クラウス・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Klaus Schmidt
Klaus Schmidt Monumento 2014.jpg
2014年にザルツブルクで開催されたMONUMENT2014にて
生誕 (1953-12-11) 1953年12月11日
フォイヒトヴァンゲン, 西ドイツ ( ドイツ連邦共和国)
死没 2014年7月20日(2014-07-20)(60歳)
ユッケリッツ, ドイツ連邦共和国
国籍 ドイツ
研究分野 考古学
出身校 ハイデルベルク大学, エアランゲン大学
主な業績 ギョベクリ・テペ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

クラウス・シュミット1953年12月11日 - 2014年7月20日)はドイツの考古学者であり、先史時代の研究者である。1996年から2014年にかけて、ギョベクリ・テペで発掘調査を行った。

クラウス・シュミットは、エアランゲン大学ハイデルベルク大学で、先史時代原史時代の他に、古典考古学地質学を学んだ。彼は1983年にハイデルベルク大学でハラルドハウプトマンの指導の下で博士号を取得した。彼は1984年から1986年までドイツ考古学研究所から旅行奨学金を受け取った。1986年から1995年まで、ドイツ研究振興協会から研究奨学金を受け取り、ハイデルベルク大学の前史学および原史学研究所で雇用され、ドイツ考古学研究所およびハイデルベルク大学とさまざまなプロジェクトに従事した。

1995年には、トルコ南東部のギュルジュテペとギョペクリ・テペの発掘調査のリーダーになった。彼は1999年にエアランゲン大学からハビリテーションを認定され、2000年にエアランゲン大学前史および原史研究所の前史および原史のプリバトゼントになった。2007年、エアランゲン大学の非常勤教授に就任。

2001年から、彼はドイツ考古学研究所の東洋部門の先史時代の考古学のレファレンスになり、2007年から同研究所の会員になった [1]

1995年、シュミットはウルファの近くに家を購入した [2]。彼の考古学者のチームは、春の2か月と秋の2か月の間に、通常、ギョベクリ・テペの遺跡を発掘した。 2011年のインタビューで、シュミットはサイトのおよそ5パーセントが発掘されたとする推定を述べた [3]

クラウスシュミットは、トルコの考古学者シエンデムケクサルシュミットと結婚した [4]。彼は2014年7月20日にドイツで水泳中の心臓発作で亡くなった [5] [3]。考古学者たちは、シュミットの死後も、ギョベクリ・テペでの発掘を継続する予定である [6] [7]

作品[編集]

  • K. Schmidt: Frühneolithische Tempel. Ein Forschungsbericht zum präkeramischen Neolithikum Obermesopotamiens. In: Mitteilungen der deutschen Orient-Gesellschaft 130, Berlin 1998, 17–49, ISSN 0342-118X
  • K. Schmidt: "Zuerst kam der Tempel, dann die Stadt". Vorläufiger Bericht zu den Grabungen am Göbekli Tepe und am Gürcütepe 1995–1999. Istanbuler Mitteilungen 50 (2000): 5–41.
  • K. Schmidt, 2000a = Göbekli Tepe and the rock art of the Near East, TÜBA-AR 3 (2000): 1–14.
  • K. Schmidt, 2000b = Göbekli Tepe, Southeastern Turkey. A preliminary Report on the 1995–1999 Excavations. In: Paléorient CNRS Ed., Paris 2000: 26.1, 45–54, ISSN 0153-9345: http://www.persee.fr/web/revues/home/prescript/article/paleo_0153-9345_2000_num_26_1_4697
  • K. Schmidt: Sie bauten die ersten Tempel. Das rätselhafte Heiligtum der Steinzeitjäger. Verlag C.H. Beck, München 2006, ISBN 3-406-53500-3.
  • K. Schmidt, "Göbekli Tepe. Eine Beschreibung der wichtigsten Befunde erstellt nach den Arbeiten der Grabungsteams der Jahre 1995–2007", in K. Schmidt (ed.), Erste Tempel—Frühe Siedlungen. 12000 Jahre Kunst und Kultur, Ausgrabungen und Forschungen zwischen Donau und Euphrat, (Oldenburg 2009): 187–233.
  • K. Schmidt, "Göbekli Tepe—the Stone Age Sanctuaries: New results of ongoing excavations with a special focus on sculptures and high reliefs," Documenta Praehistorica XXXVII (2010), 239–256: https://web.archive.org/web/20120131114925/http://arheologija.ff.uni-lj.si/documenta/authors37/37_21.pdf
  • J. Peters & K. Schmidt: "Animals in the symbolic world of Pre-Pottery Neolithic Göbekli Tepe, south-eastern Turkey: a preliminary assessment." Anthropozoologica 39.1 (2004), 179–218: https://web.archive.org/web/20110612061638/http://www.mnhn.fr/museum/front/medias/publication/10613_Peters.pdf.

脚注[編集]

  1. ^ Prof. Dr. Klaus Schmidt”. Institut für Ur- und Frühgeschichte. 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月19日閲覧。
  2. ^ Stone Pages Archaeo News: Professor Klaus Schmidt's views on Gobekli Tepe”. Stonepages.com. 2014年7月22日閲覧。
  3. ^ a b “Ancient Göbeklitepe pioneer Schmidt passes away”. Hürriyet Daily News. (2014年7月21日). http://www.hurriyetdailynews.com/ancient-gobeklitepe-pioneer-schmidt-passes-away.aspx?pageID=238&nID=69418&NewsCatID=375 
  4. ^ Mitteilung des Generalkonsulats”. General Consulate of the Turkish Republic. 2015年7月19日閲覧。
  5. ^ Klaus Schmidt (1953-2014)”. German Archaeological Institute. 2014年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  6. ^ Archäologie: Archäologe Klaus Schmidt stirbt beim Baden auf Usedom” (German). Focus (2014年7月22日). 2014年7月22日閲覧。
  7. ^ Die Tempel der Jäger, Article by Jürgen Gottschlich, Die Tageszeitung online from 24 August 2014

外部リンク[編集]