クラウス・J・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラウス・J・ブラント(Klaus Joachim Brandt、1940年 - )とはドイツ文化人類学学者である。

略歴[編集]

西ドイツの生まれ。15歳のときに日本浮世絵に興味をもつ。日本芸術全般を専門にしており、1968年ケルン大学浮世絵師細田栄之を研究して博士号を取得する。1969年から1971年に西ドイツ国立研究所の研究員を務めている。20歳頃、極東史と芸術史などについて本格的に研究を始める。23歳から27歳のとき、ボン大学ソルボンヌにおいて組織的に日本語を学んだ。1971年からシュトゥットガルトリンデン博物館、文化人類学国立博物館極東部門の館長を務めている。

著書[編集]

  • 『HOSODA EISHI』 1977年 West Germany
  • 『Ukiyo‐e Holzschritte』 1978年
  • 『江戸と明治の華 皇室典医ベルツ博士の眼』 大熊敏之、ブラント監修、大広編集発行、2008年

参考文献[編集]