クラウス・フロリアン・フォークト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラウス・フロリアン・フォークト
2015 Klaus Florian Vogt - by 2eight - DSC2667.jpg
フォークト(2015年撮影)
基本情報
出生名 Klaus Florian Vogt
生誕 (1970-04-12) 1970年4月12日(49歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツハイデ
学歴 リューベック音楽大学
ジャンル オペラ
職業 歌手
公式サイト http://www.klaus-florian-vogt.de

クラウス・フロリアン・フォークト(Klaus Florian Vogt, 1970年4月12日 - )は、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州ハイデ出身のドイツ人テノール歌手。リヒャルト・ワーグナーの歌劇ローエングリンのタイトルロールでの成功で特に知られる。

経歴[編集]

クラウス・フロリアン・フォークトは、もともとはホルン奏者であり、1988年から1997年まで、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団に所属していた。歌手としての資質に気づいた妻の母の勧めで、本格的に声楽を学ぶことにし、オーケストラ活動と並行して、声楽をリューベック音楽大学 で学び、その後、ドイツのフレンスブルク歌劇場に入った[1]

1998年、ドレスデンゼンパー・オーパーに移り、ジュゼッペ・シモーネやコリン・デイヴィスと仕事をした。 当初はリリック・テノールとしてキャリアを始め、モーツァルトの歌劇「魔笛」でタミーノ役、次にスメタナの歌劇「売られた花嫁」でハンス役、リヒャルト・シュトラウスの歌劇「アラベラ」でマテオ役として、それぞれ出演した。

彼がリヒャルト・ワーグナーの歌劇「ローエングリン」を初めて歌ったのは、2002年、ドイツのエアフルト歌劇場においてであり、ほどなくして同役で国際的に登場するようになった。また、彼は2007年、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のストルツィング役でバイロイト音楽祭デビューを飾った。2012年、彼はドイツのクラシック音楽賞であるECHOクラシック(英語版)で、最優秀男性歌手に選ばれている。

コンサートレパートリーとしては、2009年に、マーラーの「大地の歌」を、クリスティアン・ゲルハーヘル英語版と共に、ケント・ナガノ指揮のモントリオール交響楽団との共演で録音している。[2]

クラウス・フロリアン・フォークトには妻と4人の息子がおり、現在ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州ブルンスビュッテルドイツ語版に住んでいる。

レパートリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ いまもっとも輝いているヘルデン・テノール、クラウス・フロリアン・フォークト - ヤマハホームページ音楽ライター記事 2012.6.21
  2. ^ Mahler: Das Lied von der Erde review of Hugo Shirley, 2 July 2009

外部リンク[編集]