クライムクラッカーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クライムクラッカーズ』(CRIME CRACKERS)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント1994年12月3日に発売した日本PlayStationアクションRPG。開発はメディアビジョン。ソニー・コンピュータエンタテインメント初のゲームソフトでPlayStation本体と同時発売をした。

2007年10月24日から、PlayStation 3およびPlayStation Portable向けにPlayStation Storeゲームアーカイブスにてダウンロード販売も行われている。

概要[編集]

原作はここまひの漫画『超光世紀スター・クラッカーズ』(月刊少年キャプテン連載)。

一人称視点で施設内を探索し、行く手を塞ぐ敵を倒しながら、ステージのボスを倒す。ジャンルはRPGと銘打っているが、キャラクター別のレベルは設定されておらず、ゲームデザインもFPSに近い。施設には所々にアイテムが落ちていて、それを有効に活用していく。インターミッション、物語、アクションパートが順に繰り返され、ゲームを進めていく。インターミッションでは装備やアイテムの売買ができる。

物語[編集]

登場人物[編集]

ピンクドルフィン[編集]

戦闘メンバー[編集]

エミリア・F・アルカネット
アルカネット家の令嬢で、ピンクドルフィンチームのリーダー。IQ300の天才で、使用している宇宙船やメカなどは全て、彼女が設計した。武器はハンドブラスター系を使用する。
攻撃力は低いが、消費が少ないため探索に向いている
リーザ
元は惑星フォクスの騎士だったが、追放されてピンクドルフィンのメンバーに加わった。使用武器は剣で、射程が極めて短いながらも、弾数無制限に攻撃できる。
ドラン
アルカネット家に仕える戦士。武器はハンドバルカングレネードランチャーなどの大型銃火器を使用する。

サポートメンバー[編集]

ログ
サポートドロイド。コンピューターにアクセスし、システム操作などをサポートしてくれる。
ポプリ・ヴァンプ
コンピューターエルフと呼ばれる電子生命体。ハッキングクラッキングによる情報操作を担当。ログに惚れている。
パロット

   ピンクドルフィン号の操舵担当

メカニック[編集]

ピンクドルフィン
エミリア1人が全て設計した宇宙船。ピンクドルフィンメンバーが使用する。一撃で宇宙船を撃破するという、絶大な威力を誇る主砲ドルフィンキャノンを装備している。他に戦闘機も搭載している。
ブルーシャーク
エミリアの兄が使用している宇宙船。

用語[編集]

クライムクラッカー
賞金がかけられた宇宙海賊などの犯罪者を、探し出して捕まえるバウンティハンター。犯罪者の逮捕が銀河警察だけでは手に負えなくなったので、賞金目当てに多数現れてきた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]