・カルメン・モンティエルと8回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2006年11月3日、サンタクルス州リオ・ガジェゴスのヒムナシオ・ファン・バウティスタ・ロカでマリア・デル・カルメン・モンティエルと6回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2006年11月17日、チュブ州コモドーロ・リバダビアベティナ・ガブリエラ・ガリーノと6回戦を行い、プロ初黒星となる0-3の判定負けを喫した。

2007年5月18日、チュブ州コモドーロ・リバダビアエスタディオ・ソシアス・フンダドレスパトリシア・アレハンドラ・キリコが2007年3月に王座を剥奪されてことに伴い空位になったUBC女子世界スーパーバンタム級王座決定戦をマリア・デル・カルメン・ポテンザと行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年10月7日、ブエノスアイレス州カセロスマルセラ・アクーニャと8回戦を行い、0-3(75-77、77-79、76.5-78)の判定負けを喫した。

2008年1月19日、チュブ州パソ・デ・インディオスマリア・デル・カルメン・モンティエルと8回戦を行い、3-0の判定勝ちを収め再起に成功した。

2009年2月7日、チュブ州プエルト・マドリンマリア・デル・カルメン・ポテンザと4回戦を行い、4回負傷判定負けを喫した。

2009年6月6日、チュブ州コモドーロ・リバダビアのヒムナシオ・ムニシパルN°1でベティナ・ガブリエラ・ガリーノWBA女子世界フェザー級暫定王座決定戦を行い、6回1分54秒、ガリーノの棄権により王座獲得に成功、2年7ヵ月ぶりの再戦で雪辱を果たした。

2010年4月30日、水原成均館大学校で正規王者の崔賢美と王座統一戦を行い、1-2(98-93、2者が95-96)の判定負けを喫し王座統一に失敗、ロペスが10ヵ月保持していた暫定王座は正規王座に吸収される形で消滅した。

2010年8月20日、チュブ州ホセ・デ・サン・マルティンエディス・マティセとノンタイトル8回戦を行い、4回反則勝ちを収めた。

2011年3月18日、チュブ州トレレウベレーナ・クレスポWBC女子ラテンアメリカスーパーバンタム級王座決定戦を行い、2回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年4月14日、バハ・カリフォルニア州ロサリトWBO女子世界バンタム級王者カリーシャ・ウェストと対戦し、0-2(2者が92-98、95-95)の判定負けを喫し2階級制覇を果たせなかった。

2012年10月5日、ブエノスアイレス州タピアレスマリア・エレナ・マデルナIBF女子世界スーパーフェザー級王座決定戦を行い、3-0(98-92、2者が97-92)の判定勝ちを収め2階級制覇を果たした。

2013年4月27日、ブエノスアイレスIBF女子世界フェザー級王者ダイアナ・サンタナと対戦し、0-3(94-96、93-97、93-97)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2013年8月16日、チュブ州コモドーロ・リバダビアのヒムナシオ・ムニシパルN°1でダイアナ・アヤラIBF女子世界スーパーフェザー級王座決定戦を行い、4回1分52秒TKO勝ちを収め王座返り咲きに成功した。

2013年11月23日、リオネグロ州サン・カルロス・デ・バリローチェベティアナ・パトリシア・ビナスと対戦し、2-1(96-94、97-94、94-96)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

戦績[編集]

  • 31戦 24勝(6KO)7敗

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ベティナ・ガブリエラ・ガリーノ
WBA女子世界フェザー級暫定王者
2009年6月6日 - 2010年4月30日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
空位
前タイトル保持者
アマンダ・セラノ
第2代IBF女子世界ジュニアライト級王者

2012年10月5日 — 2013年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
クラウディア・ロペス
空位
前タイトル保持者
クラウディア・ロペス
第3代IBF女子世界ジュニアライト級王者

2013年8月16日 — 2014年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
N/A