クラウス・チュッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウス・チュッシャー

クラウス・チュッチャー: Klaus Tschütscher1967年7月8日 - )は、リヒテンシュタイン政治家。2009年から2013年にかけて、首相を務めた。

人物[編集]

ザンクトガレン大学で法律を学び、1996年法学博士となった。その後政界に進み、環境大臣などを歴任。2009年3月25日オットマール・ハスラーに代わって首相に就任した。

既婚者であり、2児の父親でもある。現在は家族と共にルッゲルに住んでいる。

関連項目[編集]

公職
先代:
オットマール・ハスラー
リヒテンシュタインの首相
2009年 – 2013年
次代:
アドリアン・ハスラー